ナオ(首振りDolls)、ガラ(メリー)

ナオ(首振りDolls)、ガラ(メリー)

首振りDolls ナオ(Dr&Vo)と
ガラ(メリー)の対談を実施

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、多くのアーティストやバンドが、開催予定であった公演の中止や延期を決めた。今回ゲストに迎えたガラがヴォーカルを務めるメリーもだ。メリーは今年の2月1日にギターの健一が5月を以って脱退する事を発表し、ファンをはじめ、メリーに関わる多くの者達に、その先のメリーの活動を憂虞させた。1度もメンバーチェンジをすることなく結成から19年を迎えたバンドからの脱退の発表は、並大抵の決断ではないことが計り知れる為、受け取る側の心境も相当である。

彼らは後日、5人での最後のツアーを告知したのだが、その直後に新型コロナウイルス感染症の影響等を鑑み全ての業種に自粛が言い渡され、更に4月7日に緊急事態宣言が発令されたことで、“5人での最後の全国ツアー”『5 Sheep Last Tour』の延期を余儀なくされたのだ。他ならぬ“5人での最後の全国ツアー”の延期はガラ達にとって如何なるものだったのか。そして、約1年半前にメンバー脱退を経験したナオは、現在のガラの心境をどう受け止めているのか。今年の2月21日に行われたナオ主催のアコースティックライブ『釘裂〜メリーに首ったけ〜acoustic & talk live〜』(大阪千日前・紅鶴)での共演を振り返りながら、久しぶりにじっくりと向き合って話してもらった。

こんな時だからこそ、
チャンスを感じていたりもする

ナオ(首振りDolls)、ガラ(メリー)

ナオ(首振りDolls)、ガラ(メリー)

――2人が会うのは久しぶり?
ガラ:そうだね。今年の2月にナオにアコースティックライブイベントに呼んでもらって、それからすぐに対談したいねって話になっていたんだけど、コロナで流れちゃって。
ナオ:そうでしたね。本当に何もかもが止まっちゃいましたからね。
ガラ:本当にそうだね。
ナオ:2月21日にガラさんと大阪でアコースティックライブ(大阪千日前・紅鶴で行われた『釘裂〜メリーに首ったけ〜acoustic & talk live〜』)させてもらったあたりも、なんか不穏な空気は既にあっというか。
ガラ:そうね。まだ自粛まではいかずとも、あまり軽視出来ない状況にあることは言われはじめていたからね。ナオと大阪でライブしてから、メリーとして1本都内でイベントやって、3月1日にアコースティックで1人で出て以来、全くライブしてない。ナオは?
ナオ:私は、ガラさんとアコースティックライブをソロでやらせてもらって、28日に首振りDollsで初めて仙台でワンマンをしたのを最後に3ヶ月ライブしてないですね。28日のライブもやるかやらないかすごく迷ったんですけど、初めて行く土地でのワンマンだったんで、ぶっちゃけソールドアウトしていなかったこともあり、ハコの方と相談して、衛生面を強化して頂きつつ、この人数ならってところで最前の注意を払って決行したんです。
ガラ:そっか。でも、ホント、改めて振り返ってみると3ヶ月ライブしてないんだね、俺達。こんなこと無いでしょ? 今まで。
ナオ:無いです無いです。最初、2、3週間ライブが出来ないだけで、“バンド人生の中で、こんなにライブしなかったこと無いよ〜!”って思ってたのに、まさかそこから3ヶ月もライブ出来なくなる状況が待ってたなんて、思いもしなかったですからね。
ガラ:本当だね。今やもう、いつライブが出来るか分からない状態だからね。
ナオ:そうなんですよね。なんか、試されている気すらしてきますよね。
ガラ:そうだよね。変わらないといけない節目に来てるからね。
ナオ:でも、こんな時だからこそ、チャンスを感じていたりもするんです。首振りDollsは、約1年半前にメンバーチェンジがあって、新たにバンドが生まれ変わって、まだまだ始まったばかりのバンドなので、ここからのし上がっていかなくちゃいけないバンドでもあるんですけど、多くの先輩バンドもオーバーグラウンドで活躍されているバンドも、今回の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、同じ状況に立たされることになった訳じゃないですか。こんな言い方したら、おこがましいかもしれないですけど、“出来ること”“やれること”が同じになったというか。この状況の中で、俺たちみたいなのがいろんなことを勉強させてもらいながら、参考にしつつ吸収しながらめちゃくちゃ頑張っていったら、少しでも差が埋められるんじゃ無いかなって。
ガラ:なるほど。たしかにそうなのかもしれないね。この先、今まで通りに我武者羅にライブをやってたらいいっていう時代じゃなくなって行くだろうし、アイディア次第というかね。みんな同列だから。バンド業界だけに限らず、タレントや俳優・女優、全てにおいて同じ状況だから。こんなことって、今まで生きて来た中でも経験のないことだから、誰も正解が分からない。決まった正解なんてないんだろうし。
ナオ:本当にそうですよね。

――本当に全く先が見えないけど、そんな中でも出来ること、やらなくちゃいけないことって、“歩みを止めないこと”だからね。
ガラ:そう。やり続けなくちゃね。
ナオ:そうですね。
ガラ:ナオ達なんて、上京してまだ1年経ってないんでしょ?
ナオ:7月でちょうど1年かな?

