AI、20周年アニバーサリー・ミニアルバム第一弾『IT’S ALL ME – Vol.1』 が7/8発売決定

AI、20周年アニバーサリー・ミニアルバム第一弾『IT’S ALL ME – Vol.1』 が7/8発売決定

AI、20周年アニバーサリー・ミニアル
バム第一弾『IT’S ALL ME – Vol.1
』 が7/8発売決定

最新ビジュアルも公開

2020年、いよいよ20周年イヤーに突入したAIの20周年アニバーサリー・ミニアルバム・シリーズ第一弾『IT’S ALL ME – Vol.1』 が7月8日に発売することが決定した。
さらに、アート・ディレクターにとんだ林蘭を迎え、創り上げた最新ビジュアルも公開された。
デビュー以来、その歌声でジャンルや国境をボーダレスに飛び越え、人々に笑顔と感動を届けてきたアーティスト=AI。
『IT’S ALL ME - Vol.1』 はそんな彼女が今、自分自身のすべてをまとめあげたミニアルバム・シリーズの第一弾。
タイトル『IT’S ALL ME』について、AIはコメントで、タイトルに込められた想いを語っている。
【特集】本場アメリカも認めた最強R&Bシンガー・AIの魅力に迫る
https://utaten.com/specialArticle/index/3491
AIからのラブコールで林蘭とのコラボ実現
『IT’S ALL ME』の最新ビジュアルは、AIからのラブコールに応えるかたちで、アート・ディレクターに とんだ林蘭さんを迎え、最高のコラボテーションで完成した。
『IT’S ALL ME』のタイトル通り、AIのありのままの姿を表現しており、とんだ林蘭さんも「凛とした強さ、優しさ、母性…そんなAIさんのお人柄が自然に滲み出たアートワークになりました。」と語っている。
AIと とんだ林蘭さんのタッグで創り上げた最新ビジュアル、ジャケット写真は絶対に見逃せない。
収録内容と今後のツアーに期待!
さらに収録曲は、豪華タイアップ曲、話題の海外アーティストをフィーチャリングに迎えた楽曲を6曲収録したまさに“今のAI”を表現した内容となっている。
加えて初回限定盤にはそれら楽曲のミュージックビデオに加え、自宅でのセルフ撮影によるスペシャル・メッセージとアカペラメドレー(ギフト/ハピネス/Story)を収録。
そして、盟友Chocomooさんがイラストを手掛けた最新曲「ギフト」のリリックビデオも収録。
この楽曲は、現在、TBS「王様のブランチ」テーマソングとして毎週オンエアされているので、こちらも注目だ。
デビュー20周年を迎え、今秋から始まる全国ツアーでは、これまでの代表曲に加えてこれら新曲を披露する中、続くシリーズ第二弾となるミニアルバム 『IT’S ALL ME - Vol.2』の発表も控え、いよいよAIにとっての新たなるフェーズが幕開けとなる。
AIコメント
【IT’S ALL ME について】
今回のアルバムタイトルは IT’S ALL ME というタイトルにしましたが、どーいう意味かというと、今までも自分の音楽の好みがいろんなものがあって、ヒップホップからバラード、暗い曲から明るい曲まで、、と言った感じで色々あっていつも一つじゃないんですよね。
自分の格好も性格もそうですが静かにしてる時もあれば、ずっと喋ってる時もある、怒ってるのも、笑ってるのも私。そう思ってるひとも世の中に沢山いると思います。
そして自分じゃない何かを作られてでも本当の自分を出したいって人も沢山いると思います。
皆さんが本当の自分を出せてないのがほとんどだと思いますが、そんな時でもこのアルバムタイトルで本当の自分も愛して欲しいなーってメッセージも感じて欲しいと思います。
それで “IT’S ALL ME” (全て私?これも自分?w)ってタイトルにしました。
みなさん本当の自分に自信を持ってください!自分が思ってるよりあなたは最高かもw
【とんだ林蘭さんについて】
今回のジャケットは今までとちょっと違う、でも自分らしさがどこかにある感じにしたく、国内外複数のデザイナーさんのワークスを色々と見ましたがその中でもとんだ林さんのワークスになんだかすごく惹かれましてこちらからラブコールをしましておっけいいただけまして、、もう最高に嬉しかったです!
彼女と会った時にもう絶対いい感じになるって思いました!
この人にもう任せようとw そしてやっぱり素晴らしい作品ができました!!!!
本当に感謝です!!!
