おかゆ、デビュー記念日にニューシン
グル『渋谷ぼっちの歌謡曲』発売

おかゆが、5月1日(水)にニューシングル『渋谷ぼっちの歌謡曲』を発売する。

今年デビュー6年目を迎えるおんな流し出身のおかゆ。2019年の「ヨコハマ・ヘンリー」でデビューした記念日の5月1日に、前作でも好評だった渋谷を舞台にした6枚目のシングルとなる。

おかゆが学生時代に渋谷のギャルを経験し、そしてインディーズ時代の流しの活動の拠点としていたのも渋谷である。「渋谷ぼっちの歌謡曲」は、そんな愛着のある渋谷を舞台に、実らぬ恋を表現した楽曲。渋谷をイメージしたアンニュイだがポップなメロディと、都会ならではの孤独感に渋谷のランドマークをちりばめた歌詞で、恋に破れた女性の情景が鮮明に浮かび上がる。

おかゆ自身は、2014年に流しを初めて10年目を迎え、コロナ禍などで休止していた流し活動を再開する。そして、天国の母に約束した、流しで出会った7842人(母の口ぐせ「七転び八起き幸せに」を数字に直したもの)の方との写真をとり、ブログにあげ、流しの輪を広げてゆくという10年前に掲げた目標を成し遂げ、報告したいと考えている。

【おかゆ コメント】 「渋谷ぼっちの歌謡曲」は私にとって第2の故郷とも言える渋谷を舞台にした曲の第2弾です。流しから10年間歌ってきて育んだ「歌謡曲への愛、歌うことへの愛、渋谷への愛」が詰まっている曲です。みなさんに口ずさんでもらえるよう、懸命にメロディ、言葉、アレンジを紡ぎました。前作「渋谷のマリア」同様に可愛がっていただきたいです! よろしくお願い致します!

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着