シス・カンパニー『あなたの目』が開
幕、小林聡美・八嶋智人・野間口徹ら
からコメント到着

シス・カンパニー『あなたの目』(演出:寺十吾、出演:小林聡美、八嶋智人、野間口徹)が、2020年9月22日(火祝)に東京・初台の新国立劇場小劇場で開幕した。
この作品は、『ピサロ』『エクウス』『アマデウス』などで広く知られる、英国の劇作家ピーター・シェーファー(1926-2016)の手掛けた男女混合の三人芝居『わたしの耳』&『あなたの目』二作品連続上演という企画において、9月18日に幕を閉じた第一弾の『わたしの耳』(演出:マギー、出演:ウエンツ瑛士、趣里、岩崎う大)から、しっかりバトンを受け継いだ形の第二弾となる。
1962年にシェーファーが発表した両作品、それぞれの物語同士は全くリンクしない独立した戯曲だが、両作品に描かれているのは不器用だけど切なくチャーミングな人々。本作『あなたの目』も、この「ディスタンス」を意識する現代にあって、人との心の距離の取り方にハッとさせられる、「今」を映した作品となっている。
『あなたの目』  (撮影:宮川舞子)
ギクシャクした夫婦関係に第三者の視線を注ぐ探偵が繰り広げる、男女3人のビターなコメディに仕上がっている本作品に出演するのは、2年ぶりの舞台出演となる小林聡美、このコロナ禍での公演中止を経験してから初めての舞台に立つ八嶋智人、野間口徹の3人の巧者たち。それぞれが「これまでの役者人生で一番の台詞量!」と口にしつつ、寺十吾演出の下、じっくりと稽古に向き合ってきた。

『あなたの目』STORY
ロンドンの閑静な地区に立派な会計事務所を構えるチャールズ(野間口徹)。絵に描いたような中産階級出身のお堅い彼のもとに、ちょっと風変わりな男が訪ねてきた。いぶかしがるチャールズに、回りくどく訪問の目的を話し出すこの男ジュリアン(八嶋智人)は、実は探偵。しかも、チャールズ当人が、自由奔放な妻ベリンダ(小林聡美)の素行を疑い、昼間の尾行調査を依頼した 探偵事務所の調査員だったのだ。ここ1か月間のベリンダの行動調査の結果を、これまた回りくどく説明するジュリアンに苛立つチャールズ。ジュリアンによれば、ベリンダは不貞こそ働いていないが、毎日あてもなく、ロンドンの街を歩き回っていて、行く先々で、静かに微笑みを交わし合う男の存在があるという……。そこに突然、ベリンダが会計事務所に現れた!そして、つい数週間前から、言葉も交わしたこともないある男との出会いによって「生き返る」ような思いをすることができたと話し始めた……。夫婦の関係に第三者が目が介入することで明らかになる人間関係の真実とは?

なお、この作品は、9月26日(土)の昼夜2ステージでライブ配信も実施する。シス・カンパニーは『わたしの耳』で初めてライブ配信に挑戦したところ、まだ劇場に行くこと自体を躊躇していた人、遠方で東京行きを断念した人、そして、演劇初体験の人々などから、大きな反響があったという。それらの声と前回の経験を踏まえ、今回も『あなたの目』の配信をイープラスのStreaming+を利用して、しっかりとおこなっていく、とのこと。
『あなたの目』  (撮影:宮川舞子)
演出家ならびに出演者3人のコメントが届いたので、以下に紹介しよう。
■上演台本・演出:寺十吾(じつなしさとる)
ステイホームで家族と四六時中顔を合わせ、他人とはソーシャルディスタンスにリモート会議。人々の距離について今一度考えさせられる今日この頃にピッタリの作品です。
「パブリック・アイ」「第三者の目」、つまり自我を忘れ、神のように「ただ見はるかす事」の出来る探偵が倦怠期の夫婦に素敵な距離感を提案するお話。最後までごゆっくり見て楽しんでやってください。
■出演:小林聡美(こばやしさとみ)
日常に流されてつい見過ごしてしまう、大切な人の表情や言葉の意味。それらすべて掬いあげることは難しいけれど、大切な人を真っ直ぐに見つめることのできる八嶋くん演じるジュリアンのような目を持てたらいいなと思います。そんな「あなたの目」に背中を押されて、誰もが勇気をだして新しい一歩が踏み出せたら、どんなに素敵でしょう!言葉より黙って見つめることでうまくいくのだとすれば、今回の3人は喋りすぎましたね。でも楽しかった!
■出演:八嶋智人(やしまのりと)
このご時世に客席に来て下すった皆様ありがとうございます♥このご時世だからこそ舞台にいる小林聡美さんと野間 口徹くんとスタッフの皆さんありがとうございます♥60 年前のロンドンを舞台に書かれた戯曲にも関わらず、そしてコロナ禍であるにも関わらず、シニカルにユーモラスに僕らを魅了する物語なのは、時代が劇的に蠢く時に人の心が露呈し、「ディスタンス」ってヤツを目の当たりにするからなのでしょう。今日はそれを楽しんでくださいませ♥
■出演:野間口徹(のまぐちとおる)
稽古前に読んでいた台本と、寺十さん演出の手にかかった世界は全く違いました。人間を知っている人と知らない人でこんなにも違うのか!?なんて浅はかだったのか、、、と思ったほど。とにかく普段からあまり声を荒げない人間なので、チャールズの怒りに向き合うのに苦労しましたが、じっくりと稽古を重ねて精度を上げてきました。 オトナな3人の心の機微を、舞台上で細やかに丁寧に表現したいと思っています。
小林聡美、八嶋智人、野間口徹

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着