ビリー・アイリッシュ、ジャック・ホ
ワイトのレーベルからアコースティッ
ク・ライブのLP発売

ビリー・アイリッシュが水曜日(11月6日)、ジャック・ホワイトが米ナッシュビルに所有するレーベル/スタジオThird Man Recordsで、兄フィニアスとアコースティックによるスペシャル・パフォーマンスを行なった。
Third Man Recordsはこれをアセテート盤に直接録音しており、LPを制作中。ナッシュビル、デトロイト地域に限るが、12月に発売するそうだ。

ビリーはパフォーマンス中、このレコーディング・プロセスに「見える? 彼ら、私の声をそれに録ってるのよ。いまこのとき! クレイジーね」と話したという。

兄妹はこの日、「wish you were gay」「all the good girls go to hell」「ocean eyes」「bad guy」「idontwannabeyouanymore」「bury a friend」「come out and play」「COPYCAT」「i love you」「bellyache」「when the party's over」の11曲をプレイしたと言われる。

ホワイトは、ビリーについて「僕らが本当に愛する、実に革新的でインスピレーションに溢れる人物」と称賛の言葉を送っている。
この投稿をInstagramで見る

Born Rotten

FINNEAS(@finneas)がシェアした投稿 -

ホワイトは2014年、レコーディングからリリースまで4時間足らずという“世界最速レコード・リリース”の記録を樹立している。「Lazaretto」を演奏/録音し、マスターを直ちにUnited Record Pressingへ持ち込み、45回転盤にプレス。ショウで撮影された写真をジャケットにして、完成したレコードをThird Manへ急配送、待ち構えるファンに向け販売を開始した。この全過程に要した時間は、3時間55分21秒だった。

彼は2017年には、自身のレコードプレス工場Third Man Pressingも設立している。

Ako Suzuki
この投稿をInstagramで見る

Born Rotten

FINNEAS(@finneas)がシェアした投稿 -

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着