KinKi Kidsの音楽で、笑顔の花を咲かせよう!

KinKi Kidsの音楽で、笑顔の花を咲かせよう!

KinKi Kidsの音楽で、笑顔の花を咲か
せよう!

TOP画像引用元 (Amazon)

KinKi Kidsとは?メンバー紹介!
堂本光一
1979年1月1日 生まれ 、B型、兵庫県出身。メンバーカラーは赤。
堂本剛
1979年4月10日生まれ、AB型、奈良県出身。メンバーカラーは青。
音楽は永遠に。KinKi Kidsのおすすめ歌詞3つ!
「硝子の少年」の割れた恋心
硝子の少年 歌詞 「KinKi Kids」
https://utaten.com/lyric/ja00001731
『硝子の少年』は、少年時代の儚く消えた恋心が切ない楽曲です。
失恋が辛いのは、誰にとっても同じです。少年にとっても、大人にとっても。
そして、少年の頃の失恋は、大人になってもなかなか忘れられないものです。
幼い頃の記憶って、強くて淡くて、なかなか消えないですからね。
『硝子の少年』に登場する少年は、愛している女性が他の男性といるのを見てしまいました。
若い少年の心は傷ついてしまったことでしょう。

『硝子の少年』は、そんな切なさを、どこまでも美しく表現しています。『硝子の少年』というタイトルでさえ。
この美しい曲は、独自の世界観を持つKinKi Kidsの2人だからこそ歌えるのです!
『硝子の少年』は、少年少女の頃の思い出に浸りたい方にも、失恋の悲しみに浸りたい方にもぴったりですよ。
「昔からサビが好きです!」
「なんだか心に刺さるものがある!」
という様々な口コミが多数届いています!心に響く、いつまでも印象に残る名曲です。
KinKi Kidsの『硝子の少年』を、ぜひ聴いてみてくださいね!
恋人の毎日は「愛のかたまり」
愛のかたまり 歌詞 「KinKi Kids」
https://utaten.com/lyric/ja00010110
『愛のかたまり』は、恋人が毎日愛し合う、女性目線の恋愛感情が味わえる曲です。
この曲の魅力は、なんと言っても胸がキュンキュンする歌詞。
誰かと愛し合いたいということではなく、この人がいいな、と思えたことが一番の幸せ。
「最後の人」というロマンチックなワードが最高すぎます。胸キュンワード最高ですね!

サウンドは、渋めでエレクトロニックかつ、少し大人なジャズっぽさもある曲調。歌詞を見ながら聴いたら、感動でギャン泣きしてしまいそうなしっとりとした名曲といえます。
もともとあまりKinKi Kidsを知らない人でも、『愛のかたまり』を聴いたらKinKi Kidsに惚れ込むこと間違いなしです!
曲調、歌詞のキュンキュン度合い、声の甘さなど、どれをとってもすべてが素敵なんです。
また、この曲に関しては、特に
「歌唱力が高い!」
「ビブラートが上手い!」
という評価が多く、歌唱力も高く評価されています!KinKi Kidsの2人は、落ち着いていてクールな個性のある歌声で、人々を魅了しているんです。
KinKi Kidsの『愛のかたまり』、必聴です!
笑顔で咲かせたい「フラワー」
フラワー 歌詞 「KinKi Kids」
https://utaten.com/lyric/ja00007869
この曲の魅力は、自分の今の幸せを思い出させてくれるところです。
直接話さないと、他の人が考えていることはわかりません。幸せかどうかなんて、本人の感じ方や気持ち次第なんです。
だからこそ、人の感じ方にも、少しだけ目を向けてみることが必要なんです。
例えば、自分は辛いことばかりあってあまり幸せじゃないなあ…なんて感じているとします。
確かに、人と違う悩みをたくさん抱えている。でも幸せそうに見える他の人は、全く辛くなくて、毎日楽しいことばかりなのでしょうか?
それは、楽しそうに見える人に聞いてみないとわからないことですよね。
他の人が羨ましく見えてしまうなら、自分ができることに精一杯目を向けて、丁寧に取り組んでみる。
ないものねだりをしても辛いばかりなら、自分ができることをまずは考えてみてください。
自分に足りないところを見つけて、理想を高く持つことだっていいことですが、まずは自分が笑えること。

そして、あなたが笑って、それを見た人も笑えることが大切なんです。
この曲を聴いて、笑顔の『フラワー』を咲かせてみましょう。
「ここまでいい曲に出会えたことが幸せ!」
「大人になったらより理解できる名曲。嫌なことがあったとしてもまた頑張ろうと思える!」
という喜びのコメントが届いています!聴いているだけで明るい気持ちになれるような素敵な曲です。
KinKi Kidsの『フラワー』を聴いて、毎日笑って過ごしましょう!
ぜひ、最高に美しくて、最高に幸せなKinKi Kidsの音楽を味わってみてくださいね!
TEXT カッパナスビ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着