Nulbarich、ビッケブランカ、Vaundy
らが初開催『SOUND CONNECTION 2022
』でつないだ音楽シーンの未来

『SOUND CONNECTION 2022』2022.5.4(WED)大阪・フェスティバルホール
NulbarichビッケブランカVaundy、NIKO NIKO TAN TAN(オープニングアクト)が出演したライブイベント『SOUND CONNECTION 2022』が5月4日(水)、大阪・フェスティバルホールにて開催された。『SOUND CONNECTION 2022』は、MBSと関西のコンサートイベンターがタッグを組み、アーティスト、オーディエンスはもちろん音楽シーン全体をつなげるライブイベントで、この日は初開催にして見事ソールドアウトとなった。
NIKO NIKO TAN TAN
NIKO NIKO TAN TAN
まだ開場中のフェスティバルホールに突如現れた、音楽担当2名✕映像担当2名によるクリエイティブミスクチャーユニット・NIKO NIKO TAN TANは、Ochan(Vo.Syn.etc/作曲)のシンセとAnabebe(Dr/編曲)のドラムのツーピースというミニマムなセットで、1曲目の「パラサイト」から狂乱のビートを解放。
NIKO NIKO TAN TAN
目まぐるしく風景を変える照明と共にトリッピーな空間を作り出し、オープニングアクトながら一気に非日常へと引きずり込んでいく。「WONDER」、そして「多分、あれはFLY」と変幻自在に畳み掛けるなど、Nulbarich、ビッケブランカ、Vaundyというシーン最前線のメンツを前に、物おじすることなく己の音楽のみでダイレクトにコネクトしていく新星に、期待せずにはいられない。
NIKO NIKO TAN TAN
不可思議でメロウな「夜を彷徨う、僕の衝動」を経由し、Ochanが「今日はこんなにデカいステージに、多くの人の前に呼んでもらえて……本当にありがとうございます。今度は本編に出られるようになりたいなと、めっちゃ思いました。そのときは見に来てください!」と約束し、新曲「The Dawn」を初披露。最後の「水槽」まで、溢れる可能性を存分に感じさせたNIKO NIKO TAN TANだった。
NIKO NIKO TAN TAN
Vaundy
Vaundy
暗転と同時に沸き立つクラップに迎えられたVaundyは、1曲目の「不可幸力」からいきなり総立ちのフェスティバルホールという絶景を前に、軽やかにステップともう完璧。「踊り子」では盤石のバンドセットを背にスタンドマイクでじっくりと歌唱。続く「napori」しかり、静と動を巧みに行き来し、ハイクオリティなポップソングを軽々と連発する才能には驚異しかない。
Vaundy
「ここは3階まであるんだね……(一転、最前列に視線を送り)めっちゃ近いし(笑)。まだ足りないな~こんなにいっぱいいるのにさ。やってやるさ!」なんて人懐っこいMCから流れ込んだ切なきミドルチューンにして新たな名曲「恋風邪にのせて」といい、圧倒的なスケールとエモーションで包み込む「しわあわせ」といい、さまざまなベクトルで聴く者をうならせるオールラウンドな楽曲群には、衝撃と感動がない交ぜになったような感情が飛来する。そう、この体験=Vaundyなのだ。
Vaundy
それを受け取った観客の気持ちを反映したかのような長い長い拍手を受けて、「いいじゃん、温まってきたじゃん」とはVaundy。「今日は呼んでいただきありがとうございます、トップバッターをやらせていただいてます。でも、ここで体力を使い切ってもらって大丈夫です(笑)。楽しんでくれるかい!?」と、スウィートな轟音がいざなう「裸の勇者」でブチ上げてからの代表曲「東京フラッシュ」と、音楽で快楽の渦へとのみ込んでいく容赦なきライブアクトぶり。
Vaundy
「時間が過ぎるのは早いね、この後もたっぷり先輩たちが出るから、楽しんで帰ってくれよ」と言いつつ、「花占い」でも後に控えるその先輩たちを脅かすほどに充実したステージを展開し、「またどこかで会おうぜ。走ろうぜ一緒に」と、ラストは躍動感と疾走感に胸を貫かれる「怪獣の花唄」を。少しでも目を離せば、セットリストのアンセムが様変わりするようなスピードでシーンを駆け抜けるVaundy、末恐るべし!
Vaundy
ビッケブランカ
ビッケブランカ
あの『ライオン・キング』のテーマでおなじみの「Circle of Life」のSEに背中を押され、一人また一人と立ち位置についていくバンドメンバーの最後に、花の模様があしらわれたブルーグレーのセットアップにキャップ姿の真打ち、ビッケブランカが登場! 初っぱなからキラーチューンの「Shekebon!」でド派手なライティングもろともフックアップし、フェスティバルホールにハンズアップ✕ジャンプというライブハウスさながらの熱狂を創出。「Slave of Love」では自ら鍵盤を奏で、流麗なファルセットボイスを高い天井にまで響かせる。雨のように降り注ぐ拍手を一身に受けたビッケは、「Want You Back」でもその熱量を引き継ぎ、ワンマンライブばりの親密度を作り上げていく。
ビッケブランカ
「『SOUND CONNECTION 2022』、フェスティバルホールに来てくれてありがとうございます~! 心から楽しみにしてたので、僕がこの中で一番うれしいと思う(笑)。満員のフェスティバルホール……僕も前にツアーでやりましたけど、まだコロナで制限があったから。でも、今日はいっぱいいるじゃん? あと、NulbarichのJQ(Vo)さん、バウくん(=Vaundy)が大好きですし、そんなみんなと一緒にやれるのもうれしいですよね。ここからは僕が頑張って歌って、楽しいニュースも伝えるので、せめて僕と同じくらい皆さんも幸せに、もし良ければ僕以上に幸せになってくれたら。そのためにここに来たから。最後まで一緒に楽しみましょう! (大きな拍手を受けて)とてもいい景色。つい最近出した曲で、珍しくストレートに歌えた曲があるので、それを聴いてもらおうかなと思います」

