杏沙子

杏沙子

【杏沙子 インタビュー】
リアルを詰め込んだ曲を
集めた一枚にしようと思った

より自分の気持ちを生々しく描くことに挑戦したという2ndアルバム『ノーメイク、ストーリー』は、そのタイトル通り杏沙子の素顔を感じられる名作となっている。ひとりの女性として感じる不安や焦り、恋愛観などに共感する人も多いはずだ。今作を作ることで気づいた自分の気持ちや楽曲制作について、そして今だからこそライヴがしたいと願う彼女の言葉をどうぞ!

自分の生々しい想いを
そのまま書くことができた

今作はこれまでリリースされてきたファンタジー色の強かったものに比べて、とても等身大かつ共感できる曲が多くて驚きました。どんな心境の変化があったのでしょうか?

前作『フェルマータ』(2019年2月発表のアルバム)の最後に書いた「とっとりのうた」は、まさに私の地元である鳥取県の曲で、自分のためだけの曲を書こうと思って作ったんです。私にとってそのこと自体が挑戦ではあったんですが、リリースしたあとに、みなさんが“自分の故郷を思い出す”とか“すごく大切な曲です”と言ってくださって、本当の自分の想いをリアルに曲に落とし込んでもいいんだって思えたんですね。

それは大きな変化ですよね。

はい。さらにそのあと「ファーストフライト」(2019年8月発表)というシングル曲を書いた時、自分の生々しい想いをそのまま書くことができたんです。だからこそ今回のアルバムは自分のすっぴんのような、リアルを詰め込んだ曲を集めた一枚にしようと思って作り始めました。

自分の素顔に近づくことで、新たに発見したことも多かったのではないでしょうか?

そうですね。私はファンタジックな歌詞を書く作詞家の松本 隆さんが大好きだからこそ、憧れからそういった歌詞を書くことが多かったんです。それもあって今のような生々しい言葉を書くことに抵抗があって。でも、書いていくうちにちゃんと温度のある、生きている言葉を入れ込むことで、歌う時にとてつもない解放感を感じたんです。

「ファーストフライト」はドラマ『ランウェイ24』のための書き下ろしとなっていますが、それ以前に自分の想いをぶつけることができたんですね。

はい。書き下ろしではあるんですが、当時の自分の迷いや焦りとドラマがすごくリンクしていて、そこでいい化学反応が起きて書くことができたんです。

どんな焦りや迷いがあったのですか?

あの頃は“どうしたらもっと自分の音楽が届くのだろう?”や“私らしさとは何だろう?”とか、自分の音楽性に迷ったり焦ったりすることが多かったんです。だから、この歌詞は殴り書きのように、そのままの気持ちを衝動的に書いているんですよ。書いたあと、すごくすっきりしたのを覚えていますね(笑)。でも、今になってこの曲がものすごく自分の支えになっていて、ドラマの主人公の応援ソングというよりも私への応援になっていて驚きました。さらに、この曲を聴いてくれた人たちが“自分のテーマ曲です”と言ってくれることも多くて、より本当の自分を曲にすることが許された気がしたんです。

ラブソングに関しても、より素顔が見えている気がします。

あはは。「見る目ないなぁ」も私が実際に経験したことをもとに書いた曲なので、情景描写も含め、ものすごくリアルなものをそのまま詰め込めた曲になっています。

きっと、この主人公と4曲目の「クレンジング」の主人公は同じなんだろうなって思いました(笑)。

その通りです(笑)。ちなみに「クレンジング」は、恋に落ちる、メイクを落とす、眠りに落ちるという3種類の“落ちる”を一曲で使えたことににんまりしました(笑)。本当に直感でできたんですが、そのほうが曲として強いんですよね。

確かに、すごく耳に残ります。

アレンジをしてくださる方たちが、歌詞に忠実に作ってくれるので間違いがないんですよ。感情を全部音に変えてくださるんです。特に「ジェットコースター」はメジャーなのかマイナーなのか分からないような不安定なアレンジが、主人公の不安定な気持ちとリンクしているというか。あと、「変身」のサウンドは本当にこだわっているので、ぜひとも聴いてもらいたいですね。実は間奏に♪プリッキュア、プリッキュア〜のあのフレーズが入っていたり、仮面ライダーが変身しそうな効果音も入っているんですよ。こんなにもアレンジで遊んでもらえたことにすごくびっくりしましたし、嬉しかったです。改めて“音楽って楽しい!”って思いました。

自由度がすごく高くなりましたよね。サウンドは遊んでいますが、歌詞はすごく深いですよね。

以前、今の自分ではなくて、いっそ別の誰かに変わってしまいたいと思うことがよくあったんですね。それはきっと誰もが持っている感覚なんじゃないかと思っていて…。

本当に自分の中の気持ちを抉りながら書いているからこそ、共感度が高くなっているんでしょうね。

そうなってくれたら嬉しいですね。
杏沙子
杏沙子
アルバム『ノーメイク、ストーリー』【初回限定盤】(2CD)
アルバム『ノーメイク、ストーリー』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着