LINE MUSIC プレイリスト『卒業〜思
い出は、IN MY HEAD』

ミーティア×LINE MUSICプレイリスト公
開中

ミーティアとLINE MUSICのコラボ企画更新中! 毎週いろんなテーマでプレイリストを作ってお届けします! 本記事は、LINE MUSICにて展開中のプレイリストと連動。プレイリスト作成者が選曲した理由やお気に入りのポイントについてご紹介していきます。

今週のテーマは「卒業〜思い出は、IN MY HEAD」。新型感染症の影響で、卒業式の中止や延期が相次いだ今年。悔しいですよね。どっぷりと卒業ソングを聴いて、少しでも気が紛れればと、日本の定番卒業ソングのプレイリストを作成しました。

Number Girl『Omoide in my head』

(Number Girl – Omoide in my head live 2020 / ナンバーガールの ライブコンサート 2020年3月)

いきなり定番の卒業ソングではないという(笑) こちらはつい先日のライブ映像。大型イベントが自粛ムードの中、無観客ライブって切ないよな〜と思っていましたが……。鳥肌が立ちました。制限された環境の中でも、情熱とアイディアさえあれば、逆境を乗り越えていける。自分は、そんなことを考えながら感動していました。

槇原敬之『遠く遠く』

槇原敬之『遠く遠く』)

“遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい” 進学、就職、転勤など、新たな環境で頑張る人たちの心を支えてくれる不朽の名曲です。

GReeeeN 『遥か』

GReeeeN 『遥か』MV)

先日の『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2020』にて、リトグリ(Little Glee Monster)がカバーして話題になったGReeeeNの名曲「遥か」です。突然ですが、GReeeeNのあるある、一個だけあるので、言いま〜す。GReeeeNのMV、曲始まるまでが長い。このドラマがエモいんで是非ともスキップしないで見て欲しいです。

森山直太朗 / 『桜(独唱)』

森山直太朗 / 『桜(独唱)』MV)

定番中の定番だけに、ちゃんと聴いたことない人もいるのでは? 静かな部屋で、気持ちを落ち着けて、イヤホンで聴いてみてください。

レミオロメン / 『3月9日』
(レミオロメン / 『3月9日』MV Short ver.)

なんやかんやで、『3月9日』なんですよね。サビはもちろんのこと、”砂ぼこり運ぶ つむじ風 洗濯物に絡まりますが”、とか”溢れ出す光の粒が 少しずつ朝を暖めます”とか、この辺の描写も見事だなと思います。あと、MVの堀北真希が可愛い。

『卒業〜思い出は、IN MY HEAD』、続き
はLINE MUSICで!

今週のLINE MUSICプレイリスト、いかがでしたか? 今後も編集部メンバーがさまざまなテーマでプレイリストをお送りして行きます。

記事内でご紹介した5曲以外にも、 Mrs. GREEN APPLE乃木坂46SHISHAMO、KIRORO、SPEEDなどおすすめの楽曲を全16曲選んでいますので、ぜひ最後までプレイしてみてくださいね!

MEETIA × LINE MUSIC プレイリスト「卒業〜思い出は、IN MY HEAD」

LINE MUSIC プレイリスト『卒業〜思い出は、IN MY HEAD』はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着