MONJU N CHIE / YOU RA GO モンチエ
ことMONJU N CHIEがMusic Bar Sessi
onに登場! 小気味良いラップとメロ
ウネス湛えた歌がせめぎ合う人気曲を
披露

東京を拠点とする3人組ラップ・グループ、MONJU N CHIEがTOKYO SOUNDS「Music Bar Session」に登場した。
2017年に始動したMONJU N CHIEは、本映像の冒頭でもラップしている通り、『下北沢サイファー』を主催しているオトウトと、そこで出会ったというKTY、ビートメイクとメロディを担うカルロスまーちゃんによる2MC & 1ボーカルのラップ・ユニット。活動開始からわずか半年ほどで『りんご音楽祭 2018』に出演を果たしたほか、『Shimokitazawa SOUND CRUISING 2019』といった大型イベントへも出演。9月にはEmeraldのフロントマン・中野陽介を迎えた新曲「NATSUYASUMI」をリリースするなど、ジワジワとその認知を拡大させている。

今回披露してくれた「YOU RA GO」はすでにライブでも披露している人気曲。軽快なディスコ〜ファンク・フィーリング溢れるトラックに、結成初期の自らの日常を切り取ったかのようなリアリティとユーモアに溢れたリリックが印象的な楽曲となっている。KTY、オトウトによる歯切れの良いラップと、どこか憂いを帯びたカルロスまーちゃんによるフックの対比も秀逸。バイノーラル録音ならではの臨場感も楽しめる作品となっている。

Text by Takazumi Hosaka


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

(1)楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

(2)SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

(3)アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■ TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト(https://tokyosounds.com/)

■ TOKYO SOUNDS Twitter(https://twitter.com/_tokyosounds_)

■ TOKYO SOUNDS Instagram(https://instagram.com/tokyo.sounds)

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着