※20周年記念ミニアルバム『IT’S ALL ME』の第1弾、第2弾、および、新曲「ギフト」のジャケットのアートワークを担当
【Chocomooさんについて】
Chocomooちゃんとは2011年?のライブのリハーサルをやってた時にLAのスタジオで初めて紹介して頂きまして、そこから彼女の絵、イラスト、メッセージ、そして人柄に知れば知るほど好きになっていきました。
フリースタイルでもどんどん迷いなく書いていく、彼女の心の中が現れてる感じがしますね。
そんな彼女に惹かれましてライブ映像や、物販、ジャケ写やらのデザインなど色々と一緒に仕事してきてプライベートでも仲良くしてますがそんな中、今回のコロナの時期にギフトが流れ出すことになって、私が伝えたいメッセージ、Chocomooなら伝えてくれる絶対いいものになるっていつも思える人。
だから今回ギフトでもやっていただけて本当にありがたかったし、おかげで素晴らしいリリックビデオができました!!感謝!!
とんだ林蘭さんコメント
初めてAIさんとお会いする日、まだ正式にご一緒することが決まっていなかったのもあり緊張していたのですが、AIさんが現れた瞬間、不思議と気持ちが柔らかくなってリラックスしてしまいました。
想像していた通りのとても魅力的な方で、その日の帰り道はホクホクした気持ちだったのを覚えています。
もう会えただけで幸せ、と思ってしまうくらいの素敵さでしたが、改めてご一緒させていただけることが決まった時は本当に嬉しかったです。
凛とした強さ、優しさ、母性…そんなAIさんのお人柄が自然に滲み出たアートワークになりました。
「AI」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/3599
リリース情報

●2020年7月8日
20th Anniversary Mini Album
『IT’S ALL ME – Vol.1』
★◾️初回限定盤
価格:2,000円 (+税)
品番:UPCH- 29369
内容:CD+DVD
【初回限定盤特典DVD収録内容】
1.「Summer Magic」Music Video
2.「You Never Know feat. MJ116」Music Video
3.「僕らを待つ場所」Music Video
4.「ギフト」 Lyric Video (feat. Chocomoo)
5.AI’s メッセージ&スペシャルメドレー (Stay Home Version)
★通常盤
価格:1,600円 (+税)
品番:UPCH- 20554
【CD収録内容】※初回限定盤&通常盤共通
1.ギフト (TBS「王様のブランチ」テーマソング)
2.GOOD AS GOLD(ラックス「祝福の輝き」篇 CMソング)
3.Kokoro feat. Jenn Morel, Joelii
4.Summer Magic – Japanese Version (Amazon Echo CMソング)
5.You Never Know feat. MJ116
6.僕らを待つ場所(映画『AI崩壊』主題歌)
<予約&購入特典>
■UNIVERSAL MUSIC STORE予約購入・抽選特典
UNIVERSAL MUSIC STORE専用ページにて、予約購入された方の中から抽選で30名様を、
“お家で会える!AI オンライン・ミート&グリート” にご招待します。
▷初回限定盤/ミーグリ抽選特典付き
▷通常盤/ミーグリ抽選特典付き
詳細は上記ページ内にてご確認ください。
■チェーン別オリジナル購入先着特典
Amazon:メガジャケ
楽天:オリジナル・マグネットシート
セブンネット:オリジナル・缶バッヂ
■上記以外の購入先着特典
ジャケットデザイン・ステッカー
 ※一部対象外の店舗がございます。ご予約の際に、ご確認ください。
1.ギフト (TBS「王様のブランチ」テーマソング)
世界中で様々な出来事が起こり、改めて人々が価値観を見つめ直す機会が増えた2020年に20周年を迎えたAIから届いた“ギフト”は、大切な人に贈りたくなるメッセージ・ソング!
まさに「誰かに歌ってあげたくなる、そして誰かに歌って欲しい曲、“ギフト”」である。 太陽のように明るく温かなキャラクターで、ジャンル・ボーダー・ジェンダーを超えて周りを常に笑顔にしてきたAI。
そんな彼女がデビュー以来、一貫して唱えてきたのが「世界中の人が仲良く幸せであって欲しい」という願い。
今回の楽曲でもその想いは満ち溢れ、AIの真骨頂である感動と笑顔に導かれる楽曲に仕上がっている。
そして国内外プロデューサーとのタッグにより数々のヒットチューンを発表し続けてきたAIがサウンド・パートナーとして選んだのは「ハピネス」を始め数々のヒットソングを共に作り上げてきたプロデューサーUTA。
“どうか今日もあなたが幸せでありますように”当たり前の日常が幸せであることを願うAIの新曲、贈りたい人を思い浮かべて聴いて欲しい1曲です。
<AIコメント>
この曲は、家族、恋人同士、1人、街で流れた時、色んな人に当てはまるように意識して作りました。最初の3行くらいでもう出来た! 言いたいことはこれだけって思いましたっ!今日も皆さんが幸せに過ごしてますように願ってます。
2.GOOD AS GOLD(ラックス「祝福の輝き」篇 CMソング)
アン・ハサウェイ出演で話題のシリーズ LUXの新CMソング!全ての人々に勇気と輝きを与えるパワフル・アンセム!!
