L→R 土田(Ba)、尾越(Dr)、一戸(Vo)、楠本(Gu)、場前(Key)

L→R 土田(Ba)、尾越(Dr)、一戸(Vo)、楠本(Gu)、場前(Key)

【荒川ケンタウロス】100回聴いても
飽きないグッド・メロディーで勝負

淡々と、しかし着実に前進しながら活動を続けてきた荒川ケンタウロスが、メジャー第一弾となるミニアルバム『玉子の王様』を完成させた。バンドを代表して一戸(Vo)と楠本(Gu)にインタビューを実施!
取材:山口智男

バンドを始めた時、どんな音楽をやりたいと考えていたのですか?

一戸
メン募に応募して、すぐに音源を交換したんですよ。その時、送ってもらったのが2ndミニアルバムに入ってる「コース」って曲のデモだったんですけど、すごくいいメロディーだったんです。それで、いいなぁって思って。

中央線沿線らしい、どこか懐かしいフォークロックを機軸にしながら、洋邦問わず、今の音楽も昔の音楽もいろいろ聴いているんじゃないかって思ったんですけど、バンドの背骨になっているのはどんな音楽なのですか?

一戸
みんな共通して好きなアーティストは居ますけど…。
楠本
それぞれがいろいろ聴いてるから、背骨と言える音楽は一切ないです。縛られたくないんですよ。自分たちがやりたいことをやってるだけなんですけど、それが絶対いいものだという認識はずっとあって、自分がいいと思うものは、みんなもいいと思うに違いない…そういう、いいものを見分ける才能だけはあると思ってて。これがいいメロディーっていう、それを辿りながら曲を作ってるようなものなんですよ。
一戸
やっぱメロだよね。よく言ってるのは100回聴いても飽きないメロディー。そこにはすごいこだわりを持ってます。
楠本
それと、どの世代の人が聴いても心に残るメロディー。

趣味として始めて、その後、マイペースにやってきたそうですね。バンドに対する取り組み方が変わったのはいつ頃?

楠本
そんなにガツガツとやってきたわけではないんですけど、やり続けてたら絶対、どこからか声はかかるだろうっていう自信は持ってやってました。それが徐々に軌道に乗ってきただけだから、取り組み方は変わってないです。今回、メジャーデビューするにあたっても、今まで以上に、いい曲を作っていかなきゃとは思いますけど、自分たちがやりたいことをやってるという気持ちは始めた頃と変わらないですし。
一戸
どんどん楽しくなってきてますね。

今回はどんな作品を作ろうと考えたのですか?

楠本
こんな感じで作ろうというのはなかったんですけど、僕が3曲、一戸が1曲、場前が2曲作ったので、それぞれに個性ある6曲が揃ったと思います。

今の時点で一番いい曲を収録した?

一戸
はい。ただ、いい曲は他にもまだあるんですけどね(笑)。バランスやライヴでやることを考えて、今回の6曲になりました。

ミニアルバムのタイトルになっていることを考えると、1曲目の「ハンプティダンプティ」を中心にバランスを考えたのですか?

一戸
「ハンプティダンプティ」がリード曲っていうのは、楠本さんが曲を持ってきた時から決まってましたね。
楠本
アルバムを作るたびに自身最高と言える曲があるんですけど、「ハンプティダンプティ」は過去最高の曲だという気持ちで持っていきました。

メンバー全員が王様の格好をしているアー写からもその自信は伝わってきます。

楠本
衣装に着られている感じがありますけどね(笑)。
一戸
一番似合ってるよ(笑)。「ハンプティダンプティ」は楠本さんの頭の中のイメージと(プロデューサーの)高野(勲)さんと柏井(日向)さんのイメージを共有するところから始まったので、出来上がるまでに時間がかかったけど、すごく良くなりましたね。
楠本
頑固なんで(笑)。一戸くんの「コイン」って曲もプリプロの途中で再考のために1日時間をもらいました。1日って言っても、数時間後にはレコーディングしなきゃいけなかったので、それまでの間に一生懸命考えて、軌道修正できたというか、軌道修正も何も、まだどこにも向かってなかったんですけど、僕の中ではやりたい方向に持っていけたので良かったです。自分が作った曲じゃなくてもアレンジにはこだわっちゃうんですよ。

つまり一曲一曲、こだわって作り上げていったと。

楠本
ええ。今回、「まぼろし」って曲でメンバーじゃない人にゲストコーラスを入れてもらったんですけど、僕らの楽曲に初めて女性の声が入ったもんだからメンバー全員、大喜びで。もう感動したとしか言えないんですけど(笑)、それが今回、新しい発見でした。メンバーだけではできない、そういうことも今後、バンドという枠にこだわらずに柔軟にやっていってもいいなって思いました。

今回の作品を通して、どんなことを伝えたいですか?

楠本
“伝えたい”と言うよりはむしろ受け取る人それぞれの解釈で好きになってもらいたい。それで、いい曲だなって思ってもらえたら嬉しいし、間違ってなかったと思います。作品を発表する時って、もちろん自信を持って作るんですけど、不安もあって、いい反応をもらった時、“いい作品を作ったんだから当たり前”と思う反面、“今回も助かった。なんとかいい曲が作れた”と思ったりするんですよ。
一戸
僕も伝えたいことは特にないんですけど、自分がいいライヴを観た時とか、いい曲だと思った時とか、景色がそれまでと違って見えることがあって。みんなもそういうことがあると思うんですけど、そういうことを自分もステージに立つ人間としてやりたいですね。

リリースツアーが来年の2月と3月にありますね。

一戸
大阪、名古屋とやって、最後、東京はTSUTAYA O-WESTでワンマンをやります。
楠本
それなんだよなぁ…。

というのは?

楠本
TSUTAYA O-WESTってやっぱりデカいじゃないですか(笑)。でも、ひとつの節目になるのか。メジャーデビュー後、初めてのワンマンという意味では。
一戸
そうですよ。祝福の日ですよ! 楠本さん、今から何を怖がってるんですか!?(笑)
『玉子の王様』
    • 『玉子の王様』
    • COCP-38946
    • 2015.02.04
    • 1944円
荒川ケンタウロス プロフィール

アラカワケンタウロス:2009年7月に東京・国分寺で結成された、誰にである日常をドラマチックな世界に変える5人組。バンド名は長尾謙一郎の漫画『おしゃれ手帖』から。インディーズでシングル1枚、ミニアルバム2枚、フルアルバム1枚をリリースしたのち、15年2月、ミニアルバム『玉子の王様』でメジャーデビュー。17年、自主レーベル“MY UNCLE IS VERY FAMOUS TENNIS PLAYER RECORDS”を立ち上げ、8月より3カ月連続で配信限定シングルをリリースする。荒川ケンタウロス オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。