L→R LiN(Gu)、ハク(Ba)、結(Vo)、ゆきみ(Dr)、椎名未緒(Gu)

L→R LiN(Gu)、ハク(Ba)、結(Vo)、ゆきみ(Dr)、椎名未緒(Gu)

【ユナイト】さらに成長したユナイト
を見せられる曲

先日行なわれた赤坂BLITZでのワンマンライヴも無事成功に収め、結成2年目に突入したユナイト。そんなますます勢いに乗る彼らが放つ最新シングル「約束」は、持ち前の高いメロディーセンスがうかがえる楽曲に仕上がっている。今作に込めたメンバー全員の思いを訊いてみよう。
取材:ジャガー

ユナイトは楽曲のバラエティーが本当に豊かで、同じバンドなの!?と毎度驚きます。

未緒
僕とハクくんとゆきみくんは以前から一緒にバンドを組んでいて、結くんとLiNくんも別々でバンドをやってたんですけど、ちょうど同じタイミングぐらいにみんな解散することが決まって。音楽は続けていきたいけど、もう解散するのは嫌だなって思ってたから、音楽性よりも人間性に比重を置いてメンバーを探してたんです。で、集まったのがこの5人なんですけど、各々のやりたいことを尊重しているので、自然と曲によってバンドの雰囲気も変わるし、いろんなタイプの楽曲ができてきますね。

ただ、各々のやりたいことをやるとなると、プレイヤーとしての対応力であり、表現力がより求められますよね。

ハク
そうですね。毎回が挑戦で難しい部分ももちろんあるんですけど、楽しんでやってます。
未緒
特に今回の「約束」は、結成1年目のユナイトとは何か違うなと思わせられるような曲にしたいというのが個人的にはあって。前作シングル「AIVIE」をリリースした次の日から結成2年目だったので、今までの流れをぶった切るわけじゃないんですけど、さらに成長したユナイトを見せられるように違ったアプローチの曲を書きました。

爽快さと切なさが交錯するメロディーに高揚を覚える「約束」ですが、初めて聴いた時の印象はいかがでした?

ハク
前のバンドの時に未緒さんが書いた曲があるんですけど、その数年後が「約束」では描かれてるんですよ。当時の曲も知ってる分、こういうことかって思う部分がありましたね。過去の曲との関連性があるので、アレンジもその曲のフレーズを持ってきたりしています。「約束」だけでも十分ストーリー性があって面白いんですけど、その曲を知ってるとまた違う捉え方ができると思います。
ゆきみ
すごく未緒くんぽい感じの曲なんですよね。僕も懐かしさがあって…こういう曲を叩ける日が来たんだなって嬉しかったです。
ちなみに、その曲は僕が一緒にやりたいと思ったきっかけの曲でもあるんですよ。とにかく「約束」を聴いた時、メロディーが良すぎたので、僕的には「約束」はシングルの表題曲で決定だろうなって選曲会をする前から思っていたから、やっぱりみんな同じ気持ちだったんだなっていう。見事メインを飾ってくれました。
LiN
未緒さんの曲は全部好きなんで、今回も良かったです。あと、歌えるフレーズっていうんですかね。ヴォーカルが歌うメロディーとは別に、裏でギターも歌っているようなフレーズを詰め込めたんで、満足です。
未緒
自分の感覚なんですけど、自分の作ったデモはいつもガチガチしてるんですよ。変に固さがあるというか…それを今回だとリズム隊が同時にレコーディングして和らげてくれたり、俺はわりとカチッとしたギターを弾くんですけど、LiNくんはリズミカルというか、良い意味でカチッとしてない音を出して、曲をうまく引っ掻き回してくれる。音源になるとちゃんとバンド感が前に出ていていいですね。

ヴォーカルは中盤は切なさを感じますが、最後にはどこかすっきりした歌い方をされていますよね。

恋愛モノの歌詞なので、録る前に歌詞を何度も読み直して、“この言葉だと、こういう歌い方なんだろうな”っていうのをちゃんと想像して気持ちを持っていきました。歌詞でも《壊れてしまう》とか耳に残る言葉があったので、声でも強調するようにしていて、より切なさを出しました。

