2019年3月17日 at 渋谷WWW

2019年3月17日 at 渋谷WWW

【ネクライトーキー
ライヴレポート】
『ネクライトーキー「ONE!」
リリースツアー“オーキートーキー!
全国編「〆」”』
2019年3月17日 at 渋谷WWW

2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
2019年3月17日 at 渋谷WWW
 1stアルバム『ONE!』を引っ提げて全国8カ所で行なった2マンツアーのチケットが全公演完売。その追加公演として開催した自己最大規模となる大阪・梅田シャングリラ、東京・渋谷WWWでのワンマンも瞬く間にソールドアウトとなり、2017年の結成から勢いが止まらないネクライトーキーのライヴを目撃した。

 ネクライトーキーの初回ライヴからサポートしてきた“むーさん”こと中村郁香(Key)がバンドに正式加入したこともあって、3月17日の渋谷WWW公演はメンバーの登場からテンションマックス! 中村はMVや『ONE!』のレコーディングにも参加しており、バンドにとってもファンにとってもすでに欠かせない存在だったのだ。

 まずは『ONE!』の1曲目に収録された「レイニーレイニー」でスタート。カズマ・タケイの力強いドラミングが高揚感を掻き立て、朝日も思うがままに身体を揺らしながらギターを鳴らす。もっさの歌声が“ハム太郎”と言われていることには納得していたが、ライヴでは観客を煽るようにシャウトもするし、楽器隊を差し置いて耳に飛び込んでくるインパクトと鋭さには脱帽。もちろんかわいらしさも兼ね揃えているけれど、「めっちゃかわいいうた」のサビにある《どつきまわせ、鉄で殴れ》なんかを歌うと、その無邪気さがあっさり棘に変わってしまうのだから憎い。こういった朝日が考えるキラーフレーズの数々をもっさが歌うことで、癒しにも必殺技にもなるという相乗効果を目の当たりにした。

 「ジャックポットなら踊らにゃソンソン」「夕暮れ先生」「あの子は竜に逢う」と、朝日がボーカロイドで制作した“石風呂”名義の楽曲も立て続けに披露。ドラマチックなメロディー展開にフロアーがヒートアップし、その盛り上がりを観ると石風呂の楽曲も彼らのライヴに欠かせないものであることが分かる。バンドでの制作とは違って朝日が部屋でひとり黙々と生み出した楽曲だからか、憂いを感じる瞬間が多いが、それを5人で鳴らすことでエネルギッシュに昇華され、たくさんの拳があがるこの光景は石風呂の、そしてネクライトーキーの快進撃だ。

 会場に熱気が充満する中、MCに入った時のステージの静けさに、もっさが“あれ? …ひとりかと思った”と呟いて拍子抜けするギャップも面白い。ひと息ついたところで、ライヴではアップテンポで披露するのがお馴染みの「許せ!服部」へ。イントロを聴くとフロアーから“服部”コールが起こる人気曲のひとつで、“1234!”のコール&レスポンスなどお決まりのパターンがいくつかあるが、何と言ってもずっとループしている藤田の呪文のようなベースラインが頭の中を支配する。続いてプレイした「タイフー!」では、サビ以外でもファンがそれぞれ好きなフレーズに合わせて手をあげる場面が多く、この曲に限らずともキャッチーで癖になるポイントをたくさん仕掛けているバンドであることを実感した。

 5人の結束力は言わずもがな、フロアーを巻き込んだ一体感は初っ端から常にあったが、ケルト音楽っぽさもある「がっかりされたくないな」を披露すると、空気は一変してふと孤独感がよぎる。「ゆうな」でのもっさの歌声は切なく儚くて、これまでのパワフルさの奥にある人間的な部分を垣間観た気がした。そんなしっとりとした雰囲気も生まれる中、MVの通りにカウントダウンから始まったキラーチューン「オシャレ大作戦」で再びスパーク! 戦隊ものを思わせるキメキメのイントロが鳴り、中村のキーボードに合わせて朝日も踊りまくる。そのテンションのまま「明日にだって」を投下し、ラストは全力疾走で駆け抜けた。

 アンコールでは7月24日にミニアルバムをリリースすることを発表し、それに伴い初めての全国ワンマンツアーを6都市にて開催することをアナウンス。ミニアルバムにはこの日も大盛況だった石風呂の楽曲「ジャックポットなら踊らにゃソンソン」「夕暮れ先生」「ゆるふわ樹海ガール」も多く収録するとのことだ。嬉しいお知らせのあとに「音楽が嫌いな女の子」「遠吠えのサンセット」を披露し、ここまでで演奏した楽曲は22曲とかなり充実したライヴだったが、まだまだ鳴り止まぬ歓声に答えて急遽ダブルアンコールで「夏の雷鳴」を披露。『ONE!』でもラストに収録されているナンバーで、憂鬱な気持ちと、それでも歩み続けていく日常を切り取った歌詞がじんわりと心に響き、リリースツアーに相応しい締め括りとなった。

撮影:Kana Tarumi/取材:千々和香苗


セットリスト

  1. 1.レイニーレイニー
  2. 2.めっちゃかわいいうた
  3. 3.ジャックポットなら踊らにゃソンソン
  4. 4. 夕暮れ先生
  5. 5.あの子は竜に逢う
  6. 6. 涙を拭いて
  7. 7.浮かれた大学生は死ね
  8. 8.きらいな人
  9. 9.ゆるふわ樹海ガール
  10. 10.許せ!服部
  11. 11.タイフー!
  12. 12.ロック屋さんのぐだぐだ毎日
  13. 13.がっかりされたくないな
  14. 14.ゆうな
  15. 15.午前3時のヘッドフォン
  16. 16.ティーンエイジ・ネクラポップ
  17. 17.だけじゃないBABY
  18. 18.こんがらがった!
  19. 19.オシャレ大作戦
  20. 20.明日にだって
  21. <ENCORE1>
  22. 1.音楽が嫌いな女の子
  23. 2.遠吠えのサンセット
  24. <ENCORE2>
  25. 夏の雷鳴
ネクライトーキー プロフィール

ネクライトーキー:2017年にギターの朝日が中心となって結成。2019年3月に初回ライヴよりすべてのライブサポートを行なっていたキーボードの中村郁香が正式加入し、5ピースバンドとなる。ボカロP“石風呂”名義でも活動する朝日による軽快なロックサウンドと、あどけなくも鋭く響くもっさのヴォーカルが印象的。7/24発売のミニアルバム『MEMORIES』を引っ提げたワンマンツアーのチケットが即完売し、単独では最大規模となるマイナビBLITZ赤坂での追加公演が決定している。ネクライトーキー オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着