醍醐虎汰朗、黒羽麻璃央、小沢仁志ら
が“高校球児になる”過程が明らかに
 映画『野球部に花束を』メイキング
映像を解禁

8月11日(木・祝日)公開の映画『野球部に花束を』から、メイキング映像「青春PV」が解禁された。
『野球部に花束を』は、『ドラフトキング』『べー革』などの野球マンガで知られるクロマツテツロウ氏の同名コミックを初めて映画化するもの。中学時代の野球部生活に別れを告げ、高校生活に期待を膨らませ入学式を迎えた主人公・黒田鉄平とそのクラスメイトたち。野球部の優しい先輩たちに勧誘され、入部することを決めた彼らだったが、仮入部が終わり、いよいよ本入部となった瞬間、先輩たちの態度が豹変する。
主人公の黒田鉄平を演じるのは、映画『天気の子』や舞台『千と千尋の神隠し』出演も控える醍醐虎汰朗。チームメイトの桧垣主圭役で、ミュージカル『刀剣乱舞』や『ロミオ&ジュリエット』などの黒羽麻璃央が共演。さらに“堅気に見えない”野球部の原田監督を『HiGH&LOW』シリーズなどの髙嶋政宏が出演。そのほか、駒木根隆介、市川知宏、三浦健人、里崎智也(野球解説者)、小沢仁志らがキャストに名を連ねている。監督・脚本は 『荒川アンダーザブリッジ』 『虹色デイズ』などの飯塚健氏。
解禁されたメイキング「青春PV」では、主人公・黒田役の醍醐虎汰朗をはじめ、同級生の桧垣役・黒羽麻璃央、原田監督役・髙嶋政宏や、野球部の先輩役・小沢仁志が、12月の凍えるような寒さの中、本物の部活生活さながらの撮影に臨み、“高校球児になっていく”様子が収められている。全力で野球に打ち込み、身体を酷使した撮影に、醍醐は「太ももとかパンパン」、黒羽は「一生懸命やってる“ふり”ではない」などとコメント。クランクアップとなり、初の実写映画主演を務めた醍醐が涙する姿も映し出されている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着