「ANIMAX MUSIX 2019 KOBE」DAY1レポ
ート!女性アーティストたちが繰り広
げた幸せな時間

これまで横浜と大阪にて行われてきた、日本を代表するアニメミュージックの祭典である「ANIMAX MUSIX」が神戸に初進出。その初日であるDay1のオープニングを飾ったのは、南條愛乃の「盛り上がっていきましょう!」の第一声とともに「黄昏のスタアライト」だった。自身の普段のライブと同じ布陣によるバンドサウンドは非常にタイトで、それに対して南條の透き通った声が乗るという、アグレッシブさと切なさが入り混じったパフォーマンスとなった。
同じく『グリザイア』シリーズからの楽曲となった「サヨナラの惑星」では一転、ピアノ伴奏に乗せて南條の美しい歌唱を聴かせる一曲となった。「今日は3曲とも『グリザイア』シリーズをやりたいと思います」という南條の宣言のあとには、スマホ向けアプリ「グリザイア クロノスリベリオン」より「新世界」へ。フルバージョンでのお披露目はこの日が初となるこの曲、実に『グリザイア』らしい、ダイナミックなストリングスを含むロッキンなサウンドで、新曲でありながら観客を一気に引き込むエネルギッシュな魅力に溢れていた。
南條がトップバッターに相応しいステージで、会場のボルテージを一気に上げ切ったあとは、「ANIMAX MUSIX」恒例の企画コーナーへ。ここでは観客がタオルを振り回して盛り上がる「タオル曲」をテーマにしたカバーコーナーとなった。その幕開けはTVアニメ『三者三葉』よりとりぷるふぃーりんぐ「クローバー♣かくめーしょん」を、MachicoとRun Girls, Run!が4人でカバー。タオル曲といえば、アッパーなビートを含んだキャッチーな楽曲という印象があるが、この曲はまさにタオル曲にぴったり。Machicoとランガの、まさに四者四様の個性がぶつかるマイクリレーに客席もタオルで埋め尽くされるというすごい光景が見られた。
そして続いてのタオル曲は、TVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』より、ナノ feat. MY FIRST STORY「SAVIOR OF SONG」。歌うのは実力派シンガー・TRUEだ。スタッド付きレザーという気合の入った衣装で挑んだ彼女の歌唱は、原曲のヘヴィネスに負けないほどの迫力で、観客も終始圧倒されっぱなし。
このコーナー最後を飾ったのは、TVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』より、SPAYAIR「アイム・ア・ビリーバー」を、KOTOKORaychell(RAISE A SUILEN)のふたりが客席後方のセンターステージを占拠して、エネルギッシュにカバー。こうしたレアなタッグを堪能できるのも「ANIMAX MUSIX」ならではだ。
続いては、薄いブルーのドレスに身を包んだ渕上 舞が登場。「Raibow Planet」の美しいサウンドとともに、真っ直ぐ伸びる持ち前の歌声でもって客席を魅了する。MCでは「この一瞬一瞬を宝物にして持って帰りたいと思います」と、イメージカラーの青に染まった客席に向けて語ったあとは、TVアニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の映像が流れるなか、アグレッシブでエレガントな「リベラシオン」を披露。気持ちの良いまっすぐさが印象的な歌声を響かせて、シンガー・渕上 舞としての実力をしっかりと刻みつけたステージとなった。
続くステージは、TVアニメ『アサシンズプライド』の映像とともにRun Girls, Run!が登場。森嶋優花、林 鼓子、厚木那奈美の3人が、センターが目まぐるしく入れ替わるスピーディーなダンスとともにクールなパフォーマンスを披露。かと思えば、続いてのTVアニメ『キラッとプリ☆チャン』メドレーでは、一転してキュートなステージへと変貌。キュートだけどやはりダンスはアグレッシブな「キラリスト・ジュエリスト」から、トロッコに乗って客席へと躍り出た「ダイヤモンドスマイル」の2曲を続けざまに披露。最後もセンターステージで見事なダンス、そしてそのなかでもブレない歌唱を聴かせた。かわいいだけじゃない、ハイパーアクティブなランガの実力を存分に見せつけた。
お次は大歓声とともにスタートした、RAISE A SUILENのステージ。最初の出音で感じたのは、とにかく……デカい。音圧でぶん殴られるというか、6人が鳴らす音が一丸となって客席にぶつかっていくような、とにかくすさまじいサウンドだ。そんななか、複雑なリフを暴れ回りながら弾き倒す小原莉子など、ステージングもまた素晴らしい。そんな、聴覚と視覚を圧倒された「Invincible Fighter」のあとの「EXPOSE 'Burn out!!!’ 」では、パフォーマンスもさらにヒートアップ。紡木吏佐によるDJブースに足をかけてのアジテーション的ラップも交えたゴリゴリのサウンドに、観客も大歓声で応える。本格始動から1年あまりだが、すべてが仕上がっていると思わされる圧巻のパフォーマンスだ。
