松本隆作詞活動50周年トリビュートアルバム第一弾参加アーティスト

松本隆作詞活動50周年トリビュートアルバム第一弾参加アーティスト

松本隆、
トリビュートアルバムの発売
&参加アーティスト第一弾を発表!
池田エライザ、GLIM SPANKY、
DAOKO、三浦大知、宮本浩次も参加

作詞活動50周年を迎えた作詞家・松本隆のトリビュートアルバムが7月14日(水)に発売されることが決定した。

プロデューサーには数々のビッグアーティストのサウンドプロデュース、アレンジを手がける亀田誠治が起用され、第1弾の参加アーティストとして池田エライザGLIM SPANKYDAOKO三浦大知宮本浩次の5組が発表された。

1970年に伝説のロックバンド・はっぴいえんどのドラマーとしてデビューして以来、これまで400組近くのアーティストに2100曲以上の歌詞を提供。シングルの総売り上げはおよそ5000万枚、ヒットチャート1位を記録した楽曲は50曲以上、と多くの人々の心に様々な風を吹かせてきた松本隆の言葉たち。今回の企画は、日本の音楽史に数々の金字塔を打ち立ててきた松本隆の作詞活動50周年を記念して、幅広い世代の日本のトップアーティストが集まり、時を越えて愛される松本作品をカバーするアルバムだ。

アルバムのプロジェクトは2019年末からスタートした。20年のコロナ禍によりアーティストブッキングや制作スケジュールが大きな影響を受けたが、同年11月からついにレコーディングがスタート。現在も7月の発売に向け順調に制作が進行している。

自身も松本隆を敬愛するプロデューサー・亀田誠治によって指名されたアーティストで今回第一弾として発表されたのは、女優や映画監督としても幅広く活躍する池田エライザ、男女二人組ロックユニット・GLIM SPANKY、米津玄師プロデュース「打上花火」がヒット、バンド編成のライブが注目を集めるDAOKO、日本トップクラスの実力派ボーカリスト・三浦大知、ロックバンド・エレファントカシマシのボーカリストで、ソロとして昨年リリースしたカバーアルバムが大ヒット中の宮本浩次、の5アーティスト。松本隆の作品を歌い継ぎ、次の世代へと繋いでいくことができるアーティストたちだ。収録曲については、1984年に呉田軽穂(松任谷由実のペンネーム)が作曲した薬師丸ひろ子のヒット曲「Woman”Wの悲劇“より」を池田エライザがカバーすることが発表された。松本は薬師丸ひろ子、綾瀬はるか小泉今日子斉藤由貴中山美穂松たか子ら多くの女優にこれまで歌詞を提供してきたが、池田エライザがカバーする「Woman”Wの悲劇“より」はその系譜を継ぐ1曲となりそうだ。そして早速そのレコーディング映像がアルバム特設サイトで公開されている。

その他のカバー楽曲は今後発表される予定であるが、誰もが知る大ヒット曲をカバーする予定とのこと。また、今後順次発表されていくさらなる参加アーティストにも注目だ。

さらに初回限定生産盤にはCD&LPに加え、松本が歌詞を提供したアーティストとの対談やソロインタビューのほか、楽曲をイメージした撮り下ろしグラビア、描き下ろし短編漫画、様々な切り口で松本隆の詞の世界を表現したコラム等で構成される100ページ以上の雑誌仕様の豪華特典本が封入される予定だ。詳細に関する続報に大いに期待したい。

池田エライザ「Woman」歌唱映像

アルバム『松本 隆 作詞活動50周年トリビュートアルバム』2021年7月14日(水)発売
    • 【初回限定生産盤】(CD+LP+豪華特典本)
    • COZP-1747-1748/¥11,000(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • COCP-41453/¥3,300(税込)
    • ※全曲配信予定
池田エライザ
GLIM SPANKY
DAOKO
三浦大知
宮本浩次
亀田誠治
松本隆

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着