2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:ヤオタケシ)

2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:ヤオタケシ)

【04 Limited Sazabys
ライヴレポート】
『YON EXPO'20』Day2
2020年11月29日
at 愛知・Aichi Sky Expo
(愛知県国際展示場)

2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:ヤオタケシ)
2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:瀧本"JON…"行秀)
2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:瀧本"JON…"行秀)
2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:瀧本"JON…"行秀)
2020年11月29日 at 愛知・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(撮影:瀧本"JON…"行秀)
 04 Limited Sazabys(以下、フォーリミ)が11月28日と29日に地元・愛知県のAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて開催した単独公演『YON EXPO'20』。結論から言うと、2日目は初日とは別物と言える内容になった。バンドも緊張感が解れたのだろうか、ドシッとした安定感が備わり、この場所を心底楽しんでいるような余裕さえ垣間見られるパフォーマンスを展開した。

 初日同様に機内アナウンスを経て、「Feel」「Warp」と聴かせる楽曲でスタート。1日目は疾走感に長けた速いビートの楽曲が多かったけれど、この日は歌メロ主軸のメロディアスな曲調で攻め、それがまた幕張メッセを彷彿させる愛知国際展示場という大バコにもマッチしていた。

 “心のステージダイブは許す”とGEN(Vo&Ba)が言うと、15年に出たメジャー1stアルバム『CAVU』の表題に触れ、航空用語で“CAVU=視界良好”という意があることを説明。その作品から「days」を放ち、キャッチーな魅力を存分に発揮する。めっちゃ久しぶりにやると前置きして「medley」を挟んだあと、スクリーンにプラネタリウムのような幻想的な照明をバックに「midnight cruising」を披露。初日もプレイされたが、何度聴いても夢見心地に浸れるロマンチックなナンバーに観客も大盛り上がり。

 “4月に配信ライヴをやったけど、肌に合わなくて。昨日はエモ散らかして…みんながいないと輝けない”とGENは観客がいて、初めて自分たちの存在意義があることを報告。そして、重厚なコーラスで援護射撃する「Milestone」、ロックンロール調の「mahoroba」とつなぐと、ここでアコースティック・セットへ。「Horizon」「soup」の2曲を披露し、GENの少年声にうっとり聴き入った。  

 空港ドラマ風コントを挟み、“ここから夜間飛行に入る。揺れますけど、付いてこれますか?”とMCを入れて「Night on」に移る流れも最高だ。それから「Letter」「Shine」「hello」と歌ものナンバーを続け、“活休明けで、俺、歌うまくなってない?”とGENが呟く。筆者もそれには激しく同意した。今日は彼の艶やかな歌声に吸い込まれる場面も多く、改めていい曲を多く持つバンドの強味を実感するばかりであった。さらに彼は観客はもちろんのこと、周りのスタッフにも恵まれていることを告げると、思わず零れる涙をタオルで拭うシーンもあった。こうした弱さを曝け出せるようになったのも強くなった証であり、また、自分たちを応援してくれるファンを心の底から信頼しているからに違いない。  

 本編を「Squall」「Terminal」で終えると、アンコールでは“ここが俺の居場所、フォーリミは鳴り止まない。みんなの未来に光が射しますように”と添えて、「swim」「Give me」「Remember」と3連打の大盤振る舞い。ラスト一曲まで生きるパワーを貰える歌声と演奏にひどく感動した。  

 2日間に及ぶワンマンを観終えて、両日ともに色合いの異なるステージとなったものの、途轍もなく人間臭いフォーリミに触れられたという意味では共通していた。喜怒哀楽を投げ打ち、柔と剛の表現力を全開放したパフォーマンスは記憶の奥底に深く残るものだった。替えの効かないフォーリミらしさ満点のショウを観て、彼らのことをより一層好きになったファンがほとんどではないかと推測する。それほど、久々に観た彼らのライヴは人間的な魅力にあふれ、観る者をグッと惹きつける生命力に満ちていた。早くまたフォーリミのライヴを観たいーーそれが今の率直な感想だ。

撮影:ヤオタケシ、瀧本"JON…"行秀/取材:荒金良介

■『YON EXPO'20』Day1のライヴレポートはこちら
https://okmusic.jp/news/406472

セットリスト

  1. 1. Feel
  2. 2. Warp
  3. 3. climb
  4. 4. days
  5. 5. nem…
  6. 6. medley
  7. 7. midnight cruising
  8. 8. Jumper
  9. 9. fiction
  10. 10. Milestone
  11. 11. mahoroba
  12. 12. Horizon(Acoustic Ver.)
  13. 13. soup(Acoustic Ver.)
  14. 14. Night on
  15. 15. monolith
  16. 16. Alien
  17. 17. Utopia
  18. 18. Letter
  19. 19. Shine
  20. 20. hello
  21. 21. Squall
  22. 22. Terminal
  23. <ENCORE>
  24. 1. swim
  25. 2. Give me
  26. 3. Remember

■DAY2 – SETLISTプレイリスト

04 Limited Sazabys プロフィール

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。04 Limited Sazabys オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着