同じく未緒さん作詞作曲でも、「退廃レトリック」は180度世界観が変化しますね。

未緒
スピード感を出したかったので、シングル全体を通してメリハリが出ればいいかなと。社会風刺と言えば大袈裟なんですけど、最近は簡単にいろんな情報を手にすることができるじゃないですか。それが必ずしも全て正しいとは限らなくて…嘘をあたかも真実のように言ってる場合もあるし。目の前にある情報を全部鵜呑みにして騙された人が“嘘じゃねぇか、ふざけるな!”って言ってる歌詞なんですけど、実は歌詞カードを見てもらうとデザインに細かいヒントがあって、本当はそういう情報から真実を見つけられない人が悪いんだっていう。歌詞カードまで見ないとたぶん分からないんですけど、俺の悪口みたいな歌です。歌詞カードは目がチカチカすると思いますけど(笑)。

LiNさんの作詞作曲された「Love_Duck_Core_Nothing」は王道“ヴィジュアル”ロックナンバーですね。

LiN
狙ってみました(笑)。最近のビジュアルシーンって、すごいデジタルだったり、洋楽っぽかったりで、それもカッコ良いんですけど、そうじゃない王道の良さがあるじゃないですか。レトロで西洋的な、モダンではない曲を作りたくて。しかもライヴで暴れられる曲というか。“ビ”ではなく、“ヴィ”の方の“ヴィジュアル”系ナンバーです。
ゆきみ
結構テンポが早いじゃないですか。だから、ライヴで疲れないようにやんねぇとなっていうのを考えながら、レコーディングしてたように思います(笑)。

結さん作詞作曲の「Grateful Word」は、タイトルそのままの温かい思いの詰まったナンバーで。

“ありがとう”って日常的に使う言葉なんですけど、なかなか面と向かっては言えない時もあるじゃないですか。普段素直に言えない子が“ありがとう”って言えるきっかけになってくれたらいいなと思って、書いてみました。サビごとに一回一回違うことへの感謝を込めることで、大切さをより出しているというか。そこは意識して書きました。

突然、南国チックなムードが漂うのは?

きましたねー(笑)。どこかしら引っかかりを持たせるような展開が欲しいなと思いボサノバを入れたんですよ。最初に作った時は“なんちゃって感”が強かったんですけど、ボサノバの達人である(!?)ギター隊がアレンジする時に頑張ってくれたおかげで、いいかたちに仕上げることができました。ボサノバからまた元の展開に戻るっていうのがいいですね。
ユナイト プロフィール

2011年2月に結成されたヴィジュアル系ロック・バンド。バンド名の由来は、“メンバー同士が、メンバーとファンが、そしてファン同士が音楽や絆で結びつくようなバンドでありたい”という思いから。ちなみにファンのことは“U's”と総称している。結成翌月の3月、渋谷duo MUSIC EXCHANGEで初ライヴを行ない、会場で2曲入りの結成記念Greeting CD「UNiTE.」を発売。同年6月には1stシングル「U-smeh-」を、11月には1stアルバム『STARTiNG OVER'S』をリリース。“¥カッコ良ければOKというノーコンセプトな音楽性、アグレッシヴでポップなサウンドがV系ファンから好評をもって迎えられた。ライヴ活動も精力的に行ない、2012年3月には赤坂BLITZ、9月には東京国際フォーラムCでワンマン公演を成功させる。同年12月、2ndアルバム『MEANiNG』を発表。2013年に入ると、3月には全国9ヵ所でのワンマン・ツアー「once live too meaning」を実施し、MV集『UNiTE. CLIPS #01』もリリース。6月には下北沢GARDENで主催イベント『黒ぇ。2013梅雨』を行なうなど、その活動は勢いを増していく。2014年1月、3rdアルバム『Ai』を発表した。ユナイト オフィシャルHP
結 Official Twitter
椎名未緒 Official Twitter
LiN Official Twitter
ハク Official Twitter
ゆきみ Official Twitter
ユナイト オフィシャルTwitter
ユナイト オフィシャルYouTube
ユナイト オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着