cero髙城晶平によるプロジェクトSho
hei Takagi Parallela Botanica、ア
ルバム『Triptych』リリース、特設サ
イトでインタビュー公開

ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaのファーストアルバム『Triptych』が4月8日(水)にパッケージリリース、同時に各サイトにて配信・サブスクリプションも全曲スタートした。
本作は、Shohei Takagi Parallela Botanicaにとって初めての音源作品で、「三連祭壇画」を意味するタイトルの通り、3曲3部構成の全9曲が収録されるコンセプチュアルなフルアルバム。レコーディングには、光永渉、秋田ゴールドマン(SOIL & PIMP SESSIONS)、伴瀬朝彦、ハラナツコ、中山うり角銅真実高田漣、武嶋聡、松井泉、田島華乃といった豪華ミュージシャンも参加。
共同プロデューサーには、ceroのシングル「街の報せ」収録の「ロープウェー」でもビートプログラミングを担当したSauce81を迎えて制作されている。
初回生産限定盤には、DVD『Triptych interview and gig』を付属。今プロジェクトでの初ライブとなった渋谷クアトロ(「カクバリズム presents Quiet Spark #3」)、『フジロック’ 19』でのライブ映像のほか、今映像作品のために撮り下ろされた弾き語りによるパフォーマンス、髙城自身がShohei Takagi Parallela Botanicaや、『Triptych』について語ったインタビュー映像などで構成された大関泰幸による映像が収録。
ジャケットなどアートワークは、撮影を廣田達也、デザインを上山悠二が担当。初回盤のジャケットはクリアシートを用いた特別な装丁が施されたレイヤーシート仕様となる。蛇腹ブックレットなどパッケージならではの装丁も見どころになっている。
また、アルバム『Triptych』の特設サイトでは、リリースにあわせてオフィシャルインタビューが公開された。先立って公開されているインタビューの後編となっており、ソロプロジェクトや「Triptych」への経緯や制作について語られている『Triptych』の音源とともにあわせてチェックしよう。
なお、4月22日(水)には、『Triptych』より収録曲「ミッドナイト・ランデヴー」が7inchシングルとしてリリースされる事が決定。A面に収録される「ミッドナイト・ランデヴー」は『Triptych』に収録されたものとはまた違うエディットが施されたヴァージョンが収録、B面には『Triptych』未収録曲となる細野晴臣氏の「PLEOCENE」(「omni Sight Seeing」収録)のカヴァーが収録される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着