L→R 中森泰弘(Gu&Vo)、真城めぐみ(Vo)、真島昌利(Gu&Vo)

L→R 中森泰弘(Gu&Vo)、真城めぐみ(Vo)、真島昌利(Gu&Vo)

【ましまろ】3人のワクワク感を楽し
みたくてやってます

真城めぐみ、中森泰弘(ともにヒックスヴィル)と真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)。30年来の旧友によるましまろが、早くも2ndアルバムを完成させた。今回もゆるく楽しく、愛ある音楽が詰まってます!
取材:宮本英夫

前作から1年とちょっと。意外に速いペースだと思っちゃいました。

中森
僕と真城に関しては、あり得ないぐらい速いペースです。
真城
だけど、また集まり出したのは別に2ndアルバムを作ろうというわけではなくて。ただ“飲みましょう”と言って集まったら、マーシー(真島)が“曲があるよ”と言って、それを聴かせてもらって…という感じでしたね。

中森さんは新しいバンドを始める時のワクワク感があって、相手がどうくるかが面白いって前回のインタビューで言ってましたけど、2枚目となると気持ちは変わりますか?

中森
そうですね。もう分かってる部分もあるし、でも曲が新しくなるので、その時のワクワク感は引き続きあるし。そこが楽しみたくて、やってるようなものなので。
真島
まぁ、それぞれ慣れてきたというのは、当然あって。特に何かが変わったということはないですけど。急に中森くんがライトハンドでギターを弾き始めるということもないし(笑)。
中森
封印してますけどね(笑)。

マーシーさん、今回の選曲の基準は?

真島
それは、なんとなくです。“これ、3人でやったら楽しいだろうなー”という曲を持っていって。
中森
事前にデータのやり取りをしないんですよ。せっかく3人だし、3人いる時に決めたほうがいいと思うので。
真城
例えば「さがしもの」という曲は、私はすごく好きで。ましまろでこういうのができるのは嬉しいなーって思います。

「さがしもの」は軽快なシャッフルで、スライドギターがいい感じですね。

真城
あのリフは最初から入っていて、それがすごくいいなーって。あとは、ストリングスが入ってる曲もあるし。

「ひき潮」と、最後に入ってる「わたりどり」ですね。あれは新しいな、いいなと思いました。

中森
マーシーが作ってきた時点で、“ストリングスを入れてみたいんだけど”って。
真島
作った時に、何か明確な音が頭で鳴ってる時は、“こうして”って言いますね。「さがしもの」のギターリフもそう。何にも鳴ってない時は、“あとはよろしく!”って丸投げする(笑)。

シングルになった「遠雷」は? ボサノバっぽいリズムですけど。

真城
「遠雷」は、ほとんどいじってないです。
真島
これはレコーディングの完成形通りのものが頭にありました。ゆるーい感じで。
真城
私の中では“これぞマーシー”という感じがあったから、どうしても歌ってほしくて。“ここ、歌ってください”ってお願いしました。絶対そのほうがカッコ良いから。

ギロ(打楽器)とか、ラテンパーカッションとかが効いてますよね。

真城
パーカッションは、ほとんどマーシーが。タンバリンがめちゃくちゃ上手いんですよ。ロックタンバリンのあんばいが絶妙です。

今回、そういうちょっとした楽器の使いどころが、すごく耳に残るんですよ。「ナポリの月」の、あれはヴィブラフォンですか?真島:あれ、いいですよね。あれも丸投げです(笑)。

真城
さすがにあの楽器は私たちにはできないので、ゲストプレイヤーに入ってもらって。とはいえ、前作よりもシンプルな気がしてるんですけどね、全体的には。

それは音数が?

真城
うん。より隙間が多いかなとは思ってるんですけど。
中森
たぶん、隙間を作ることがそんなに不安じゃなくなってきた。つい埋めたくなっちゃうんですけど、今回は最初から隙間があっていいかなと思っていたので。シンプルに出来上がってると思います。

真城さんの思い入れのある曲は?

真城
さっき言ってた「さがしもの」は、すごく自分っぽく歌えました。逆に「ひき潮」とか「わたりどり」は、今まであんまり歌ったことのない歌で、どういうふうにしようかな?と思ってたんですけど。特に「わたりどり」はテーマが大きすぎたというか。この曲だけ、何度かやり直しましたね。

「わたりどり」はとても壮大な世界観で。地球を見下ろして、飛んでいるような感じがあります。

真城
「わたりどり」の歌詞は聴かせてもらったあとに、みんな一瞬黙っちゃうぐらい、すごい曲だなと思いました。
真島
いやー、何でしょう? 作った時は、あんまりよく覚えてないんですけど。でも、真城が歌った時に“いいなー”と思ったんですよ。昔のペギー葉山さんみたいな感じで(笑)。
真城
でも、そういう清さがありますよね。ポップスとか何とか、ジャンル関係なく。歌詞の最後の一行はすごいですよ。

期待以上にいいアルバムでした。ツアー楽しみです!

真城
去年はお客さんもどういうものか、未知だったと思うんですね。マーシーも座ってるし、全部アコギだし。
中森
今回はお客さんも僕らも最初からリラックスして。
真島
まぁ、楽しんでできればいいなと。

なんか、ひと夏ごとに集まるグループみたいになってますけども。今後も続けてもらえますか?

真城
状況が許すのであれば(笑)。そうなったら嬉しいですね。
『ましまろに』2016年08月31日発売Ariola Japan
    • 【通常盤】
    • BVCL-745 2913円
    • 【完全生産限定】
    • BVJL-22 3241円
    • ※12インチアナログ盤
ましまろ プロフィール

ましまろ:1980年代の初頭、新宿JAM STUDIOで知り合ったザ・クロマニヨンズの真島昌利、ヒックスヴィルの真城めぐみと中森泰弘の3人が、 30数年の時を経てかき鳴らすヒップでクールなフォーク&ロールバンド。15年5月にシングル「ガランとしてる」でデビュー。同年9月に1st アルバム『ましまろ』をリリースした。ましまろオフィシャルHP

ザ・クロマニヨンズ プロフィール

ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP

ヒックスヴィル プロフィール

94年のロッテンハッツ解散後、片寄明人はGREAT3を結成し、木暮晋也・真城めぐみ・中森泰弘の3人はヒックスヴィルを始動させる。カントリー/フォーク/バブルガム・ポップといった60〜70年代のアメリカン・ミュージックを消化し、筒美京平ライクな歌謡メロディを加味。96年に発表された1stアルバム『トゥデイ』は、エヴァーグリーンそのものだ。また、各メンバーはミュージシャン仲間からの信望も厚く、オリジナル・ラヴ/小沢健二/フィッシュマンズを筆頭に数多くの作品に参加している。公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」