1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子

1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子
2019年1月以降、左手首骨折のためライヴ活動をストップさせ療養していたK.A.Z(Gu)が、怪我を完治させてついに復帰。それに伴い、2020年1月25日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれた『OBLIVION DUST LIVE 2020 -Synched Up-』にてバンドが完全復活を果たした。

2018年12月から約2カ月に渡って行われたOBLIVION DUSTの全国ツアー。残すところあと5公演というところで、サウンドの要でもあるギターのK.A.Zが左手首を骨折し、ツアー続行を断念。しかし、KEN LLOYD(Vo)とRIKIJI(Ba)はツアー続行を決断し、その予期せぬ逆境を乗り越え、ツアーファイナルにたどり着いた。そして、2019年夏にはギリギリまでK.A.Zの復帰を待ちつつも、その願いは叶わず、サポートギタリストを迎えてK.A.Z不在のツアーを敢行。ツアー後、9月にはファンクラブ限定イベントに、療養中にもかかわらず会場に駆けつけたものの、ライヴの復帰を果たすことはなかったK.A.Z。復帰の目処は見えず、ギタリストとして不安に苛まれることもあっただろう中、その後も療養・リハビリに励み、この復活ライヴにこぎつけたのだ。

この日、K.A.Zの復活を待ちに待ったオーディエンスが詰め掛けた会場は、始まる前から熱気に包まれていた。そして会場が暗転するとメンバーがステージに登場。大歓声と大きな拍手が湧き起こる中、オープニングSE終わりの一瞬の静寂を切り裂くように、K.A.Zのギターリフがスタート、同時にK.A.Zがスポットで照らし出された。

1曲目は「In Motion」。続くギターリフを鳴らすサポートメンバーのYUJI(Gu)にスポットが当たり、ステージ全体が明るくなって、KENの「カモン!」という雄叫びを合図にメンバーの意気揚々とした姿が現れた。待ちに待った光景でありながら、それはすぐに見慣れた光景へと変わる。体じゅうに爆音が響き、フロアを揺らす凄まじいほどのヘヴィなサウンド。怪我をする以前のK.A.Zとなんら変わりないプレイスタイルに安堵するとともに、OBLIVION DUSTの音楽を全身で楽しむオーディエンス。KENは軽やかに歌い、RIKIJIは挑発的なベースラインでこの時を楽しむ。K.A.Zはステージに立っていることをアピールするかのように何度もお立ち台の上に立ち、ギターソロを弾き終えると、フロアに向かって右手を高々と掲げ、その姿は復活の宣言のようでもあった。そして、熱い演奏に呼応するように暴れるオーディエンス。K.A.Z完全復活ライヴの幕開けだった。

凄まじい歓声に包まれて、続く「Syndrome」へ。徐々に熱を帯びていくラウドなナンバーに徐々に一体となっていくオーディエンス。畳み掛けるようにビートを炸裂させるARIMATSU(Dr.)のドラムにフロアはさらに興奮し、まだオープニングだというのにこの大歓声。フロアの興奮もすでにメーターを振り切っていた。「Evidence」ではさらに熱気が上昇し、フロアめがけてKENが水をまく。RIKIJIは低く構えたベースから分厚いリズムを刻み、そのスレンダーでしなやかなラインに色気を覗かせる。

「2020年、こうやってみんなと明けられて嬉しいです。ここからK.A.Zが作ったセットリストでバンバン行くんで、最後までお付き合いよろしくお願いします!」

KENのMCの後に繰り出された「Never Ending」では、開放されたようにクラウドサーファーが大暴れ。フロアはより一層一体感を生み、ライヴを全身で楽しむオーディエンスが所狭しと暴れまわる。曲の終わりでK.A.Zがアウトロを弾き終え両手を高く掲げてフロアを煽ると、まだ序盤だというのに、ここからキラーチューンが立て続けに放たれた。ライヴには欠かせない暴れ曲「Microchipped」のドラムがスタートすると、RIKIJIが跳ね回るようにベースラインをはじいていく。ヘヴィ・チューンの「Nightcrawler」では、いつもよりリラックスした表情で歌うKENが印象的だった。