楽曲の共同制作を行ったのは、トラヴィス・スコット、カルビン・ハリス、Dr.Dre、ケンドリック・ラマー、そしてカーリー・レイ・ジェプセンから88ライジングまで、数々のアーティスト&ジャンルをクロスオーバーしてヒットを手がける師弟プロデューサーコンビ、ロジェイ・チャハイドとテイラー・デクスター。
そして作詞共作はデヴィット・ゲッタ、ワン・ダイレクション、ジェネファー・ハドソン等を手がけるマルチミリオン・ソングライターのリンディー・ロビンス。
AI自身LAに乗り込み、スタジオにて一緒に作り上げたベーシック・バージョンを元に、帰国後もお互いのスタジオをネットでつないでのセッションを繰り返し、最新のLA-TOKYOサウンド&英語と日本語両方で伝えるボーダーレス・メッセージを兼ね備えた、ビッグ・ヒットチューンが完成した。
<AIコメント>
自信ある人もない人も心を裸にすればみんな金色に輝くものを元々もってる。そして今そう思えなくてもそうなれーっ!!!って曲です!
その気持ちをメロディにもトラックにも歌い方も繁栄してますので気持ちがスカッとしてまた今から気持ちを切り替えて頑張ろう!っていう感じに思える曲です!
そして誰もが持ってる素晴らしいもの!っていうのがこの曲で伝えたくって、LUXのCMのおかげで私はすごくインスパイアーされました!
金色に輝けって言葉や裸の自分を愛せる未来をっていう歌詞もLUXのおかげで出てきた言葉ですね。
このCM見たり曲を聴いた人たちみんなが気持ちよくハッピーに毎日を過ごせます様に!!!
3.Kokoro feat. Jenn Morel, Joelii(海外アーティスト・フィーチャリング曲)
デビュー曲「Ponteme」が瞬く間にイタリアで大ブレイク、その後ヨーロッパでプラチナムレコードを記録したドミニカ出身の新星女性ラッパーJenn Morelとのコラボ曲!
JennのアグレッシブなラップスタイルとAIの秘められていたラテン・ヴァイブスが見事にマッチしたダンスチューンに仕上がっている。
サウンドプロデュースはJenn Morelを始め、日本でもお馴染みのChe’Nelleなど、数々のR&B/ラテンヒットチューンを手がけるエンジニア・プロデューサーMarioSilver Age” Parra。LAのスタジオにて初顔合わせした3人が曲のコンセプトを話し合っているうちに、「ココロ」はドミニカでは「仲間」の意味を持つことが判明。
瞬く間に意気投合し楽曲を制作する中、さらにJennの作品には欠かせない実弟の人気ラッパーJoeliiも加わり、「人種や言葉が違えど心は一つ!」という国境を越えたポジティブなメッセージ・ソング「Kokoro」が完成した。今回がレコーディング初チャレンジのとなった、AIが完璧に歌いこなすスペイン語にも注目!
4.Summer Magic – Japanese Version (Amazon Echo CMソング)
R&Bスタイルをベースに、南国のビートとフローを散りばめたサマー・チューンは、ベビーフェイスに見出され、アリアナ・グランデやケラーニのヒットメーカーとして一躍名を馳せているLA期待の若手プロデューサーチーム、The Rascals(ラスカルズ)とAIの共作による新曲。
英語詞の「Summer Magic」と日本語詞の「Summer Magic (Japanese Version)」の2バージョンにて夏を先取る世界同時配信となる。
<AIコメント>
「デビュー20周年となる年に、Amazonさんとコラボレーションができることをとても嬉しく思っています!!
今回このCMのために書いた『Summer Magic』は、この夏を盛り上げてくれる、聴いただけで嫌なことを忘れて楽しめる曲になっています!
