11月13日@Zepp Tokyo

11月13日@Zepp Tokyo

Tempalay、
WOWOW主催『LIVE TIPS』での
パフォーマンスを2月28日に放送!

2018年11月13日、TempalayがZepp Tokyoで開催された2マンライブ『GLIM SPANKY×Tempalay presents by WOWOW LIVE TIPS』に登場した。『LIVE TIPS』は、次世代の音楽シーンを担うアーティストにスポットを当て、WOWOWが主催したオリジナルライブを番組化する企画で、本公演が第8回目の開催。最新ミニアルバム『なんて素晴らしき世界』からの楽曲も披露したTempalayの白熱のステージは、2019年2月28日にWOWOWで放送される。

この日のTempalayはミニアルバム『なんて素晴らしき世界』から「誕生」と「素晴らしき世界」を立て続けに披露し、サイケデリックな映像と共にTempalayの世界観を序盤から作り上げていた。“LIVE TIPSへお集まりの皆さん、Tempalayです。よろしく!”と挨拶し、トリッキーなフレーズが印象的な「新世代」を聴かせ、「SONIC WAVE」で盛り上がりも最高潮に。

“今日は初めましての方も多いと思うんですよ。せっかくZeppというステージに来たので、もっと明るく全体を見てみたいですね”と言って会場内の照明をあげると、観客の顔を確認し、“俺ら、Zepp Tokyoでやるのが初めてなので実感したいわけですよ”と嬉しさを言葉で表した。

“なんの脈絡もない、スピーディーでダンサブルな、そしてネトネトとした、そんな音楽をやってます”と自分たちの音楽を紹介すると、この日の対バン相手は古くから付き合いのあるGLIM SPANKYということで、“この後、GLIMも出ますので。でも、同じタイム(持ち時間)なので全然前座というつもりはございません!”と、いい意味でのライバル心を見せていた。

ラップを取り入れた「テレパシー」、メロディックな「TIME MACHINE」、跳ねるリズムの軽快な「Austin Town」など、後半も多彩な楽曲を繰り出し、オーディエンスの体を揺らす。“どうでしょうか? 僕らの世界観、なんとなくわかってきたんじゃないでしょうか。まだまだ、後1、2時間ぐらいあったら伝えられると思うんですけど(笑)”とトークでも会場を盛り上げる。

カバー曲としてUnknown Mortal Orchestraの「Stage or Screen」も披露。これは彼らのルーツ的な楽曲で“知らない人は僕たちの新曲だと思って聴いてください”とグルーヴィーなサウンドで聴かせ、終盤は「どうしよう」、アグレッシブな演奏が圧巻の「革命前夜」、ピースフルな「Last Dance」でライブを締め括った。

終始一貫して自らの世界観で魅せたTempalayのライブ模様は、2019年2月28日よる11時よりWOWOWライブで放送されることが決定している。サイケデリックな映像と相まった独特な音楽世界をぜひ堪能してほしい。

【番組情報】

<放送日時>
2月28日(木)よる11:00~[WOWOWライブ]

<内容>
『LIVE TIPS #8 Tempalay』
11月13日@Zepp Tokyo

<放送予定楽曲>
誕生
素晴らしき世界
新世代
SONIC WAVE
ZOMBIE-SONG
テレパシー
Festival
カンガルーも考えている
Austin Town
Stage or Screen(カバー)
どうしよう
革命前夜
Last Dance

◎プレゼント情報
抽選で7名様にGLIM SPANKY×Tempalayの直筆サイン入りLIVE TIPSオリジナルポスターをプレゼント!
締切:3月31日(日)22:00

■LIVE TIPS特設サイト
http://www.wowow.co.jp/tips/
11月13日@Zepp Tokyo
11月13日@Zepp Tokyo
11月13日@Zepp Tokyo
11月13日@Zepp Tokyo
11月13日@Zepp Tokyo

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」