取材:道明利友

一日一日を頑張ればその先に“希望”が
ある

今回の「Heart」は初のシングルですが、どのようなテーマ、イメージから完成させた作品なのですか?

大西
この曲は、映画(『釣りキチ三平』)のエンディングで流れる主題歌で、“壮大な楽曲”というテーマをいただいたのですが、曲のイメージを掴むまでには苦戦もしました。編集段階の映画の映像を見せていただいたりして、ストーリーとか、この場面で流れるんだっていうのが分かったりしていく中でインスピレーションが沸いて書き下ろした曲なんです。
yoko
プラス、“家族愛”っていうテーマで歌詞を書いたので、自分の家族への思いとか愛情をより込めて歌うことを意識しましたね。で、「未来の扉」は“扉”を開いたら自分の夢とか、その先に広がっている次の世界が見えるような歌にしたいと思っていたので、歌う時も…例えば、口角がちょっと上がるような感じというか(笑)。

(笑)希望を感じさせる歌だからこそ、歌っていても笑顔になるような雰囲気なのですね。

yoko
そうですね(笑)。で、「Renaissance」はアニメ(『スキップ・ビート!』オープニングテーマ)でも流れるんですけど、そのストーリーが、芸能界を志す女の子の“夢に向かって頑張るぞ!”っていうお話で。メロディーもアップテンポで元気のある感じなので、疾走感あふれるメロディーと一緒に自分の声も元気良く弾けるようにっていうことを意識しました。

3曲それぞれ、異なる意識を持って臨んだ楽曲ということですね。それはthe generousの作品に共通している核の部分だと思うのですが、ご自身ではどんなふうに捉えていますか?

大西
僕自身、王道な歌ものがやりたいなっていう気持ちがまずあって、前作のミニアルバムを作りました。そこから、もろ王道っていうものからちょっと変化を加えてみて、今回のタイプの違う3曲を作ってみたんです。だから、基本にあるのは、“ロックな歌もの”っていうところじゃないかと思いますね。
yoko
そういう、いわゆる歌もの。スタンダードなものからブレないっていうことは基本だと思います。今回の3曲は、前回のアルバムにはないthe generousが見えたかなと思っているので、そういう挑戦はこれからもすごくしたいですね。毎回毎回成長する、進化し続ける存在であったらいいなって。

そういうサウンド面に対して、歌詞の面での核はどんなものだと思いますか? 今回の3曲からは、“前向きに進んで行きたい”みたいな気持ちを僕は共通して感じたんですが。

yoko
そういうポジティブさは、やっぱり忘れたくないですね。私個人的には、映画とかもハッピーエンドに尽きるなって感じなんですよ(笑)。バッドエンドなものはあんまり好きじゃないっていうことも、ちょっと影響してるのかもしれないですけど…。前作でも“悩みとか辛いことはあるけど、それを乗り越えた先には絶対いいことがあるから頑張ろう”みたいな歌詞が多かったりして。それは、自分自身に言いたいっていうことがあると思うんですよね。特にデビュー前なんかは、将来に対する不安とかがある中で、“今は大変だけどもうひと頑張りだ!”って言い聞かせたかったっていうのもあるし。

聴き手はもちろん、自分自身も前向きになれるようにということですね。

yoko
そうですね。誰にでも辛いことはあるけど、今、一日一日を頑張っていけば、その先には“希望”があるっていうのは、みんな共通して言えるんじゃないかなって。だから、全部の歌詞に共通しているのは“希望”だと思いますね。
the generous プロフィール

J-POPのスタンダートと呼びたくなるようなメロディと、圧倒的な存在感を放つボーカルが心を捉えるユニット、the generous(ジェネラス)。 2008年ミニ・アルバム『the generous』にてデビュー。
メンバーは、多感な思春期をロサンゼルスで過ごし、数えきれないほどのスーパースター達のボイス・トレーナーとして知られるセス・リグス氏のレッスンを受けた経歴を持つボーカリストyoko(ヨーコ)と、宇多田ヒカル等のライヴにギタリストとして参加、また倖田來未やKAT-TUN 、Crystal Kay への楽曲提供など、豊富な キャリアで培ったクオリティの高い楽曲を生み出す大西克巳(オオニシカツミ)。デビュー前にもかかわらず、オフィシャル・サイト開設当日に12時間で350,000アクセスを記録したことで大きな注目を集めている。the generous オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」