L→R 庄村聡泰(Dr)、磯部寛之(Ba&Cho)、川上洋平 (Vo&Gu)、白井眞輝(Gu&Cho)

L→R 庄村聡泰(Dr)、磯部寛之(Ba&Cho)、川上洋平 (Vo&Gu)、白井眞輝(Gu&Cho)

【[Champagne]】デカイ曲が増えて、
デカイ作品になった

不敵なほどカッコ良いロックバンドの王道へ―― [Champagne]の4thアルバム『Me No Do Karate.』は、どんどんスケールを広げつつある今の状況を音楽性に反映させたような傑作だ。4人の言葉も今まで以上に自信に漲っていた。

“カッコ良いです、以上!”で終了してもいいくらいのアルバムが完成したと思います。

全員
ありがとうございます(笑)。

とは言え(笑)、まずはひとりひとりに、今作についての感触をうかがえればと思うのですが。

白井
制作がハードだったんで、完成した直後はその記憶のほうが勝っていたんですけど、やっと最近、腰を落ち着けて聴けるようになって、改めて“あぁ、良かった、すごくいいのができたな”って。…カッコ良いですよね、我々ながら。この感じはなかなか出せないんじゃないかな。
磯部
自信がありますね。毎回変わったことや新しいこと、その時に興味があることをどうやって実現するかを考えるバンドなんですけど、今回は新たにシーケンスや打ち込みとか、今までになかったものを使って、新章突入感はすごく出たと思います。自分としては最高傑作と言えるものができたし、世界的に見ても、堂々と胸を張って出せるものができましたね。今は自信ばっかりある状態です。どう評価されるのか、楽しみでしかない。まぁ、今回は酷評を食らっても、あまりダメージを受けないかな。
川上
1st、2nd、3rdはどちらかと言うと、いかに振り向いてもらうか、いかに他のバンドからかすめ取るかしか考えていなかったんですよね。誰も注目してくれなかったですから。そういう気持ちが強いとアレンジが強力になって、メロディーが見えにくくなっていたんですよね。でも去年、フェスとかで大きなステージに出させてもらって、ある程度認められたと思ったんですよ。そこから、大きいステージ向けの曲が必要だなって思って、「starrrrrrr」ができて、シンガロングが起きて、お客さんとつながれて。それを皮切りにデカイ曲が増えていって、デカイ作品になったと思います。
庄村
自信はもちろん、ものすごくあふれているんですか、唯一自信のない点と言えば、空手の腕前についてですね。あえて全方面に自信を付けるためには、ここで空手の道場にも通うべきかな、腕前を鍛えれば完璧な人間になれるんじゃないかな、って考えている最中です。

…オチになりましたけど(笑)。確かにスタジアムが似合いそうなスケール感がある曲が、今までより多いですよね。

川上
スタジアムで演奏することは、実はアマチュア時代も意識して曲作りをしていましたけど、1stの頃はそんなに意識していなかったです。だから、近くにいかないと分からないようなアレンジになっていたと思うんですけど、今回は遠くにいても分かるアレンジになっていると思います。

それは、バンドの状況に基づいた自然な流れというか。

川上
そうですね。無理矢理作った感じがないと思います。
磯部
このバンドの場合、アレンジの方向性は素直であるべきだって思っていて。作曲は別ですよ。アレンジは全員でやりますけど、メロディーは洋平がひとりで作るから。それで、例えばデビュー前に路上ライヴをやっていた時は、老若男女に足を止めてもらうには?って考えると、ポップなアレンジが増えたし、デビューした時は、ライヴハウスで初めて見たお客さんにいかにインパクトを与えるには?って考えるようになったし。そして今回、またあんまり音楽を聴かない人にも聴いてほしいから、大きなものを描き始めているんですよ。強いて言えば、路上ライヴの頃の考え方に、規模が大きいバージョンで戻っているような感じですね。もちろん次元が違うんですけど、共通しているところも大きくて。身の周りの環境に素直になって、自分たちはこういうことをやりたいっていう気持ちが、アレンジに反映されていくんですよね。