ライヴ中盤は、たっぷりと聴かせるナンバーを。昨年のK.A.Z不在ライヴで久しぶりに披露され、K.A.Zがサウンドをリアレンジしたという「Strychnine Tomorrow」。ミディアムテンポでずっしりとしたボトム、その上を流れるリズムとメロディが心地よくフロアに充満していく。バラードナンバーの「Your Yesterday」は優しいKENのヴォーカルが会場を包み、「Gateway」は轟音でありながら、音の塊がキラキラと弾けていくようだ。「All I Need」で聴かせたK.A.Zのギターソロの美しさは会場を魅了し、K.A.Z完全復活を印象づけた。「No Regrets」では変幻自在にベースラインを操るRIKIJI。K.A.ZとRIKIJIが向き合ってプレイするという、なかなかお目にかかれない場面も、K.A.Z復帰の喜びからか。

ライヴ終盤のスタートを飾ったのは「Death Surf」。ここからは圧巻のプレイが一気に爆発。息つく間もなく「Sail Away」「Designer Fetus」と、エモーショナルとラウドが融合したナンバーが続き、オブリ・サウンドにただただ踊らされる。ライヴ終盤になると、もはや“K.A.Z復活ライヴ”などという冠のことは忘れていた。この熱狂のライヴ空間は、バンドにとってもオーディエンスにとっても“日常”のひとコマでありながら、とても大切な空間だったと改めて感じながら、圧倒的なサウンドに身を委ねる。そして、KENに促されて、普段はライヴでMCをすることのないK.A.Zが話し始めた。

「手が使えなかった1年はすごく長かったです。不安になったり、弾けるのかなって思ったり。みんなの応援がなかったら、気分的に戻ってなかったかもしれないです。本当にありがとうございます」

K.A.Zが応援して待ってくれていたメンバー、オーディエンスすべての人に感謝の言葉を述べ、続いてKENが「ここから最後まで、1年待ってどれだけイラついたかの暴れ方をしましょうかね」と、ジョークを含めながら少し嬉しそうな表情を見せてフロアを煽り、ラストは「Haze」から、フロアが揺れるほどのライヴ鉄板曲を畳み掛けて駆け抜ける。K.A.Zが激しいストロークを見せるイントロで一気に興奮のメーターを振り切った「Under My Skin」。オーディエンスも負けじと波打ち、その波の上をクラウドサーファーが猛烈に暴れ狂う。締めくくりは全身全霊を込めて放たれた「Sink The God」。フロアは最後の瞬間まで歓喜に包まれ、熱い夜は幕を閉じた。

この日、ライヴ中盤のMCでは、待ってくれていたファンクラブ会員に向けて、まずは3月に東名阪ライヴを行うことがアナウンスされた。これを皮切りに、2020年のOBLIVION DUSTはまた新たなステージへと踏み出すに違いない。自分たちにとっても、ファンにとっても大切な居場所を再認識したこの日を決して忘れたくないと思いつつも、ひとつの通過点として、OBLIVION DUSTはここからさらに圧巻のライヴを見せつけていくだろう。

photo by 緒車寿一、田中和子

<セットリスト>
01. In Motion
02. Syndrome
03. Evidence
04. Never Ending
05. Microchipped
06. Nightcrawler
07. Lolita
08. Strychnine Tomorrow
09. Your Yesterday
10. Gateway
11. All I Need
12. No Regrets
13. Death Surf
14. Sail Away
15. Designer Fetus
16. Haze
17. Under My Skin
18. Sink The God

『OBLIVION DUST OFFICIAL FANCLUB 「Club OVERDOSE」 MEMBER’S ONLY LIVE』

3月15日(日) 東京・代官山UNIT
3月20日(金・祝) 大阪・BananaHall
3月29日(日) 愛知・名古屋JAMMIN

1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子
1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子
1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子
1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子
1月25日@TSUTAYA O-EAST photo by 緒車寿一、田中和子

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。