2019年11月16日 at 豊洲PIT

2019年11月16日 at 豊洲PIT

【SUPER★DRAGON
ライヴレポート】
『DRA FES 2019』
2019年11月16日 at 豊洲PIT

2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
2019年11月16日 at 豊洲PIT
 SUPER★DRAGONが11月16日、結成4周年を記念して豊洲PITにて『DRA FES 2019』を開催した。一面赤に染まったステージで妖艶にオープニングナンバー「WARNING」を放ち、圧倒的なパフォーマンスで魅せると、松村和哉の印象的なラップで心奪われる「La Vida Loca」では、田中洸希のセクシーなラップがさらに畳み掛け、息つく暇なく会場の温度は上昇! それまで勢いあふれるステージを魅せていたかと思えば、MCタイムで自己紹介が始まると、まだまだ10代、20代頭のやんちゃな素顔がチラリ。毎度恒例となっている伊藤壮吾の車掌モノマネは“待ってました!”と言わんばかりの盛り上がり(笑)。このギャップにも、ファンは心を揺り動かされるのだろう。

 続く「On My Way」では年上組4人のファイヤードラゴンが登場。古川 毅曰く“彼氏ニット”という、ナチュラルなニットに身を包んだ4人がゴージャスなソファーに座り登場し、その後はステッキを持って滑らかなダンスを披露。「PAYAPAYA」では会場が一体になって体を揺らし、志村玲於が振り付けしたというファイヤードラゴンの新曲「Let’s Get Down」ではジャン海渡のラップスキルがこれでもかと確認できる仕上がりに。そして、MCで飯島颯が“4年間で、10倍の人が集まってくれるようになって嬉しい”と頬を緩ませていたのも印象的だった。

 入れ替わりに年下組5人のサンダードラゴンがステージに姿を現すと、バックバンドも一緒に登場。憑依型ラップを聴かせる和哉と、カリスマ的なオーラを持つ池田彪馬を筆頭に「Rock Tonight」からスタートし、会場にいた全員が「INAZUMA」で拳を突き上げ盛り上がると、柴崎 楽がステージ上を駆け回りますます熱くさせていく。MCではファイヤードラゴンの彼氏ニットに対抗して“萌え袖”を披露。そのかわいらしいしぐさにファンが悶絶したのは想像に容易いだろう。

 続いて、ファイヤードラゴンが白シャツでセクシーな「Drive Me Crazy」を、対するサンダードラゴンが「真冬の熱帯夜」では、メロウでかわいいダンスを魅せると、全員揃って刺激的かつ大胆なパフォーマンスで「Jacket」を披露。全員が揃ったMCでは毅が“4年間、誰も欠けずにこれたのは、すごくいい景色をみんなに見せてもらっているからだと思います。心から感謝しています。僕たちはずっと成長期なので、最強のスパドラを魅せていこうと思います”と締め、「BADNESS」「Mada' Mada'」など、パワフルで勢いのある楽曲を次々と投下。本編ラストではタオルを振り回し、「Dragonfly」で会場がひとつとなり、ステージを後にした。

 アンコールの声に応えて登場したメンバーは、2020年にZeppツアーがあることを発表。ラストに披露した「雨ノチ晴レ」では手拍子が鳴りやまず、ハッピーでハートフルな空間に。彼らが“まだまだ成長期”というだけあって、2020年はさらに飛躍し、また新たな姿を見せてくれるに違いないと確信させてくれる結成4周年記念公演だった。

撮影:笹森健一/取材:吉田可奈


セットリスト

  1. 1. WARNING
  2. 2. La Vida Loca
  3. 3. On My Way
  4. 4. BlackJack
  5. 5. PAYAPAYA
  6. 6. Let's Get Down
  7. 7. Rock Tonight
  8. 8. Hard Days
  9. 9. INAZUMA
  10. 10. リマカブロ!
  11. 11. Drive Me Crazy
  12. 12. 真冬の熱帯夜
  13. 13. Jacket
  14. 14. BADASS
  15. 15. Mada' Mada'
  16. 16. Untouchable MAX
  17. 17. Dragonfly
  18. <ENCORE>
  19. 1. Pendulum Beat!
  20. 2. 雨ノチ晴レ
SUPER★DRAGON プロフィール

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャーユニット。通称“スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。SUPER★DRAGON オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着