じゃあ、今は幅広い人、遠くの人にも届けたいと。

川上
いや、“届けたい”とかはないんですよ。まず、曲作りの時には、自分たち4人がカッコ良いと思えるものを作りたいっていうことしか考えていないんで。どの世代に聴いてほしいとかもないし。ターゲットを狙って作ると、変になっちゃうと思うんですよね。“これだと女の子には激しすぎない?”とか“10代にはもっと激しいほうがいいんじゃない?”って変えていくと、絶対につまらなくなる思うので。

確かに、不自然になりますよね。

川上
作ったものをどうするか?っていうことは事務所の人たちと考えたりしますけど、判断するプロはお客さんですから、それで嫌いって言われたら仕方がない。自分たちが好きなものを出して、人気が出ればカッコ良いし、それがロックバンドの在るべき姿だと思うので。自分がリスナーなら、“どうせこの味が好きなんでしょ?”って出されるよりは、びっくりしたいし。結果的に人気が出ればありがたいですけどね。そういう中であえて言うなら、俺は3人が気に入る曲を作っています。
磯部
もっと言うと、自信があるんですよね。俺らが気に入って作れば、みんなカッコ良いと思うと思うんですよ。
庄村
今回は過去作品と比べものにならないくらい、個々がフレーズを厳選していますからね。
川上
これが売れなかったとしたら、面白いですよ(笑)。

いや、私はがっかりしますよ!(笑)。

川上
まぁ、がっかりしますけど、それはそれで面白いかなって。もちろん売れたいし、人気者にはなりたいですけど、僕は出せた!っていう達成感のほうがデカいので。だから、どんな評価を受けるのかは二の次なんですよね。カッコ良いって思ってくれたら分かってくれたなって思うし、ダメだなっていう人はセンスないな、かわいそうだなって思うだけです(笑)。

そして、3月には初の武道館ワンマンもありますね。

庄村
でっかいのは場所じゃなく、我々ロックバンドであるべきなので、それがただの踏み台になったらいいなって思いますよ。長い歴史を経ていくうちに、“武道館やってたっけ? たかがそんなこと”くらいに思われるようになっていたいですね。
『Me No Do Karate.』2013年06月26日発売RX-RECORDS/UK.PROJECT
    • 初回限定盤(28ページフォトブック+三方背ケース付)
    • RX-075 3150円
    • 通常盤
    • RX-076 2625円
[Champagne] プロフィール

シャンペイン:2001年、川上洋平(Vo/Gt)を中心に大学で結成されたロックバンド。バンド名はオアシスの「シャンペン・スーパーノヴァ」から拝借。また、前後に“[ ]”を付けた理由はバンドのロゴをラベルのようにしたかったため。2007年11月、シングル「温度差」を発表し、本格始動。2009年5月、自主制作でアルバム『Provocation to Noble Artists』を発表。2010年1月、インディーズレーベルから1stアルバム『Where's My Potato?』をリリース。同年7月には、1stシングル「city」を発表。精力的に音源を発表し続ける中、英詞・日本語詞を滑らかに歌い分けるヴォーカルとエモーショナルなロックサウンドがじわじわと評判を呼ぶようになり、ライヴハウスでの集客も加速度的に増していく。2011年2月には2ndアルバム『I Wanna Go To Hawaii.』、2012年4月には3rdアルバム『Schwarzenegger』、2013年6月には4thアルバム『Me No Do Karate.』とコンスタントにアルバムを発表。同年7月にインディーズながらテレビ朝日『ミュージックステーション』への出演を果たし、2014年3月には武道館での単独公演を開催する。オフィシャルHP
[Champagne]Official Twitter
[Champagne]Official Facebook
川上洋平 Official Blog

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。