Tsubasa Shimada(PRIZMAX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PRIZMAX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PRIZMAX)
presents『Wet Crate』
- 第44回 Madlib -

PRIZMAXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

島田翼です。
映像内で完全にやらかしました。1月のつもりで話しておりました(撮影日は1月)。生感を大切にしたいのでNGテイクをそのまま載せてくスタイルでお送りします。

さて、先月はなんとも申し上げ辛い報告をしなければいけなくなったのですが、正直な気持ちを一言にすると「さみしい」です。
デビュー前から数えて約15年間、人生の半分以上、僕にとってPRIZMAXが”当たり前”だったわけですから。
それが泡のように消えて無くなってしまうと考えると、正直怖い気もあります。しかしこれも僕の人生の転機だと受け入れています。自分で出した決断ですし。

このコラムの読者の皆さんはこんな言葉聞きたくないと思うのですが、反感を恐れずに気持ちを話しますね。
永遠なんてあるわけない。全てがタイミングな世の中なんだな、と思い知らされました。
エンターテインメントって、儚いから美しいんです。その一瞬一瞬で動く小さな感情がずっと続いていてほしいし、でもいつか終わりがあることも頭では解っている。平等に朝はおとずれるものです。

やけに前向きな聞こえ方かもしれませんが、僕はエンターテインメントで新しい価値を生み出すことでしか生きていけない人間なんです。
突き放して闘いでのし上がっていく方法よりも”愛”とか”幸せ”とか”ときめき”とか、そういった全てのハッピーな感情で周りを包み込みたいんです。僕はそういう方が好きなんです。

だから新しいもの、知らないものに対して怖がって食わず嫌いをすることがとっても勿体なく感じてしまうんですね。
大丈夫、これから僕はもっと楽しくなれる。みんなも。

いきなり告知しますが、2/15に青山ゼロにてパーティーやります。
自分の節目として、スペシャルな物販も用意します。
僕を信じてくれ、めちゃくちゃ楽しいよ。

Tsubasa
Tsubasa Shimada プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着