卒業の思い出が詰まった名曲、レミオロメン「3月9日」 [しゅかしゅんYUNA Urock! 第32回]

卒業の思い出が詰まった名曲、レミオロメン「3月9日」 [しゅかしゅんYUNA Urock! 第32回]

卒業の思い出が詰まった名曲、レミオ
ロメン「3月9日」 [しゅかしゅんYUN
A Urock! 第32回]

大阪☆春夏秋冬のYUNA(ユウナ)です。

Urock!! 32回目になりました。
高校を卒業してからもう2年が経ってしまったのか、、、。
あり得ないくらい速い速度で時が進んでいます。小学生や中学生の頃と違って、高校から20歳にかけては容姿や知能があまり変わっていないせいか、まだ制服を着れるんじゃないかという感覚にまで陥っています。
自分にとっての卒業とは。3月は『卒業』をテーマに選曲し、その答えを探していきたいと思います。
今週はレミオロメンさんの「3月9日」。
レミオロメン「3月9日」
“卒業ソング”といえば、“3月”といえば、必ずと言ってもいいほど頭に思い浮かぶ曲ですよね。
私の高校の卒業式でも退場曲として使われていました。
【歌詞コラム】レミオロメン『3月9日』が結婚ソングなのに卒業ソングとして愛される理由
https://utaten.com/specialArticle/index/700
中学1年生の頃からずっと行きたいと思っていた高校に前期入試で合格し、3年間高校に通っていたわけですが、本当にあっという間でしたね。
大学受験も視野にあった高校1年生。
2年生の時は上のクラスに進んだものの芸能活動が忙しくなってきたおかげでどんどん勉強への意識も薄くなり、秋ぐらいには大学受験をせずにこの道1本で行く事を決めていました。
3年生では下のクラスへ移ったのですが、月の半分以上を東京で過ごすくらい平日のライブも多くなってきて、自腹で1週間に大阪―東京間を何往復もするという人生最大の両立をしていました。
当時は体力があったせいかそこまで苦痛に感じていませんでしたけど、今思い返してみれば大分短気な自分がいます(笑)。
行きたくて入った高校でも、ここを卒業したいために来たわけでもなかったので、ライブを休む上にお金や体力を奪われてまで負担を背負うなら「通信制の高校に行った方がいい!!!」と、声を張り上げたことも、、、あったようななかったような。
どうにか単位をとってこの高校を卒業させてくれようと、毎日夜遅くまで成績や出席日数を計算してくれていた親には本当迷惑しかかけてなかったですね、、、。
東京の通信制高校のパンフレットが家にあったときは、さすがにキツかったです。
そんなこんなしているうちに、学生生活もせわしなく過ぎていって卒業式を迎えられることになりました。
3月9日 歌詞 「レミオロメン」
https://utaten.com/lyric/jb10604006
卒業式の日、東京でレコーディングがあったのですが、ありがたいことに式が終わってから向かわせてもらい、その日に卒業証書を受け取ることができ同級生のみんなと一緒に卒業することができました。
3月9日 歌詞 「レミオロメン」
https://utaten.com/lyric/jb10604006
完全に『学校』『仕事』『プライベート』の3つで生活が構成されていて、とりあえず毎日を終えることに必死でしたけど、そんな中でもやっぱり友達の存在は大きかったですね。
今、学生生活を送っている人には今を大事にして欲しいなとすごく思います。
ほとんどの時間を一緒に過ごしている親やメンバーやスタッフさんへの感謝はもちろんですけれど、学校の友達との時間って、今作ろうと思っても作れない特別な時間なので。
「お! YUNA学校来てたんや! 久しぶり!! 応援してるで~!」と会うたびに声をかけてくれる友達ばかりで、その声にほんと助けられてました。
当然みんなも受験を控えていたので切羽詰ってる中だろうに。
友達含め先生まで、わざわざ声をかけてくれる人たちのおかげで踏ん張れていたのかなぁと。
今でもずっと沢山の人がまぶたのうらに居続けてくれています。
卒業式当日、
式中に涙する事はなかったけれど、この曲が流れる中、退場する際に先生たちとの会釈でいっきに涙がこみ上げてきました。
今思えばあの点数でよく卒業できたもんです、、、。
この曲を聴くと高校の3年間を思い出すくらい当時の感情がこみ上げてきます。
高校を卒業して以来、多くの人から「(ステージのパフォーマンスが)変わったね」と言われていたのも今ならわかる気がします。
あなたのまぶたのうらには誰がいますか?
どうでしたでしょうか?
どの道を選んでも最終的には自分を信じてあげること、、、。
意外と楽になる時もありますよ。
ではまた。
You rock!!
TEXT YUNA
しゅかしゅん LIVE INFO
☆新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、スケジュールは延期・中止になる場合がございますので、各欄記載の主催者ホームページや大阪☆春夏秋冬のホームページ、SNS等で随時ご確認いただきますようお願いいたします。
▶「北海道グルメフェス 《出張!蝦夷マルシェ》in 大阪 2020 Spring」
【日時】 2020年3月13日(金) 17:00開場/18:00開演
【会場】 アメリカ村DROP
【出演】 万里慧 / 大阪☆春夏秋冬 /くぴぽ / and more!!
【料金】 前売3,000円 当日3,500円(+1ドリンク代600円)
【オフィシャルHP】

