ヒステリックパニック

ヒステリックパニック

ヒステリックパニック、
$EIGO(Gt./Cho.)の脱退を発表

ヒステリックパニックが$EIGO(Gt./Cho.)の脱退を発表した。現メンバーでのライブはツアー『ULTIMATE BATTLE TOUR 2019-2020 Final Series』のファイナル、3月28日(土)の東京Veats Shibuyaでのワンマン公演となる。

【メンバー コメント】

■$EIGO (Gt./Cho.)
明けましておめでとうございます!

ヒステリックパニック
Gt,Chor. $EIGOです。

新年早々の発表でお騒がせ致します。

この度、現在回っている全国ツアー
Ultimate Battle Tour 2019-2020
を最後に僕はヒステリックパニックを脱退します。

ヒスパニを好きでいてくれる皆様へは
絶対に間違った情報で伝わって欲しくないので
第一に伝えさせて下さい。

メンバー間の関係性や人間性が嫌になり脱退する訳では一切ありません!むしろ死ぬほど好きです!ヒスパニの音楽も大好きです!ライブに来てくれる皆様の事もホント大好きです!僕自身が作曲編曲サイドだからヒスパニを嫌いになる訳がありません。そして改めてメンバーは家族レベルだとも思っています。

脱退理由としては単純に音楽に匹敵する、それを上回るほどのワクワクする道を発見し、その道に全力で取り組みたいと思った故の脱退です。

いつもサポートしてくれているビクター並びに関係者様にはご迷惑を掛けてしまい申し訳なく思っています。


と、いいつつも、あくまで僕自身は!辛気臭いのは基本音楽に必要が無いと思っているタイプの人間なので、まだまだたっぷりあるライブツアーの一本一本を全心全力で、歌い弾き暴れ散らかしていこうと思っています!

本来は僕が出演する全てのライブが終わってから発表しようかと個人的には考えていましたが

いろいろと話し合った結果こうして
2020年1月1日に発表させて頂きました。

ヒスパニを
好きといってくれるみんなに
バンドの隠し事をするくらいなら
全部伝えたほうが
逆にスッキリした状態で心からの
『アソボウゼ!!!』
ってライブで叫べるなって
今は100%思います

もちろん僕が脱退したあともヒスパニは続きます!
ライブとか普通に僕見に行くと思います(笑)
ヒスパニは感情でその時その時の楽曲アプローチなどがガラっと変わるバンドスタイルなので、個人的にもこの先のヒスパニがどんな音になるのか楽しみな所もあります。

僕自身は途中からヒスパニに加入し、やりたい事、出来る事、表現したい事は全て音源に詰めこんであります。$EIGOの存在証明は楽曲に全て残して来ました。ライブでも常にフルショットでその時の100%を出し続けてきました。
僕個人として悔いや心残りは一切ありません

最後に伝えたい事があるとするなら

ライブハウスは
唯一自分の感情を一切我慢する事なく
爆発させていい場所です

好きなアーティストをライブで見て聞いたら
僕も自然と涙が出たりします

12音を無限に組み合わせ
人の心と身体を震わす事が出来る音楽が

生涯ずっと大好きです

僕はいつも応援してくれるみんなに
嘘をつきたくなくて
後悔したくなくて
今日発表しました

だからみんなも後悔しないように
好きなアーティストのライブを見に行ってね

こういう事言うキャラでは無いかも知れないけど
この5人の「ヒステリックパニック」が
終わる前にみんなのその目でちゃんと見て欲しいです

僕は最後の1音まで悔いのない
最高のかっこいいプレーをします

ライブハウスで待ってるね( ¯•ω•¯ )


■Tack朗 (Gt./Vo.)
あけましておめでとうございます。
Tack朗です。
バンドの代表としてコメントをさせていただきます。

この度は年明け早々に$EIGO脱退という悲しいニュースでお騒がせしてすみません。
ですが応援していただくファンの皆さんに“平等な形で覚悟を持って”俺ら5人の最後のステージを観ていただけるように、このタイミングで発表をさせていただきました。

$EIGOの脱退はULTIMATE BATTLE TOURが始まる直前に決まりました。
正直、ツアーも半分を終えた今でも受け止められていないです。

手前味噌でもなんでもなくて俺はあいつのことを世界一カッコいいギタリストだと思っているし、バンドメンバーとしてだけではなく俺の人生の中でも指折りの大親友です。
あいつと一緒に音楽ができた約7年間、本当に幸せでした。

そんな$EIGOが音楽以上に自分の人生をかけてやり遂げるべきことを見つけたので、俺は誠剛の人生が『あの時ヒスパニを抜けて良かった。』と思えるような幸せに溢れる人生になって欲しいなと心より思います。





ライブ毎に気持ちを抑え切れず号泣してる俺が言えたことじゃないけど、

みんなにお願いがあります!!!

