ジャニーズWEST・小瀧望がミュージカ
ル初挑戦 『ザ・ビューティフル・ゲ
ーム』上演が決定

ミュージカル『ザ・ビューティフル・ゲーム』が2023年1月7日(土)から26日(木)まで東京・日生劇場にて、2023年2月4日(土)から13日(月)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演されることが決定した。
『ザ・ビューティフル・ゲーム』は、『オペラ座の怪人』『キャッツ』『エビータ』などのミュージカル作曲で知られるアンドリュー・ロイド=ウェバーと、『We will Rock You』を手掛けた作家ベン・エルトンによって誕生したミュージカル。北アイルランド紛争が激化の一途を辿っていた1981年、プロサッカー選手になるという夢を目前にハンガーストライキによって刑務所内で自殺したIRA戦士の実話をもとにした作品だ。イギリスBBC放送で放映されたドキュメンタリー番組に胸を打たれたエルトンが書き上げた同作は、2000年9月からロンドンのケンブリッジ劇場で上演され、約1年にわたってロングラン。2001年には、ローレンス・オリヴィエ賞ミュージカル部門・優秀新作賞ほか、主演男優賞、主演女優賞、振付家賞の4部門にノミネートされた。日本では2006年にジョーイ・マクニーリー演出、櫻井翔主演によって初演。2014年にも上演されている。
今回の上演では、演劇ユニット・ミナモザ主宰/劇作家・演出家の瀬戸山美咲氏が演出、主演はジャニーズWESTの小瀧望が務める。小瀧は、自身2度目の舞台主演を務めた『エレファント・マン』(2020年)で第28回読売演劇大賞で杉村春子賞および優秀男優賞を受賞。今作でミュージカルに初めて挑戦し、初舞台の『MORSE-モールス-』(2015年)で上演台本を務めた瀬戸山と再タッグを組む。
小瀧が演じるのは、北アイルランドでIRAの武力闘争が激化する中、プロサッカー選手になることを夢見るジョン・ケリー。舞台は、イギリス領北アイルランドの首都ベルファスト。街はIRA(北アイルランドの独立を訴える組織でカトリック派)の活動が日増しに盛んになり、宗派の争いは街を分断していた。それでもここで暮らすサッカーを愛する人々は、試合を「ザ・ビューティフル・ゲーム」と呼ぶ。彼らにとって自分たちが応援するチームの試合は最も大事なものであり、彼らの人生そのものだった。ジョンはそんなサッカーチームのエース選手であり、将来はプロサッカー選手になることを夢見ていた。ジョンとチームメイトたちはサッカーに青春を捧げ、国内リーグでの優勝を目指して毎日汗を流していた。しかし、街ではカトリック派とプロテスタント派の争いが日増しに激しくなり、ジョンやチームにも不穏な空気が忍び始めるのだった。サッカー選手になる夢、愛する恋人との幸せな未来、仲間たちとの変わらない友情。逆らうことのできない運命は、ジョンに人生を大きく変える選択をせまる。
上演台本・演出の瀬戸山氏と主演・小瀧のコメントは以下のとおり。
瀬戸山美咲(上演台本・演出)
小瀧さんとは、以前、上演台本をつとめた舞台『モールス』でご一緒しました。その後も舞台での活躍を観ていて、繊細で丁寧な芝居をする素晴らしい俳優さんだと思っています。ジョンは仲間思いでサッカーに情熱を捧げるまっすぐな若者。彼の変化を表現するのはなかなか難しいと思います。でも、小瀧さんはしっかり演じきれると信じています。
出演者のみなさんと考えていきたいのはスポーツと紛争、友情と紛争、恋愛と紛争の違いについて。誰かを大切に思う気持ちや何かを愛する気持ちが、そうではないものを排除し始めるときから、人間の対立は始まってしまいます。どうしたらそれを回避して人間は”ビューティフル・ゲーム”を描いていけるか、考えて表現したいと思います。
この作品にはサッカーの試合を表現するナンバーがあります。役者ひとりひとりの存在感と歌とダンスで、実際のサッカーの試合の興奮を凝縮して見せていきたいと思っています。
小瀧 望
ミュージカル出演のオファーと聞いたとき、もう少し先のことかな?と思っていましたが、挑戦したいという思いが沸き起こってきましたし、うれしかったです。しっかり歌とダンスの稽古を積んで臨みたいと思っています。
瀬戸山さんとはじめてご一緒したのは7年前(2015年)の舞台(『MORSE-モールス-』)の時です。瀬戸山さんは上演台本で参加されていました。瀬戸山さんもミュージカル初演出と伺いましたので、何か縁を感じます。
僕は幼稚園から小学校6年生まで、サッカー一筋でした。その後事務所に所属する直前まで試合に出ていました。あれが運命の分かれ道だったと思います。
僕が演じるジョンという男は、余計な計算やずるがしこさはなく、まっすぐな目が印象的。とにかくまっすぐ。賢くはないけど、自然と周りに人が集まってくるタイプの人間なんだと思います。
初ミュージカル出演なので、未知のことばかりですし、不安もありますが、それ以上に楽しみですし、この壁と向き合って、乗り越えたいです。稽古、本番を含めて約3か月、この作品にどっぷりつかって、成長したいです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着