▶「IDORISE!! FESTIVAL 2020」 [DAY]
【日時】 2020年3月14日(土) 10:00開場/11:00開演
【会場】 TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、duo MUSIC EXCHANGE、club asia 、 WOMB (※7会場連動) (東京)
【出演】 (五十音順) アイテムはてるてるのみ! / アイドルカレッジ / アキシブproject / ASTRO-MATE / あそびダンジョン / あっとせぶんてぃーん / アップアップガールズ(仮) / アップアップガールズ(2) / アップアップガールズ(プロレス) / アメフラッシ / 新井ひとみ / ARCANA PRO-JECT / アンスリューム / アンダービースティー / IVOLVE / いきなり東北産 / WILL O’ / WEAR / ENGAG.ING / 大阪☆春夏秋冬 / 開歌-かいか- / 駆け出しの飛行少女 / CoverGirls / カメトレ / キミイロプロジェクト / キミノマワリ / キャンディzoo / 煌めき☆アンフォレント / グーグールル / QUEENS / クマリデパート / クロスノエシス / 群青の世界 / コレって恋ですか? / サクヤコノハナ / サンダルテレフォン / Jewel☆Ciel / Jewel☆Neige / Jewel☆Rouge / じゅじゅ / Chou2Precede / 神使轟く、激情の如く。 / シンダーエラ / SUPER☆GIRLS / SweetAlley / SW!CH / SKIRMISH / 綺星★フィオレナード / スマイルポンチ / SAY-LA / 戦国アニマル極楽浄土 / ZOC / sora tob sakana / SOL / Task have Fun / charm*charm / chuLa / #DSPM-STARS / DEAR KISS / Devil ANTHEM. / 転校少女* / 東京女子流 / DREAMING MONSTER / NightOwl / ナナランド / nanoCUNE / なんキニ! / 虹色の飛行少女 / 虹のコンキスタドール / 26時のマスカレイド / 二丁目の魁力カミングアウト / NILKLY / NEO JAPONISM / //ネコプラ// / NEMURIORCA / buGG / ハニースパイスRe. / BANZAI JAPAN / バンドじゃないもん! MAXX NAKAYOSHI / PiiiiiiiN / 悲劇のヒロイン症候群 / PixMix / Pimm’s / かみやど / フィロソフィーのダンス / FES☆TIVE / Fragrant Drive / プラスワン / ふりかけ≠ぱにっく / predia / Benjamin-Jasmine / My Dear Darlin’ / マジカル・パンチライン / 真っ白なキャンバス / まねきケチャ / マリオネッ。 / Malcom Mask Mclaren / MIGMA SHELTER / メイビ―ME / メガメガミ / meme to-kyo. / MELLOW MELLOW / ヤなことそっとミュート / 夢見るアドレセンス / ゆるめるモ!/ 愛乙女☆DOLL / lyrical school / リルネード / LinQ / Luce Twinkle Wink☆ / raymay / READY TO KISS / Los An jewels / 我儘ラキア / われらがプワプワプーワプワ / ワンダーウィード / and more!
【料金】 一般7,000円 VIPエリアチケット 15,000円(VIPエリアはO-EASTのみ) +1ドリンク(600円)
【オフィシャルサイト】
【オフィシャルtwitter】

