ONE OK ROCKが最優秀アーティスト「
ARTIST OF THE YEAR」に決定 『SPAC
E SHOWER MUSIC AWARDS 2020』が開催

音楽専門チャンネルスペースシャワーTVは、国内最大の音楽の祭典『SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020』を、2020年3月13日(金)東京国際フォーラムホールAにて開催した。ユースケ・サンタマリアいとうせいこうきゃりーぱみゅぱみゅの3名による司会のもと、主要5部門を含む全27部門の各賞を発表した。
「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020」は、スペースシャワーTVの視点で1年間の音楽シーンを総括し、さまざまな音楽コンテンツで功績をあげたアーティストとクリエイターに、感謝と敬意を込めて表彰するアワード。2019年を代表する最優秀アーティスト賞「ARTIST OF THE YEAR」には、ONE OK ROCKが栄冠に輝いた。
ONEOK ROCKは2年ぶりにリリースしたアルバム『Eye of the Storm』にて、楽曲ごとに海外プロデューサーを招き、ロサンゼルスとイギリスでレコーディングを実施。日本盤と海外盤それぞれがウィークリーチャート1位と3位を獲得するなど、2019年も世界基準のダイナミックな活躍を見せた。その功績を称えた最高峰の賞に加え、最も活躍したグループアーティストに授与される賞「BEST GROUP ARTIST」も共に受賞。二冠の受賞となった。

BEST GROUP ARTIST_ONE OK ROCK
並みいるアーティストの中から、計60万票の一般投票によって決定した優秀アーティスト賞「PEOPLE’ S CHOICE」には、今年結成20周年、メジャーデビュー15周年となるUVERworldが受賞。UVERworldしか再現できない、完全オリジナルなロックサウンドが音楽ファンの投票によって選ばれた。会場にはUVERworldメンバー全員がサプライズで登場し、受賞の喜びを伝えた。

PEOPLE’S CHOICE_UVERworld
年間で最も優れたミュージックビデオに授与される賞「VIDEO OF THE YEAR」は、BUMP OF CHICKENAurora』監督:林響太朗が受賞となりメンバーから喜びのコメントが寄せられた。特別な音楽世界を見事に可視化し、まるで短編映画のようなこのミュージックビデオの監督を務めた林は、最も優れたMV・ディレクターに授与される賞「BESTVIDEO DIRECTOR」を受賞した。
VIDEO OF THE YEAR_BUMP OF CHICKEN
BEST VIDEO DIRECTOR_林響太朗
2019年で最も優れたアルバムに授与される賞「ALBUM OF THE YEAR」は、前作から実に19年ぶりとなるオリジナルアルバムにファンのみならず多くの音楽リスナーから高い注目を集めた、THE YELLOW MONKEY 『9999』が受賞。授賞式のスタートを飾ったTHE YELLOW MONKEYのパフォーマンスでは、受賞アルバムから「天道虫」と「ALRIGHT」の2曲を披露。貫禄あるステージで幕を開け、その後も各部門の受賞者らが続々とライブを行った。
ALBUM OF THE YEAR_THE YELLOW MONKEY
「SONG OF THE YEAR」には、ストリーミングランキングで前人未到の34週連続1位、史上初の2億回再生突破した『Pretender』Official髭男dismが受賞。これを受け、2月のホールツアー・パシフィコ横浜公演より受賞曲『Pretender』のライブ映像がSpecial Movieとして公開され、メンバーから喜びのコメントも届いた。
SONG-OF-THE-YEAR_Official髭男dism
昨年最も活躍した新人アーティストに授与される賞「BEST BREAKTHROUGH ARTIST」を受賞したSIRUPは大ヒット曲「Do Well」を含む2曲を披露。最も革新的な活動をしたアーティストに授与される賞「BEST NEW VISION」を受賞したGEZANは「東京」を披露し新時代を象徴する唯一無二のライブパフォーマンスとなった。続いて「BEST HIP HOP ARTIST」はCreepy Nutsが受賞。“バトルMC日本一”と“バトルDJ世界一”が繰り出す、圧倒的なスキルと旺盛なエンターテイメント精神をもったライブパフォーマンスを披露した。
6_BEST BREAKTHROUGH ARTIST_SIRUP
BEST NEW VISION_GEZAN
BEST HIP HOP ARTIST_Creepy Nuts
ストリーミング再生回数が1億回を超えるなど2019年の音楽シーンに新しいムーブメントを巻き起こし、社会現象と化したKing Gnuは「BEST ROCK ARTIST」を受賞。30万枚以上のセールスを超えた最新アルバム『CEREMONY』から2曲を披露、またKing Gnuの常田大希は独創的なアプローチで多岐に渡るクリエイティビティを発信をした人物に授与される賞、「BEST CREATIVE PERSON」も受賞した。
BEST ROCK ARTIST_King Gnu
その後も、活動22周年を迎えてもなおシーンのトップを走り続けるaikoが「BEST POP ARTIST」を受賞、「BESTFEMALE ARTIST」には名実共に日本を代表するシンガーソングライターへと成長したあいみょんが輝き、続いてOKAMOTO’ S、Suchmos10-FEETといった各賞の受賞者が続々登壇。カメラの向こうのファンたちに喜びを伝えた。

BEST POP ARTIST_aiko
BEST FEMALE ARTIST_あいみょん
BEST MUSIC FRIENDS_OKAMOTO'S
BEST ALTERNATIVE ARTIST_Suchmos
BEST PUNKLOUD ROCK ARTIST_10-FEET
Perfume星野源、山口一郎(サカナクション)、RADWIMPSからもからも喜びのメッセージが届くなど、終始感動とサプライズに満ちたものとなった。授賞式最後のライブアクトは、2019年の音楽シーンに貢献し多大な影響を与え続けているアーティストに授与される賞「BEST RESPECT ARTIST」に輝いた東京スカパラダイスオーケストラが登場。本授賞式には二年連続の登壇となり、「Paradise Has No Border」と「銀河と迷路」を披露。続いて今もなお彼らの代表曲である「美しく燃える森feat. 奥田民生」では、奥田民生がサプライズ登場。誰もが期待しつつも、全く想像もしていなかったこのシークレットゲストの登場でSNSが大いに沸いた。続いてコラボレーション楽曲「Jamaica Ska feat. TAKUMA(10-FEET)」には、「BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST」を受賞した10-FEETよりTAKUMA(10-FEET)がサプライズで登場し、圧巻のコラボレーションステージとなった。
BEST-ACTIVE-OVERSEAS_Perfume
BEST-INFLUENTIAL-ARTIST_星野源
BEST-LIVE-PRODUCTION_サカナクション-
BEST-SOUND-TRACK_RADWIMPS
17_BEST RESPECT ARTIST_東京スカパラダイスオーケストラ_奥田民生_TAKUMA(10-FEET)
約4時間にわたる授賞式のラストは、「ARTIST OF THE YEAR」と「BEST GROUP ARTIST」に輝いたONE OK ROCKが登壇し、多彩な才能と音楽愛に満ちた授賞式を締めくくった。
この授賞式の模様はスペースシャワーTVでの生中継に加え、uP!!ライブパスで生配信され、テレビのみならずインターネットを通じより多くの音楽ファンとこの瞬間を共有することで、今後の音楽シーンの“未来”への希望を感じることができた。令和という新しい時代の始まりの年となった2019年。そして2020年3月、多くのエンタテインメントが停止した今、アーティスト達が表現を通じてメッセージを発信し、改めて音楽とそれを取り巻くクリエイティブの素晴らしさ、音楽の力に希望と感動で胸が熱くなる一夜となった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着