【MEG】RPGの世界で表現したゾンビと
戦士の物語

ゾンビと戦士という強烈なキャラクターを配したRPGをモチーフとし、デジタルと生の音が融合した楽曲「KISS OR BITE」「SAVE」をリリースしたMEG。新たな作家陣とのコラボも注目だ。
取材:桂泉晴名

今回の公開されたアーティスト写真が、いきなりゾンビになったMEGさんだったので驚きました。

そうですよね(笑)。大きなテーマはRPGなんですが、ゾンビをテーマに置くといろんな広がりが見えるなと思って。最近、ゾンビ系のファッションアイテムも気になっているんです。ほとんど外国製なんですけれど、ゴシック系とも違うポップな色のアイテムが多くて。ファッションの企画も連動しつつ、今回のシングルのキーワードになっています。

そして、もうひとりのMEGさんは戦士に扮していますが。

楽曲のベースとなるストーリーは、ゾンビとゾンビを倒す戦士の話がそれぞれあるんです。例えば、ゾンビは“人を食う”という動物的な感覚だけでなく、その中での葛藤するドラマがあったり。でも、それを全部文字にすると、くどくなりそうだったから、ストーリーが自然に理解できて、その上で曲を聴くとより楽しめるというかたちにしたくて、ゲームで展開したりしていて。音だけじゃなくてパッケージもコレクション仕様になっていたり、カードゲームが付いてきたり、さまざまなものと連動して、かなり遊べる面白い作りになっています。

「KISS OR BITE」は注目のクリエイターTeddyLoidさんが作曲を担当されていて、ゾンビのダークさを感じさせつつ、踊りたくなるような音が頭に残ります。

今回は企画が固まっていたので、それに沿った曲を書ける人にお願いしようと思いました。Teddyさんはゲームもダンスミュージックも好きで、J-POPをよく理解している。さらに、それらをブレンドするのがとても上手な方という印象です。「KISS OR BITE」は8ビートでJ-POP、かつ生の音のミックス具合がとてもバランス良く仕上がっていて、ギターはNARASAKIさん(COALTAR OF THE DEEPERS、特撮)なのですが、やはり生音が入ると“生きている”って感じがとても強くなるな、と思いました。

初めて一緒に制作されてみて、いかがでしたか?

私は自分のブレスや語尾の終わり方までリズムだと思って歌を録っているんですが、Teddyさんはそこをちゃんと理解してくれていて、エフェクトのかけ方とか、私の好きな感じに仕上がってたので、“さすが!”と思いました(笑)。

一方「SAVE」はゲーム音楽らしい軽快さがあります。

作曲を担当された横山克さんとはレコーディングの時に初めてお会いしたんですけれど、劇中曲を多くされてる方だったので、好きなドラマの話とかですごく話が合って。「SAVE」は私が歌詞を書いたんですけど、最初のほうはゲーム用語が多く、後半にいくにつれてその要素が薄れていくんですね。なので、“アレンジも前半はゲームっぽくしつつ、後半はストリングスを入れて人間らしさが出るような流れにしよう”といったアイデアがその場で出て、一緒に作る楽しさがありました。あと、ゾンビ盤(MEG ZOMBIES)と戦士盤(MEG)で、それぞれリンクしている曲を入れたかったので、カップリング曲は□□□の三浦康嗣さんにお任せしました。そうしたらふたつの曲がミックスされたかたちで仕上がってきて。予想外だったけれど自由さがあって、お願いして良かったです。

MEGさんらしいユニークな作品になりましたね。

今回は企画に面白さを感じてくれた人が、どんどん参加してくれて、楽しみながら作品ができていきました。現場のワクワク感が聴いた人にも伝わればいいな、と思っています。
「SAVE」
    • 「SAVE」
    • MEG
    • KICM-1452
    • 1000円
    • 「KISS OR BITE」
    • MEG ZOMBIES
    • KICM-1451
    • 1000円
    • 「KISS OR BITE/SAVE」
    • MEG ZOMBIES+MEG
    • KICM-91451~2
    • 2013.06.05
    • 1800円
meg プロフィール

02年7月、シングル「スキャンティブルース」にてデビュー。翌年、デザイナーとしても始動。幾つかのブランドの立ち上げを経て、06年その中の新ラインとして『CAROLINA GLASER(カロリナ グレイサー)』をスタート。現在は、レディースの他にユニセックス・ライン(10春スタート予定)、コスメ・ラインがあり、表参道の直営路面店を軸に全国23ショップをはじめ、パルコ、伊勢丹、海外などでも展開している。また09年にはユニクロ『UT』の特別デザインを担当。

アルバム『BEAM』(07年12月)、『STEP』(08年6月)『BEAUTIFUL』(09年5月)は、【iTunes】洋楽/邦楽/総合アルバム・チャート連続1位を獲得。近年はワンマン・ライヴ・ツアーのほか、フランス・パリで開催された『JAPAN EXPO '09』や国内最大級の夏フェス『SUMMER SONIC』にも2年連続出演、国内外のクラブ・パーティーでのパフォーマンスも続けている。

6thアルバム『BEAUTIFUL』に併せて、09年5月には初のフォト&インタビュー単独本『MEG FILES』を発売。同年10月に創刊された雑誌『森ガールpapier*』の代表イメージとして表紙と巻頭に起用される。大きなテレビやCMへの露出をしないにも関わらず、ファッション誌の人気ランキングには常にランクインし、個性派雑誌『Zipper』『PS』『SEDA』などで表紙を飾るなど、原宿カルチャーの代表的なファッション・アイコンとして活動の幅を広げている。公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」