夜の本気ダンス 京都スタジアムこけ
ら落としで京都アーティスト代表とし
て堂々パフォーマンス

2月9日に開業した京都府亀岡市の京都サンガFCのホームスタジアムとなる京都スタジアムのこけら落としで、京都出身の夜の本気ダンスがライブを行なった。
夜の本気ダンス
京都スタジアムは、2万人を超える観客を収容できる京都初の本格的なスタジアムとして開業。スタジアムのオープン当日ということで、京都府知事 西脇 隆俊氏による挨拶や除幕式といったセレモニーも行われ、華々しい幕開けとなった。
この日は直前まで雪が空を覆う悪天候だったが、夜の本気ダンスのライブパフォーマンスが始まる直前になると降っていた雪の勢いが弱まり、時折晴れ間が見えるという奇跡的なコンディションに。極寒の中、スタジアム中央、芝生の上に設けられた特設ステージで披露されたライブパフォーマンスは、こけら落としというセレモニーに相応しいステージになった。
彼らのライブではお馴染みのSE「ロシアのビッグマフ」がスタジアムに響き渡る中、特設ステージへ向かうメンバー4名に向けて、客席は大きな拍手と手拍子で向かい入れた。
夜の本気ダンス
「どうもこんにちは、僕たち京都のバンド、夜の本気ダンスです!」といういつもの米田貴紀(Vo/G)の挨拶からライブはスタート。1曲目は特別な野外ステージで披露するにはうってつけの爽やかでパンキッシュな楽曲「SHINY」。その後「TAKE MY HAND」に突入すると、米田がハンドマイクに切り替え、両手を挙げて激しく踊りながら盛り上げる。この曲で客席は彼らの世界観にしっかり惹き込まれていた。途中MCで鈴鹿秋斗(Dr)が「京都、宇治出身の夜の本気ダンスです!」と地元愛満載の挨拶を声高らかに披露すると、客席も拍手でしっかり応えていた。
夜の本気ダンス
「この後演奏する2曲は、京都に馴染みある楽曲です!」という米田の宣言の下、楽曲「Movin’ 」のイントロを京都パープルサンガのTVCMで流れていた曲に組み替えたオマージュバージョンで披露。そして4曲目で、「最後の曲はサンガのチャントと我々の曲を合体させてお届けしたいと思いますが、よろしいでしょうか?」との米田のMCからスタート。京都パープルサンガの“チャント”になっている1曲と彼らの楽曲「FUN FUN FUN」を融合させた、まさにこの日の為に用意された特別な楽曲だ。こちらの楽曲を披露すると、客席は拍手喝采で応えていた。最後はやはり「ありがとうございました!京都のバンド夜の本気ダンスでした!」とキメの挨拶をして終了。京都のアーティスト代表として、披露したライブパフォーマンスは両チームのサッカーファンの胸にしっかりと刻まれたことだろう。
夜の本気ダンス
なお、この日のメインとして京都サンガF.C.対セレッソ大阪のプレシーズンマッチが開催され、3対2でセレッソ大阪が勝利を飾った。
夜の本気ダンス

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着