【ユナイト】『UNiTE. ONEMAN LIVE
[U&U’s -meaning-] AT 東京国際フ
ォーラムC』2012年9月17日 at 東京国
際フォーラムC

撮影:西槇太一/取材:ジャガー

距離感の近いライヴハウスツアーから一転してのホール公演。実質的な距離はあるものの、どのライヴも思いが伝わるように誠心誠意臨むユナイトらしく、この日も距離を感じさせない一体感を生んだ。前述のツアーでの成長もあるのだろう、リズム隊のグルーブとソリッドなギターが交錯する「絶望クリエイター」はエモーショナルに、疾走感ある「約束」では壮大に…バラエティー豊かな楽曲たちの個性をより鮮明に引き出していく楽器陣。そんな十人十色な楽曲に憑依するかのごとく、あらゆる感情を歌い上げる結。憂いのある美声を披露した「epilogue」からの「Love_Duck_Core_Nothing」の切り替わりようは狂気すら覚える迫力だ。“終わらない歌を歌おう”と言ってからのラスト「starting over」では、彼らの音楽に対する熱意を会場にいる全員が受け止めながら聴き入っていた。

セットリスト

  1. イオ
  2. 絶望クリエイター
  3. U -s m e h-
  4. 約束
  5. Kud’
  6. Ms.Fabbit
  7. draws,
  8. snow slow
  9. epilogue
  10. Love_Duck_Core_Nothing
  11. 鳥籠好餌責務-TORIKAGO like obligation-
  12. 不完全I/F
  13. BadRequest
  14. re:make
  15. ディストリー
  16. AIVIE
  17. ミドルノート
  18. 失望エミュレイター
  19. Eniver
  20. Meaning
  21. world wide wish
  22. starting over
ユナイト プロフィール

2011年2月に結成されたヴィジュアル系ロック・バンド。バンド名の由来は、“メンバー同士が、メンバーとファンが、そしてファン同士が音楽や絆で結びつくようなバンドでありたい”という思いから。ちなみにファンのことは“U's”と総称している。結成翌月の3月、渋谷duo MUSIC EXCHANGEで初ライヴを行ない、会場で2曲入りの結成記念Greeting CD「UNiTE.」を発売。同年6月には1stシングル「U-smeh-」を、11月には1stアルバム『STARTiNG OVER'S』をリリース。“¥カッコ良ければOKというノーコンセプトな音楽性、アグレッシヴでポップなサウンドがV系ファンから好評をもって迎えられた。ライヴ活動も精力的に行ない、2012年3月には赤坂BLITZ、9月には東京国際フォーラムCでワンマン公演を成功させる。同年12月、2ndアルバム『MEANiNG』を発表。2013年に入ると、3月には全国9ヵ所でのワンマン・ツアー「once live too meaning」を実施し、MV集『UNiTE. CLIPS #01』もリリース。6月には下北沢GARDENで主催イベント『黒ぇ。2013梅雨』を行なうなど、その活動は勢いを増していく。2014年1月、3rdアルバム『Ai』を発表した。ユナイト オフィシャルHP
結 Official Twitter
椎名未緒 Official Twitter
LiN Official Twitter
ハク Official Twitter
ゆきみ Official Twitter
ユナイト オフィシャルTwitter
ユナイト オフィシャルYouTube
ユナイト オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着