Dance SystemとUKテクノ・レジェンド
Mark BroomによるコラボEPリリース

Dance System aka L-Vis 1990がUKテク・ノシーンのレジェンド、Mark BroomとのコラボレーションEP『Back To Business EP』を本日1月28日(木)にリリースした。
Hudson Mohawke、India Jordan、A-Trak、DJ Deeon、Sally C、Herbert、UNIIQU3などのアーティストが参加した、全曲コラボレーション楽曲からなるミックステープ『Where’s The Party At?』を昨年11月にリリースし、ダンス・ミュージック・シーンで大きな注目を集めたDance System。

今回のコラボレーションに際してDance Systemは「Mark Broomは僕のヒーローだよ! 僕は彼と一緒にこのEPをリリースできることに非常に興奮しているんだ。『Never Ever』はディスコとテクノを魅力的にミックスした1曲、そして 『Back to Business』はハードでダークなテクノファンクだ」とコメントしている。

また、それに応じるようにMark Broomは次のようにコメント。「私は以前からDance Systemの作品を支持しており、今回のコラボレーションで彼と一緒に仕事ができたことは本当に光栄なことだ。私たち2人の良い部分が上手く組み合わさり、ファンキーでヒップな曲を作れたと思う」。

なお、今作『Back To Business EP』はDance System主宰レーベル〈System Records〉からのリリースとなる。


【リリース情報】

Dance System & Mark Broom 『Back To Business EP』

Release Date:2021.01.28 (Thu.)
Label:System Records
Tracklist:
01. Dance System & Mark Broom – Never Ever
02. Dance System & Mark Broom – Back To Business

■Dance System: Twitter(https://twitter.com/dancesystem) / Instagram(https://www.instagram.com/dancesystem/)

■Mark Broom: Twitter(https://twitter.com/markbroom) / Instagram(https://www.instagram.com/markbroom/)

■System Records: オフィシャル・サイト(https://www.systemrecords.uk/) / 日本公式Twitter(https://twitter.com/SystemRecordsJP)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』