さよひめぼう、ニュー・アルバム『A
LIEN GALAXY MAIL』10月リリース決定
 imai、パ音らからのコメントも

インターネット上をメインに活躍するプロデューサー、さよひめぼうがニュー・アルバム『ALIEN GALAXY MAIL』を10月21日(水)にリリースすることが発表された。

アトランタの人気ヴェイパーウェーブ・レーベル〈PLUS100 Records〉、米ネット・レーベル〈BusinessCasual〉からの作品リリースや、〈Maltine Records〉からEP『深圳DIVA』(2019年)を発表するなどして注目を集めるさよひめぼう。

The Gift from Neon Planet by SAYOHIMEBOU(https://plus100.bandcamp.com/album/the-gift-from-neon-planet)

卡拉OK♫スターダスト東風 by SAYOHIMEBOU(https://music.businesscasual.biz/album/ok)

今作はライブ・テイクの勢いを大きく反映させ、今までのベッドルーム・ミュージック的なアプローチから、踊ることを主軸に置いたダンス・ミュージックへと進化した作品とのこと。国内外で注目を集める横浜育ちのビートメーカー・ΔKTRがプロデュース、マスタリングをISSUGIや仙人掌、KID FRESINO、JJJ、C.O.S.A.らの作品への参加でも知られるプロデューサー/ビートメーカーのAru-2が担当。アルバム・デザインはtofubeatsのアートワークや、〈PUMA〉とのコラボレーションなど、幅広い分野で活躍するGraphersRockが手がけている。

なお、本作へ向けてimai(group_inou)、SEKITOVA、パソコン音楽クラブなどからの推薦文も到着。さらに、9月24日(木)には東京・表参道WALL&WALLにて行われる配信プログラム『P.O.M.P.』への出演も決定している。

【imai(group_inou) コメント】

初めてさよひめぼうさんの曲を聴いた時はバックグラウンドが全然見えなくて、本当に宇宙人かと疑いました。

今作はそんなさよひめぼうさんが地球で活動を始めて、あらゆるトラックメイカーと共演する事で言語を習得し、最強バイリンガルになったような印象を受けました。

さよひめぼうさんは地球年齢だと僕より先輩にあたるのですが、「今が一番楽しい」と仰られていて、とても感動しました。
また共演してフロアをめちゃくちゃにしましょう!
特大リスペクト!!!!!

【SEKITOVA コメント】

とにもかくにもリリースおめでとうございます!パソコン音楽クラブの企画で初ライヴを拝ませてもらってからはや3年、当時のVaporwave meets IDM的なカオスの連打から深圳DIVAあたりでの言語感覚の獲得によるポップな狂いと、そこに込めたインスピレーション元への私的な敬愛を同時に覗き見ることができる面白いアルバムでした。毎作ごとに恐る恐る拝聴させていただいております。今後とも油断も隙もならない音楽を楽しみにしています!

【柴田(パソコン音楽クラブ) コメント】

蛍光色のエイリアンと毒ミッキーが融合・分裂し続けるトリップの中で、縦横無尽に跳ね回るのは、過剰なまでにケミカルな音の塊。背後から迫ってくる音響生命体は、おしゃべりのようにアーメンブレイクのスネアを打ち出し続けている。このコミュニケーションの成立しない銀河に、人間の出る幕は勿論ない。

【西山(パソコン音楽クラブ) コメント】

さよひめぼうさんは、その初ライブが僕の所属するパソコン音楽クラブ企画の小さなイベントだったと思います。
その日、それまでにさよひめぼうさんの音楽を聞いたことのある人は少なかったと思いますが、様々な音楽の影響を感じさせつつも誰にも真似できない唯一無二の圧倒的なサウンドを聴き、そこに居合わせた全員がこれはとんでもないことになるんじゃないか、と物凄いワクワク感を感じたのを覚えています。それ以降も要所要所でご一緒し、僕はいつもその音楽に圧倒され続けてきました。
そんなさよひめぼうさんが今作ついに全国流通盤を出されるとのことで、本当に嬉しいです。
今作は当初からのIDM・ブレイクコア的ビートの持つ疾走感を引き継ぎつつも、声ネタや音選びなどから、過去作に比べてよりキャッチーな印象を感じました。しかしながら不思議な位相感や浮遊感のある調性など、抜群のオリジナリティは健在です。初めてさよひめぼうさんの音楽を聴く人に寄り添いつつも、体験したことのない聴了感を感じさせてくれる作品だと思います。


【リリース情報】

さよひめぼう 『ALIEN GALAXY MAIL』

Release Date:2020.10.21 (Wed.)
Label:P-Vine
Tracklist:
1. 拝啓 聖 猫娘
2. NEO ICE AGE
3. GALAXY MAIL
4. Runway
5. ON-GAKU
6. Camouflage i-Land
7. Spam Trap (ハニーポット)
8. Summer Skate Link
9. AFRICA Mickey Museum
10. 1998-2050 (Memphis)


【イベント情報】

『P.O.M.P.』

日時:2020年9月24日(木) START 21:00
配信:Streaming+
料金:¥1,000
出演:
さよひめぼう

チケット(e+)(https://eplus.jp/sf/detail/3312360001-P0030001) :〜9月24日(木)23:00

※チケット販売会社「e+」による有料ストリーミングサービスです。e+会員の方はこれまで通りの方法でチケットを購入することができます。
※チケット購入決済終了後に視聴用URLがご購入者様みなさまにご案内されます。
※視聴可能期間:配信翌日23:00まで
(配信後に再配信処理を行いますので30~60分程度あけてからのご視聴を推奨いたします)
※企画趣旨上チャット欄はございません。

■ イベント詳細(http://wallwall.tokyo/schedule/pomp0924/)

■さよひめぼう: Twitter(https://twitter.com/sayohimebou) / SoundCloud(https://soundcloud.com/sayohimebou)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着