多様な表情を持つ個性派アイドルグループGANG PARADEの魅力に迫る

多様な表情を持つ個性派アイドルグループGANG PARADEの魅力に迫る

多様な表情を持つ個性派アイドルグル
ープGANG PARADEの魅力に迫る

GANG PARADEの魅力を紹介
個性を放つGANG PARADEの魅力を知るためには、GANG PARADEがどういうグループなのか、どんなメンバーがそろっているのかを見ていく必要があるようです。
GANG PARADEとは?
GANG PARADEは「ギャンパレ」の通称で親しまれているアイドルグループです。
BiSHなどの人気個性派グループを生み出してきたプロダクションであるWACKの所属で、愚連隊アイドルとも呼ばれています。
愚連隊とは不良少年集団を差す言葉で、彼女たちは「みんなの遊び場」をキャッチコピーに、ファンを「遊び人」と呼び活動しています。
WACK所属の、他のグループの例に漏れずGANG PARADEもかなり個性派のようです。
GANG PARADEが他のWACK所属のグループと違うのは、ひとりひとりの個性がかなり強くバラバラであることと、ファンの層が10代の女の子・家族連れ・会社員など幅広いところになります。
また、2020年3月のWACK合同合宿オーディションで、「GO TO THE BEDS」と「PARADISES」の2グループに分かれて活動することが決定しました。
GANG PARADEの現メンバー
強い個性を放っていることでも話題のGANG PARADEメンバー9人のプロフィールを紹介します。
カミヤサキはBiSの元メンバーであり、ギャンパレ現メンバーの中でただ一人の1期生メンバーです。
ワンマンライブを開催した際に、イベントでの禁止事項を破り活動休止していたこともありました。
無事に復帰した後の新曲MVの終盤にて、実際に髪を剃って坊主にするといった衝撃的なパフォーマンスをして以来、カミヤサキはグループの「ハンサム坊主」担当になりました。

■GO TO THE BEDS
ヤママチミキは、元々カミヤの大ファンでオーディションを受け、2015年6月に加入しています。
またディズニーオタクとしても有名で「ディズニー七夕デイズ」というディズニーリゾートでのプログラムのモデルも担当しました。
ユメノユアも2015年6月に加入しています。
最初は表情が乏しかったそうですが活動していく中で笑顔を見せるようになり、インターネットラジオのアシストパーソナリティとしても活躍しているようです。
キャン・GP・マイカは人気アイドルグループ「シブヤDOMINION」の元メンバーです。
名前にある「GP」はWACKのイベントで行った改名をかけた勝負にて、最下位になったことよりWACKの社長・渡辺淳之介に命名されました。
ココ・パーティン・ココはBiSのライバルグループとして結成されたSiSの元メンバーであり、服装が個性的でおしゃれだと定評があるようです。
ヘアスタイルやメイクなど、同性の女性から特に人気があります。
ユイ・ガ・ドクソンも元SiSのメンバーですが、SiSが加入早々に活動休止してしまったためGANG PARADEにそのまま加入しました。
関西弁で丸眼鏡が彼女の特徴です。
■PARADISES
テラシマユウカもSiSの元メンバーであり、GANG PARADEの中では比較的落ち着いた性格のようです。
映画が好きで、自身で映画に関したコラムを描いています。
月ノウサギはもともと月野雪でモデル活動をしており、講談社が開催しているアイドルオーディションの「ミスiD2018」で賞を受賞している経歴も持っています。
GANG PARADEの中では一番アイドルらしいルックスだと言われているそうです。
ナルハワールドはWACKのアイドルを育成するプロジェクトであるWAggの元メンバーであり、昇格という形でGANG PARADEにメンバー入りを果たしました。現時点では一番最後に加入したメンバーです。
そして、2020年WACK合同オーディションでWaggよりキラ・メイが昇格しました。
GANG PARADEの始まりは、BiSの解散ライブでカミヤサキとミズタマリが、ユニット「プラニメ」を結成したのがきっかけでした。
その後ミズタマリが2015年に脱退し、新メンバー募集のオーディションに合格したヤママチ、ユメノなど4名が加入したことを機に、グループ名を「POP」に改名しています。
そして2016年6月に「GANG PARADE」に改名されました。
その後SiSメンバーの加入や、2018年のオーディションで月ノが合格、ナルハがWAggから昇格し、現メンバーがそろいました。
GANG PARADEのおすすめ楽曲3選
GANG PARADEの楽曲にはアイドルらしいものから、激しいロックを感じるものまで幅広くあります。
彼女たちの魅力を知るには、どの楽曲を聴いたらよいのでしょうか?ファンの意見を参考にしながら、GANG PARADEのおすすめ楽曲3選を紹介します。
「らびゅ」
▲GANG PARADE「らびゅ」Music Video (Major 1stAL「LOVE PARADE」収録)
2019年11月13日にリリースした、GANG PARADEの1stフルアルバム『LOVE PARADE』の1曲目に収録されている楽曲です。
このアルバムの発売の約2か月前より、タワーレコードの10店舗にてGANG PARADEのメンバーの唇がプリントされたポップが登場しています。
これを「COCOAR2」というアプリで読み込むと、アルバムの収録曲を視聴できるという今までにない企画も実施されました。
『らびゅ』はアイドルらしいサウンドの楽曲でありながら、MVはカメラワークやヘアメイクなど面白い不気味さを持っており、癖になります。
この楽曲の再生回数が多いのも納得でしょう。
らびゅ 歌詞 「GANG PARADE」
https://utaten.com/lyric/mi19111115
「GANG PARADE」
▲GANG PARADE『GANG PARADE』MUSIC VIDEO
2017年11月21日に発売された4枚目のアルバム『GANG PARADE takes themselves higher!!』の2曲目にリリースされている楽曲です。
メンバーも作詞に参加しています。
このアルバムはウィークリーチャートで4位を獲得しました。
ダンス・ロックを思わせるサウンドになっており、力強い歌唱とダンスパフォーマンスも印象的です。
MVではサビの歌詞に出てくる「行進」や「愚連隊」という単語が書かれた衣装を身にまとっているメンバーを見ることができます。
映像の加工も大変面白く、何度見ても飽きさせない仕様になっているようです。
GANG PARADE 歌詞 「GANG PARADE」
https://utaten.com/lyric/ni20042201
「WE ARE the IDOL」
▲GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO
2016年7月19にリリースされた5枚目のシングルであり、グループ名を「GANG PARADE」へ改名してから最初の作品となりました。
GANG PARADEの楽曲の中ではゆったりした楽曲であり、それでいてリズムが心地よく、歌詞やメロディのよさが引き立っています。
メンバーのキュートな表情が見られるMVで、アイドルとしての葛藤が描かれているようなストーリー性を感じる映像になっています。
前半で白・黒の衣装をまとっていたメンバーが、後半にはそれぞれのカラーの衣装で歌っている姿を見ることができます。
WE ARE the IDOL 歌詞 「GANG PARADE」
https://utaten.com/lyric/tt20042204
GANG PARADEのこれからの活躍に注目!
女性アイドルグループGANG PARADEは音源リリースや映像作品、ライブなどで精力的に活動しているようです。
今までにない強い個性を持ったアイドルグループでありながら、奇抜すぎないナチュラルな面も持っているのがファン層が幅広い理由のひとつと言えます。
また、一番個性を放っている坊主担当のカミヤサキは2020年の5月にグループを脱退することが発表されているので、ぜひ今の9人のGANG PARADEを一度味わってみてくださいね。
GANG PARADE、「GO TO THE BEDS」「PARADISES」の今後の活躍から目がはなせません。

TEXT Imahashimiwa

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着