できれば、できればでいいから

この5人で鳴らす最後の一音が鳴り止むまでは$EIGOのことを笑って送りだしてやって欲しい!!!

$EIGOが次の人生に進むためにひとつの悔いも残らないように。

心からの一生のお願いです。





そしてツアーが終了してからのヒステリックパニックですが、残る4人のメンバーで活動を続けていきます。

$EIGOが『あの時ヒスパニを抜けなきゃ良かった!』って思えるくらい素敵なバンドになるために、俺らは命を燃やし続けることを決めました。

絶望のトンネルを抜けた先に何が見えるのか?

その答えを見つけるためにヒステリックパニックは歩き続けます。


今後も$EIGO、新体制のヒステリックパニックを応援していただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。


最後に















ぜってーにツアーに来い!!!
アルバム『サバイバル・ゲーム』発売中
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • VIZL-1643/¥3,600+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. Painkiller
    • 2. 弱虫ライオット
    • 3. ヲタク is ビューティフル
    • 4. SNSやめたい
    • 5. 恋愛レボリューション21
    • 6. Love it!(Survival Mix)
    • 7. ALIENS
    • 8. アウトレイジ
    • 9. - Umbrella –
    • 10. &me
    • 11. ブラックホール・ベイビー
    • 12. やさしいせかい
    • 13. 優勝ファンファーレ
    • ■DVD
    • 平成最後の4月に行った「オワリとハジマリ」TOURのライブ映像を含めたドキュメンタリーに、メンバーの個人インタビューも交えた大ヴォリュームの映像を収録!
    • ・オワリとハジマリ TOUR 2019ドキュメンタリー
    • 2019.04.19 東京 GARRET udagawa
    • 2019.04.25 大阪 アメリカ村 DROP
    • 2019.04.30 名古屋 Club 3STAR IMAIKE
    • 1. ねこ地獄
    • 2. シンデレラ・シンドローム
    • 3. Love it!
    • 4. ガチ恋ダークネス
    • 5. Shut up
    • 6. なんてったってラウドル
    • 7. おわかれかい
    • ・Music Video
    • 「弱虫ライオット」
    • 「ブラックホール・ベイビー」
    • 【通常盤】(CD)
    • VICL-65238s/¥2,800+税

【ライブ情報】

『ULTIMATE BATTLE TOUR 2019-2020』
1月04日(土) 名古屋 DIAMOND HALL
※ワンマンライブ
1月10日(金) 広島 CAVE-BE
w/revenge my LOST
1月12日(日) 京都 GROWLY
w/revenge my LOST
1月13日(月・祝) 神戸 太陽と虎
w/おはようございます
1月18日(土) 小倉 FUSE
w/HER NAME IN BLOOD
1月19日(日) 山口 LIVE rise SHUNAN
w/HER NAME IN BLOOD
1月25日(土) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
w/ROACH
1月26日(日) 高松 TOONICE
w/ROACH
2月01日(土) 岐阜 Ants
w/SPARK!!SOUND!!SHOW!!
2月02日(日) 金沢 van van V4
w/SPARK!!SOUND!!SHOW!!
※終了分は割愛

『ULTIMATE BATTLE TOUR 2019-2020 Final Series』 ※ワンマンライブ
3月07日(土) 福岡 INSA Fukuoka
3月15日(日) 大阪 心斎橋Music Club JANUS
3月20日(金) 札幌 SPiCE
3月22日(日) 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
3月28日(土) 東京 Veats Shibuya

アルバム『サバイバル・ゲーム』【初回限定盤】(CD+DVD)
アルバム『サバイバル・ゲーム』【通常盤】(CD)
『ULTIMATE BATTLE TOUR 2019-2020』フライヤー
『ULTIMATE BATTLE TOUR 2019-2020 Final Series』フライヤー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着