WONK、新曲「Signal」本日リリース 
Yamaha EarphonesとのコラボMVも

WONKが新曲「Signal」を本日11月11日(月)にリリース。合わせてMVも公開された。
日々の大切な場面や日常を後押しすることを表現しているYAMAHAのブランド・プロミス「Make Waves」と、アーティストが本当に届けたい音を届ける新製品コンセプト「True Sound」から着想を得て制作したという本楽曲。楽曲名の「Signal」(音の信号)は音を発信、受信する際に不可欠であり、私たちは常にイヤホンでSignalを受信して音楽を聴いており、さらに音楽を通して様々な想いを受発信していることからこのタイトルに辿り着いたという。楽曲は音による後押しを発信する側および音による後押しを受信する側という2つの視点で構成。さらに、発信する側を「天上世界」、受信する側を「現実世界」という2つの世界で表現している。
先週、WONKの所属レーベル〈EPISTROPH〉公式YouTubeアカウントより公開され話題となっていた2本のティーザー映像は、2つの動画を同時に再生するとひとつの音楽(「Signal」)が完成する仕組みとなっており、、「Yamaha Earphones × WONK 11/-」は「音による後押しを発信する側(=天上世界)」を、「-/11」は「音による後押しを受信する側(=現実世界)」を表現した内容として制作された。

また、タイトルの「Yamaha Earphones × WONK 11/-」と「-/11」を組み合わせると「Yamaha Earphones × WONK 11/11」になり、11月11日にYAMAHAのイヤホンの新製品の発表、および完全版のMVが発表になることを示した内容となっていた。

本日公開の完全版MVは、楽曲の骨子となっている2つの視点である「発信する側(天上世界)」と「受信する側(現実世界)」を描いた作品。天上世界をWONKが演奏することで表現し、現実世界はダンスで表現。YAMAHAのイヤホンを通して、ココロとカラダに音が届けられ、感情の動きに身を任せながら、解放されていく様子がダンサーを通して描写され、天上世界と現実世界の交差とともに、音楽による心象変化も描いている。

また今回のMVは近年多数のアーティストのMV制作を手がけている林響太朗を監督に迎え、緻密なカメラ・ワークによる圧倒的な映像美を実現。ダンサーにはMadonnaのバック・ダンサーを務めたこともある仲万美を起用している。
WONK

「Signal」は、WONKにとって2020年リリース予定のコンセプト・アルバムにおいて重要なポジションを担う1曲だという。テクノロジーの進歩がもたらした高度な情報社会が新たな社会分断を生み続けている今日。その分断を乗り越え、あるメッセージを伝えようとする人物のストーリーが、コンセプト・アルバムの幻想的な世界観の中で描かれているそうだ。

【WONK・江﨑文武(キーボーディスト/音楽プロデューサー) コメント】

ヤマハ音楽教室でピアノを習い始めたこともあり、YAMAHAさんとコラボレーションすること自体、
とても嬉しく思います。奇しくもピアノが重要なパートを担う楽曲になりました。映像との絶妙なコンビネーションもぜひお楽しみ頂きたいです。


【リリース情報】

WONK 『Signal』

Release Date:2019.11.11 (Mon.)
Label:EPISTROPH
Tracklist:
1. Signal


【イベント情報】

『WONK’s Playhouse』

日時:2019年12月2日(月) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京・恵比寿LIQUIDROOM
料金:ADV. ¥3,800 / DOOR ¥4,500 (各1D代別途)
出演:
WONK
m-flo
kiki vivi lily
SHE IS SUMMER
bird
IO

……and more!

※前売り券SOLD OUT
※当日券の発売有無は公演当日にWONK公式SNSより発表

問い合わせ: LIQUIDROOM(http://www.liquidroom.net) 03-5464-0800

■ WONK オフィシャル・サイト(http://www.wonk.tokyo/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着