▶「H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020」
[最終公演]
【日時】 2020年3月15日(日) 12:00開場/13:00開演
【会場】 新宿BLAZE(東京)
【出演】 MC:モリモリ (モリナオフミ/森詩織) オープニングアクト:アメフラっシ / AKAGIDAN
出演:あゆみくりかまき / まなみのりさ / 大阪☆春夏秋冬 / Task have Fun / PINK CRES. / アップアップガールズ(仮) / CROWN POP / B.O.L.T / predia / はっちゃけ隊
【料金】 前売 4,000円 当日 4,500円(+1ドリンク代500円)
【オフィシャルHP】

▶「クロフェス 2020 ~春のアイドル祭だしん!~」
【日時】 2020年3月21日(土)・22日(日) 11:00開場/12:00開演
 ※大阪☆春夏秋冬の出演日は追ってお知らせいたします。
【会場】 新木場スタジオコースト
【出演】 ふわふわ / SUPER☆GIRLS / まねきケチャ / FES☆TIVE / アイドルカレッジ / 大阪☆春夏秋冬 / Ange☆Reve / アキシブproject / READY TO KISS / Chu-Z / and more!
【料金】 1DAY 一般4,500円 スペシャルチケット9,000円/2DAYS 一般8,000円 スペシャルチケット16,500円

▶「THE奈良」
【日時】 2020年4月4日(土) 17:00開場/18:00開演
【会場】 EVANS CASTLE HALL(奈良)
【出演】 DOZAN11(ex. 三木道三) / 寿君 / 大阪☆春夏秋冬 with 黒髪のリリー / RED SPIDER / APOLLO / RAY
【料金】 前売4,400円 当日5,000円(+1ドリンク代)

▶「Higashi Osaka Music Entertainment Festival」(HOME FES)
【日時】 2020年4月5(日) 12:15開場/13:00開演
【会場】 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール (大阪)
【料金】 S席:7,000円(ノベルティ付き) A席:5,000円 2階ファミリー席:4,000円 3階:一般席3,500円

▶「奥野涼BAND presents“エンターテインメントのバーゲンセール”」
【日時】 2020年4月6日(月) 16:00開場/17:00開演
【会場】 BIGCAT(大阪・心斎橋)
【出演】 奥野涼BAND / 大阪☆春夏秋冬 / and more!!
【料金】 一般 前売 3,500円 当日 4,000円 (ドリンク代別)
学生 前売 2,000円(ドリンク代別)
▶大阪☆春夏秋冬対バンツアー「DACHI∞」
[大阪公演] 
【日時】 2020年4月11日(土) 16:00開場/17:00開演
【会場】 アメリカ村DROP
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 悲撃のヒロイン症候群

[名古屋公演]
【日時】 2020年4月12日(日) 16:00開場/17:00開演
【会場】 名古屋SPADE BOX
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 我儘ラキア

[東京公演]
【日時】 2020年4月25日(土) 16:00開場/17:00開演
【会場】 新宿BLAZE
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 フィロソフィーのダンス / 26時のマスカレイド and more…
▼チケット一般申込受付はこちら
一般発売日:2月1日(土)16:00~
▷イープラス
コロナウイルスの日本国内での感染拡大により、主催のイベント始めイベントへの出演を自粛させていただきました。
ひとつひとつのライブの為にセットリストを組んでそのステージ合った練習も終えており、ボルテージマックスだったのですがこればかりは仕方ない、、、。
とても残念ですが、少しでも早く感染が落ち着くことを願っています。
その後一発目のライブがいつになるかわかりませんが、楽しみに待っていてください!!!
この記事を書いた人
YUNA(ユウナ)
1999年5月26日生まれ(双子座 /A型/一人っ子)
▶Twitter
▶Instagram
▶U rock!記事一覧

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着