ジョン・レジェンド、ピープル誌が選
ぶ“最もセクシーな男”に。「嬉しい
けど恐ろしい」

アメリカのマガジン『People』誌が、毎年発表している「最もセクシーな男性(PEOPLE’s Sexiest Man Alive)」の2019年版にジョン・レジェンドが選ばれた。
レジェンドは「嬉しかったけど、同時にちょっと恐ろしいな。プレッシャーが大きいからね」と、コメントしている。「みんな、僕がこのタイトルに値するほどセクシーなのかどうか徹底的に検証するに違いない。それに、(昨年選ばれた)イドリス・エルバに続かなきゃいけないなんてフェアじゃない。僕にはいいことじゃないよ!」

『People』誌の「最もセクシーな男」には、これまでメル・ギブソンを初代(1985年版)に、ジョン・F・ケネディ・ジュニア、ショーン・コネリー、トム・クルーズ、キアヌ・リーヴス、ブラッド・ピット(2回)、デンゼル・ワシントン、リチャード・ギア(2回)、ジョージ・クルー二―(2回)、ジョニー・デップ(2回)、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ベッカムらが選出されている。ミュージシャンでは、マルーン5のアダム・レヴィーン(2013年版)、カントリー・シンガーのブレイク・シェルトン(2017年版)に続き、レジェンドが3人目。
レジェンドはまた、90年代半ばのイカしてるとは言い難い自分の写真とエルバのセクシーな姿を並べ、「1995年のジョンは最もセクシーな男性としてイドリス・エルバに続くなんて知ったら、すごく面食らっただろう。2019年のジョンも同じように面食らっているが、ピープル、僕をセクシーだと思ってくれてありがとう。受け入れちゃうよ」とつぶやいている。
Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着