ビッケブランカ

ヨーロピアンワッフルサンドのTVCM曲としても話題の「アイライキュー」は、ピュアな思いが閉じ込められた珠玉のラブソング。その温かなメロディに心地良さそうに身を委ねる客席をじっと眺め、「十分なんですよ、こうやって見つめ合うだけで。拍手をもらうのがこんなにも幸せなことだと、ここ2~3年で改めて気付かされました。その恩返しとして僕もここで一生懸命歌ってるんですけど、そういうことがもうすぐいい感じの終着点に着きそうな感じがするので、その日を楽しみに」と語るビッケ。

ビッケブランカ

そして、「また9月9日(金)には自分のツアーでフェスティバルホールに来るので、そのときはもう5分ぐらい見つめ合って(笑)。また会いましょうね。最後にちょっとお付き合いください、準備はいいでしょうか!?」と、いつも以上にスケールアップしたロックオペラばりのイントロから突入した「Ca Va?」で、会場は再びヒートアップ! その後も「ファビュラス」「ウララ」とアッパーなナンバーの連続で、最後の最後までとことん盛り上げたビッケブランカが、最高のバトンをNulbarichへと渡した。
ビッケブランカ
Nulbarich
Nulbarich
静寂と暗闇を抜って現れた6人のシルエットが浮かび上がる中、「ずっとみんながブチ上がってるのを見てたんで、期待してます。今日はよろしくお願いします」とNulbarichのJQが告げ、バンドの強靭なグルーヴを堪能できるオープニングから「何も考えず、感じたままに踊ってください」と「TOKYO」へ。冒頭からラフなたたずまいで伸びやかな歌声を聴かせるJQが、まるで自分の部屋にいるかのようにリラックスした表情で音楽を届けていく。3階席までびっしり埋まったフェスティバルホールを見上げ、「踊れる曲をいっぱい持ってきたんで、落ちないでね(笑)。気を付けてね」とほほ笑みながら、「ain’ t on the map yet」でもイベントのクローザーという大役へのプレッシャーなどみじんも感じさせず、「縛られてるのは声の制限だけなんで。自分たちのペースで、自分たちのスペースで、新陳代謝を上げていこうじゃないですか」と、音のみならず言葉でも高揚感をもたらすパフォーマンスはさすがだ。
Nulbarich&Vanudy
「うわさによると、Vaundyのライブで体力を使い切ったんでしょ? みんな今は灰ですね(笑)。素晴らしいアーティストの中、出させていただいてマジ感謝! でも、Nulbarichを知らない人もまだ多いと思うので、皆さんを灰にした責任を取ってもらおうかな?」と、ここですでに出番を終えたVaundyを再び呼び込むサプライズも! リスペクトと愛に満ちた関係性での「ASH feat. Vaundy」は、間違いなくこの日一番のハイライトに。「(サビで)「灰にして~♪」と歌う前に、もう灰にしちゃったじゃん!」とJQがいじるとVaundyもどこかうれしそうで、そのやりとりには思わず場がにぎわう。
Nulbarich
ここで深紅の光とエモーショナルなギターソロが見る者をひときわ高ぶらせ「Lonely」へ。さらには、満場のハンズアップと激情のピアノソロがさらにその熱を上乗せ。「最高の夜でしたね。またどこかで会えますように」とのJQの言葉に深くうなずいた人も多かったことだろう。踊らずにはいられない「Break Free」では、灰をも燃やし尽くすようなグッドヴァイブがフェスティバルホールを包囲する。
Nulbarich
「こんな世の中ですが、どうこのサイクルから抜け出すのか。おそらく新しい何かが始まるんでしょうね。超カオスじゃん今。だから世の中が多分一回ぶっ壊れるんですよ。そこで強い意志を持った人たちがまた立ち上がる。今日みんながここに来たみたいにね。アーティストへのLOVEでいろんなことをかいくぐって、ここに来たわけじゃないですか? だからこうやってすごいパワーが……って語っちゃった(笑)。俺らはこの曲で始まって、また2022年、突っ走っていきます!」
Nulbarich
全てのMCがフリーに見えてしっかり時代と楽曲ともシンクロする、そんな「粋」がライブの随所からにじみ出るNulbarichが掲げたのは「NEW ERA」。「素晴らしいアーティストの中、出させていただいてマジ感謝!」とは数分前のMCだが、紛れもなくNulbarichもそうと思い知らされた至福の時間も間もなく終了へ。最後の「STEP IT」では満員御礼ソールドアウトのフェスティバルホールをとことん揺らし、『SOUND CONNECTION 2022』を締めくくったNulbarichだった。
Nulbarich
なお、次回の『SOUND CONNECTION』は「GREAT RESPECT」をテーマに、昨年、再始動したFUNKY MONKEY BΛBY’ SとCreepy Nutsによるツーマンイベントを、7月2日(土)大阪・大阪城音楽堂にて開催する。
取材・文=奥“ボウイ”昌史 撮影=渡邉一生

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着