Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
面白いと思うものに光を当てる
新レーベル“highlight”

東京・下北沢にある音楽レーベル兼プロダクションのUK.PROJECTが、2020年9月に立ち上げた新人向けのレーベル“highlight”。第31回の座談会では同レーベルに携わるスタッフに参加してもらい、デジタルサービスを軸にアーティストと二人三脚で歩む姿勢や、所属しているpeanut buttersLAYRUS LOOPの魅力を語ってもらった。なお、ジャンル、形態、年齢、性別不問で、通年アーティスト募集を行なっている。
【座談会参加者】
    • ■今井貴彦
    • UK.PROJECTのA&R/マネージャー。社内のデジタル部門を新設したり、新レーベル“highlight”を立ち上げたりしています。
    • ■たまこ
    • CD屋の店員を経て、UK.PROJECTに入社。CDの営業だったり、配信周りの諸々、アーティスト担当などいろいろ頑張ってます。
    • ■オガチョ
    • バンドマンとしての活動を経て、UK.PROJECTへ入社し、A&R/マネージャーへ。人一倍水を飲みます。
    • ■石田博嗣
    • 大阪での音楽雑誌等の編集者を経て、music UP’s&OKMusicにかかわるように。編集長だったり、ライターだったり、営業だったり、猫好きだったり…いろいろ。
    • ■千々和香苗
    • 学生の頃からライヴハウスで自主企画を行ない、実費でフリーマガジンを制作するなど手探りに活動し、現在はmusic UP’s&OKMusicにて奮闘中。

“チャンスが多くなるように動く”が
僕らの基本的な姿勢

千々和
highlightは2020年に立ち上げられたUK.PROJECT内の新レーベルですが、どんな経緯があったのでしょうか?
今井
コロナ禍で会社やアーティストの動きが全体的に止まってしまって、このまま終息するのを待つだけにはいかないので、来年、再来年につながる何か新しいことをやろうという話があったんです。そこで、僕が2019年からストリーミングやSNS周りを担当するデジタルプロモーションチームを作っていたので、今井のところでやるのがいいんじゃないかと声をかけられたのがきっかけでした。
千々和
デジタルプロモーションチームではどんなことをされていたのでしょうか?
今井
Apple MusicやSpotifyなどストリーミングサービスのレーベル窓口としてのプロモーションや社内への情報共有はもちろん、各サービスのアーティストページ/チャンネルの最適化などの下地作りを中心にやっていました。また、“Spotifyとは?”というような、そもそものサービスの特徴など、“とりあえずこの人に聞けばある程度分かる”という存在になろうと考えていました。そのあとに注力アーティストのSNS施策の企画/実行などですかね。
千々和
その背景があってhighlightはストリーミング等のデジタルサービスを軸にしたレーベルとして立ち上がったんですね。また、ロックバンドのイメージが強いUK.PROJECTですが、highlightの合言葉は“新発見”で、“UK.PROJECTの中に、まだ何の色もついていない、まっさらな場所があってもいいんじゃないか?”という想いもあったそうで。
今井
はい。まず、会社の中で新人発掘に対して積極的になれていない部分があると思ったんですよね。みんなそれぞれに担当業務があるから、ビビッときた新人アーティストがいても手をあげにくいというか、やりたくても全力で取り組めるか分からないというところで、躊躇してしまう空気感を感じていたんです。マネージャーやA&Rをやっている人と話すと、みんな同じような気持ちがあって、特にマネージャー陣はアーティストと365日をともにするので、全然そんな時間がないんですよ。この新人発掘を社内でどうにか仕切り直したいと思ったのは根本としてあります。
千々和
現在highlightを担当されているのは今井さんを含めて8名いらっしゃいますが、このメンバーは主に今井さんが声をかけていったのですか?
今井
そうですね。普段の業務が音源制作ではない人を中心に声をかけました。マネージャーの他にもデスクをやっている人もいて、1組のアーティストにつき複数名のコアスタッフを付けて分担をしているので、新人アーティストの動きが止まらないような体制を作っています。
たまこ
新人発掘はどこのレーベルでも永遠の課題だと思いますが、弊社の場合は新人発掘の部署がないので、たまたま見つけたバンドをスタッフ同士で“いいね”と話すことがあっても、実際に声をかけたりするまでの道のりもすごく長くて、すぐに踏み切れないところは感じていました。
オガチョ
僕は入社したのが2020年4月で、highlightが立ち上がったのとほぼ同時期でした。声を掛けて頂いたタイミングで実はすでにこのレーベルの第一弾アーティストであるpeanut buttersをやりたいという気持ちが強くあり、レーベルのコンセプトを聞いた時に“ここだ!”と思ったので二つ返事でスタッフになりたいと言いました。
今井
あと、新人発掘を仕切り直したいという考えから、最初はデジタルディストリビューション(デジタル配信の流通)だけをやることもいいと思ったんですけど、あと追いでやってもすでにあるサービスよりもいいものにはならないので、highlightはレーベルとしてやることにしました。また、UK.PROJECTはレーベルとして30年以上やってきているので、レーベルのほうが僕たちらしいのではないかなと。ただ、その30年の歴史は心にありつつもhighlightではフラットな状態で、どんなジャンルであろうと面白いと思うものに光を当てることをやりたいという考えです。
石田
UK.PROJECTさんの色は大切にしつつっていうことだったんですか? それとも壊すくらいでもいいから新しいものをという感じでした?
今井
完全に後者でした。UK.PROJECTの素晴らしさやブランドは自分たちなりに理解しているつもりなので、新しいレーベルとして打ち出すにはいったんそこから距離を置くというか、まっさらなところから始めたいと思いました。
石田
そのスタンスでスタートさせたhighlightを、現在の音楽シーンの中でどんな存在にしたいと思っていますか?
今井
デジタルというものを中心に考えるのはこのレーベルをやるにあたって大切にしていることです。これまでのプロモーションのやり方はリリース近辺の一極集中だったと思うんですけど、そこに縛られずに365日動き続けることが重要だと考えています。リリースを細かくするとか、SNSでの発信を細かくするとか、やり方はさまざまですが、ストリーミング上のヒットを作ることが目標であり、それが僕たちの大事な仕事だと思っているので、そのために打席に立ち続けようと思っています。今はリリースしたタイミングで勢いをつけることよりも、どのタイミングでどの曲がヒットするか分からない面白さがあると思うんですよ。打席に立ち続けて、できるだけチャンスが多くなるように動くというのが僕らの基本的な姿勢としてあると思います。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着