NGT48出演 富山県射水市を舞台にした
青春映画「#放生津カンタータ」ドラ
イブインシアター上映会開催

8月8日 9日 海王丸映画祭2020

新潟県を活動拠点とするAKB48の姉妹グループ・NGT48のメンバーが主演および出演した映画「#放⽣津(ほうじょうづ)カンタータ」のドライブインシアター特別上映会が、8⽉8 ⽇(⼟)・9⽇(⽇)に開催される「海王丸映画祭2020」にて実施される。チケットは7⽉16⽇(⽊)より販売開始。
古舘葵 ©️#放生津カンタータ製作委員会

古舘葵 ©️#放生津カンタータ製作委員会

安藤千伽奈・三村妃乃・小越春花 ©️#放生津カンタータ製作委員会

安藤千伽奈・三村妃乃・小越春花 ©️#放生津カンタータ製作委員会

「#放⽣津カンタータ」映画概要

ストーリー:
富⼭県射⽔市にある⻑閑な漁師町に住む古⽥那古(三村妃乃)は⾼校卒業後、上京して、憧れの⾳楽の仕事を 夢に⾒ていた。東京への憧れは⽇に⽇に⾼まっていった。 那古の所属する合唱部は部員減少による存続の危機に⽴たされていた。合唱部の顧問、太⽥燈(中井りか)はOGとして伝統を絶やしたくない思いとは裏腹に時代の移ろいに為す術は無かった。

⾼三の三学期、那古は東京から来た転校⽣の⼤伴そら(古舘葵)と出会う。那古とそら、⼆⼈の織りなすカンタータが響き渡る。歌⼿になることを夢⾒る⼥⼦⾼⽣・那古(なご)ピアノを弾くことに迷う転校⽣・空(そら)⽇本のベニス“内川放⽣津”を舞台に何に向き合い、どんな⼈⽣を描くのか?

キャスト: 三村妃乃、古舘葵、安藤千伽奈、小越春花、中井りか ほか
監督・脚本: ⾦森正晃
HP: https://houjyouducantata.net/
三村妃乃 ©️#放生津カンタータ製作委員会

三村妃乃 ©️#放生津カンタータ製作委員会

中井りか ©️#放生津カンタータ製作委員会

中井りか ©️#放生津カンタータ製作委員会

上映会実施概要

実施⽇時: 2020年8⽉8 ⽇(⼟)、9 ⽇(⽇) 両⽇とも〈開場〉17:30〜 〈上映会〉19:30〜
(上映時間は約1時間、21:15 イベント終演予定)
会場: 海王丸パーク 駐⾞場 〈住所〉富⼭県射⽔市海王町8
⼊場料⾦: ⾞両1台 1,000円(税込)
※チケットの売上は購⼊サイトのサービス利⽤料・送料を除き、全額、富⼭県と射⽔市
が設置している新型コロナウイルス感染症対策基⾦に寄付。
収容台数: 両⽇とも100台
主催: 海王丸映画祭実⾏委員会構成:
富⼭県、射⽔市、公益財団法⼈ 伏⽊富⼭港・海王丸財団、
#放⽣津カンタータ製作委員会、⼤仏兄弟(株)、(株)チューリップテレビ
協⼒: エフエムいみず、吉本興業
チケット販売: 2020年7⽉16⽇(⽊)より開始
販売⽅法: ネットショップ「TOY HOLIC」https://toyholic.official.ec/ にて販売
販売台数に達し次第終了(先着順)
下記のそれぞれからも販売サイトへのリンクバナーあり。
・海王丸映画祭 ホームページ https://kaiwomaruff.net
・チューリップテレビ ホームページ https://www.tulip-tv.co.jp/
古舘葵 ©️#放生津カンタータ製作委員会

古舘葵 ©️#放生津カンタータ製作委員会

三村妃乃 ©️#放生津カンタータ製作委員会

三村妃乃 ©️#放生津カンタータ製作委員会

©️#放生津カンタータ製作委員会

©️#放生津カンタータ製作委員会

安藤千伽奈・三村妃乃・小越春花 ©️#放生津カンタータ製作委員会

安藤千伽奈・三村妃乃・小越春花 ©️#放生津カンタータ製作委員会

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着