音もメロディーラインも今までにない感じで、すぐに口ずさみたくなるようなハッピーな夏の歌です。
今回のCMは離れて暮らす親子のコミュニケーションにAlexaが活躍します。私自身も、親が鹿児島で離れて暮らしており、毎日子供を追いかけ回して慌ただしくしているので、Alexaにかなり助けられています。
みなさんも是非この機会にAlexaに話しかけて『Summer Magic』を聴いてみてくださいね!きっと最高の夏になると思います!」
5.You Never Know feat. MJ116
台湾で絶大なカリスマ的影響力を持つHIP HOPグループ“MJ116”とコラボし、HIP HOPの名の下に国境を超えたピース・アンセム。
日本にとどまらずアジアの音楽シーンを活性化したいと願ったAIが、自身のライブ経験を通し、自分の音楽を支持するファンとのつながりを強く感じていた台湾においてコラボ相手を探す中、そのセンスに惚れ込みオファーしたのが、いま現地にて最も影響力を持つアーティストであるMJ116。
彼ら自身もAIの日本での活躍と音楽性を以前から知っていたこともあり、制作スタート。
海を隔てての制作打ち合わせを重ね、新進気鋭のビートメイカーVaVaのビートを起用し作り上げたトラックを携え、AI自身も台湾に渡り、現地MJ116のスタジオにてお互いのボーカルレコーディングを敢行し、ここに日本語・広東語と英語を取り混ぜた国境を超えたピース・アンセム、新曲「You Never Know feat. MJ116」が完成した。
<AIコメント>
MJ116はとにかくカッコイイ!3人のバランスもサイコーです。
「世界では色々なことが起きているけど、一緒に作る音楽で平和を作っていきたい」ってことをテレビ電話で伝えた時も、彼らはすぐに共感してくれた。
このコラボレーションがきっかけで、世界中の人たちが仲良くなったらイイなぁ、と思っています。
その後台湾の彼らのスタジオに行って一緒にレコーディングしましたが、言葉は通じないけど、やっぱり心は通じ合っているな、と感じました!
<MJ116プロフィール>
それぞれがラッパーとして活躍していたE-SO(a.k.a. Adventure King)とKenzy(No.1 Hustler)により2004年に結成。
その後幼馴染のMuta(a.k.a. Alain Delon)も加わり現在の形に。
三者三様の声、ダイレクトで飾らないストレートなラップ表現、エッジの立った先端のトレンド・センスとの融合で、瞬く間に台湾の若者の心を掴み社会現象を巻き起こした3人のカリスマ。
ちなみにグループ名MJ116の由来は、地元Mujaの頭文字とその郵便番号。
▷配信はこちらから
6.僕らを待つ場所(映画『AI崩壊』主題歌)
《劇場公開 初登場1位》大ヒット作!(※興行通信社調べ:2/1‐2週末興行収入ランキングより)監督・入江悠によるオリジナル脚本・主演は大沢たかおのサスペンス超大作・映画『AI崩壊』の主題歌。
「本作は【AI VS 人間】という映画ではなく、人間はAIを扱えるほどに成熟しているのだろうか?という、【AIを取り扱う人間】を描いた作品です。
ソウルフルなシンガー、AI(アイ)さんが持つ人間のエネルギーこそが、この映画のテーマです。
『AI』が突きつける大きな問題提起をきちんと受け止めてくれる、AI(アイ)さんの愛溢れる力強い歌声が絶対に必要でした。」とのオファーから書下ろしが実現。
主演の大沢たかおは「この映画の主人公が、家族を思う気持ちはもちろん、生きていく中で、家族や、恋人、友人など、、、人と人とのすべての繫がりへの深い愛と尊敬など感じられる曲だと思いました。
優しくも力強さのあるAI(アイ)さんの人間味溢れる歌声と、人の温もりを感じるようなメロディー、歌詞にもぜひ注目してほしいです。
『AI崩壊』という映画が、最後になにを伝えたいのか、、、主題歌も含め、映画を楽しんでいただけると思います。」
と主題歌に込められた深い愛と尊敬を感じたこと、さらに本作『AI崩壊』が最後に伝えたいメッセージが主題歌に込められていることを明かしてます。
「僕らを待つ場所」は、誰もが心の中に抱く、“自分を一番受け入れてくれる場所/大切な人を受け入れてあげたい心”を思い描いた曲。
静かなるピアノの調べと歌声が、ひときわ心の温もりとして染み入る前半部に対し、映画のスケール感同様、ゴスペルコーラスとバンドサウンドが加わる後半部にかけては、AI(アイ)の真骨頂であるパワーボーカルが圧倒的説得力を持って語りかけ、幅広い世代、老若男女すべての人の心に響く感動のバラードとなっている。
<AIコメント>
僕らを待つ場所は今まで歌った中で一番シンプルな音の曲だと思います。映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。
でも温かく生の声を伝えたかったので映画がAI崩壊というタイトルに私が歌うっていうのは笑いましたがっw
この曲を歌う時に感情的になりまくってましてなかなかレコーディングが進まなかったです。 今までで一番泣いたかもw
どんな人でも生まれたところがあって大事な場所があって大事な人がいたり、、でも時にそれを忘れてたり、離れ離れになったり、悩んでたり、、皆さんに是非映画観て聴いてもらいたいです。いい曲です!!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着