――2019年の7月10日の夜中、日付が変わった頃に九州を出発して、ハイエース1台で上京して来たんだよね。今年の7月11日で1年。
ガラ:1年ズレてたらバンドの未来は変わってたね、きっと。
ナオ:ですね。上京出来てなかったですね。でも、きっと、だからこそ、そこにも意味があった気がしてるんです。上京出来たことに意味があったのかなって。
ガラ:本当にそうかもしれないね。全部に意味があるんだと思うよ。

――そうかもね。出逢いにも別れにも意味があるんだと思う。ガラとナオの出逢いにも意味があると思う。今回、新宿を選んだのは、2人が初めて一緒にご飯を食べた場所でもあったからだよね。あれは、2018年の9月だったかな。
ナオ:そう。まだ上京前。初めてガラさんとご飯に行ってもらったのが、新宿だったんですよね。
ガラ:そうだったね。あの日、ナオはずっと俺が飲んでたお酒を、同じペースで飲んでた。それがすごく印象的で。

――そういえば、ガラに“ナオっていつもジャスミンハイ飲むの?”って聞かれたね。ガラに言われるまでそんなこと気にしたことなかったけど、ジャスミンハイ飲んでる印象ないなと思ったから、それをガラに言ったら、“やっぱり。アイツ、俺に合わせて同じお酒飲んでたんだね。同じペースで飲んでたんだよ。合わせてたんだと思う。俺に対する気遣いだったんだと思う”って。私はその言葉を聞いて、ガラもナオもすごいなって思った。そういう気遣いが出来るナオもすごいけど、その気遣いに気づいてあげられるガラは本当にすごいなって。
ガラ:いやいやいや。でも、俺が後輩の立場として気を付けて来たことを、そのときのナオがしてたから気付いたというかね。いろんな若い子たちと飲む機会もあったりするけど、あんまりそういうのなかったから、おっ、って思った。
ナオ:そんな風に思って下さってたなんて、すごく嬉しいです! 私はその日、ガラさんの全ての気遣いに一つ一つ感動してましたからね。一緒に初めてご飯に行ってもらったとき、ガラさんはイベントライブ終わりだったのに、ツアーで東京に来ていた私とのご飯に来てくれて、その後、そのイベントの打ち上げに“仲間紹介してあげるから行こう”って、私を連れてってくれたんですよね。そこには逹瑯さん(MUCCのVo)竜太朗さん(Plastic TreeのVo有村竜太朗)とか居て。そこに私を連れてってくれたのも、ガラさんの優しさだなって感じたんです。次の日、私は逹瑯さんとの対談だったから、緊張しないように、会わせてくれようと思ってくれたんだろうなって。それに、ガラさんの仲間を紹介してくれようとしたんだろうなって思ったら、本当に感動しちゃって。更に、そこのお会計までもこっそり払ってくれてて、更に! 後輩である私がガラさんのためにタクシーを止めなくちゃいけないのに、タクシーを止めてくれて、運転手さんに1万円渡して“この子送ってあげて下さい”って言ってくれて。もぉ、何、このカッコイイ人!? って、すっかり虜でしたからね。その男気に感動したんです!
ガラ:あははは。俺、そんなことしたっけね(笑)。

――ガラ、カッコ良すぎ、それ(笑)。男前だわ〜。でも、ガラらしい。先輩の気持ちも後輩の気持ちも分かる優しさと思いやりを持ってるガラだからこそ、みんなに好かれるし、愛されてるんだと思うからね。
ガラ:いやいや、そんなイイもんじゃないけどね、俺なんか。けど、俺も先輩の背中を見て育って来たから、ナオもそれを後輩が出来たときにしてあげたらいいんだよ。
ナオ:はい! 実は俺、そのときガラさんがタクシーの運転手さんに渡してくれた1万円、今も持ってるんです! 大切に取ってあって。いつか私に後輩が出来たら、その1万円で、ガラさんが私にしてくれたようにしてあげたいなって。
ガラ:うん。それでいいんだよ。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着