フェスも中盤戦に入り、ここからはふたたび企画コーナーへ。「ANIMAX MUSIX」では長年お馴染みとなった、ファンからのリクエスト曲をカバーする「FAN SELECTION」へ。まずは、先ほど爆音を鳴らしたRASがそのままステージに残り、TVアニメ『D.Gray-man』よりUVERworld「激動」をカバー。倉知玲鳳によるピアノリフの流麗が際立つ一方でやはり分厚いサウンド、そしてRaychellの歌唱と実にRASなサウンドに仕上がっていた。
続いては、TVアニメ『暗殺教室』の感動的な映像が流れるなか、劇中で潮田 渚を演じた渕上 舞によるmoumoon「Hello,shooting-star」のカバー。アコースティックギターの旋律とともに渕上の優しい歌声が響き渡る、素晴らしいカバーとなった。
そして最後は、RO-KYU-BU!「SHOOT!」のカバー。イントロで客席がざわつき、KOTOKOと小倉 唯の姿が見えた瞬間、悲鳴のような歓声があがる。かつてスーパーグループ・RO-KYU-BU!の一員として活動した小倉と、彼女たちのデビュー曲の作詞をしたKOTOKOによるカバーは、まさにプレミアムという出来にふさわしい。途中のラップでのマイクリレーも含め、ここでしか聴けない超レアなバージョンを堪能することができた。
フェスも折り返しに入って、続いて鳴らされたのは、Machicoによる「fantastic dreamer」の印象的なサビメロディ。そのまっすぐなハイトーンで、客席は一気に華やいだかと思うと、彼女もまたアグレッシブにステージを動き回り、バンドとともノリノリで絡みながらエネルギッシュなパフォーマンスを展開した。続く「1ミリSynphony」もまた、『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』の映像とともにポップなサウンドに乗せて終始笑顔で伸びやかな歌唱を聴かせる。サビでは観客と一緒に拳を振り上げ、会場を『このすば』色に、そしてMachico色に染め上げた。
ステージ上のスクリーンには、アニメ『ヴァイオレット・エヴァー・ガーデン』の映像。そしてピアノによる「Sincerely」の旋律とともにTRUEのステージがスタートした。背景の美しい映像とピアノのサウンド、その中心にいるTUREもまた静かに、そして美しい歌を響かせる。そしてそこから2コーラス目に入るとその表情も一変して、力強い歌唱を聴かせた。1曲でさまざまなエモーションを歌に乗せるという、彼女曰く歌ですべてを語る、そんな雄弁かつ完璧な歌唱に客席も万雷の拍手を彼女に送った。そのあとは一転して「BUTTERFLY EFFECTOR」、そして「Blast!」へアグレッシブなステージが立て続けに展開される。TRUEも汗だくになりながら、パワフルな歌唱はさらにパワーアップしたまま一気に駆け抜けた。
そしてこのあとは、「ANIMAX MUSIX」が送るニューカマーを紹介するというコーナーへ。事前には発表されていないシークレットアーティストとして登場したのは、10月にアーティストデビューを果たしたばかりの声優・鬼頭明里。まずはTVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』EDテーマの「dear my distance」を披露。ゆったりとしたサウンドのなかで、ストレートに抜けのいい彼女の声が実に心地良い。まだデビューしたばかりのタイミングでのパフォーマンスに、「私のこと知ってる人いますか?」と不安げな表情も見せたが、それに観客も大歓声で応える。続いてデビューシングルのリードトラック「Swinging Heart」でも抜けのいい声を聞かせて、初の「ANIMAX MUSIX」のステージを終えた。
ライブもいよいよ終盤戦。続く小倉 唯のステージへ。彼女の記念すべきデビューシングル「Raise」のイントロが流れると、どよめきのような大歓声が起こる。アグレッシブでスピーディーなサウンドと彼女の凛々しい歌声に会場のボルテージも一気にヒートアップする。ちなみに神戸に来たのはその「Raise」のリリースイベント以来とのことで、およそ7年ぶりとなる神戸でのステージに彼女もまた実にうれしそうな表情を見せていた。
そんなデビュー曲を披露したあとは、最新曲となる「Destiny」へ。こちらもまた彼女のかっこいい一面を映したアッパーな一曲。またこの曲でのANIMAXバンドとの相性もよく、新曲ながら非常にライブ映えするパフォーマンスとなった。そしてそのまま最後はアンセム「Honey♥Come!!」へとなだれ込み、一転して彼女らしいキュートなステージを展開。観客と一緒に「Honey Come!!」とシンガロングして、ステージを終えた。
続いてのコーナーは、今年60周年を迎えた『週刊少年マガジン』とのコラボした、『週刊少年マガジン』アニメの名曲をカバーするコーナーへ。南條愛乃が『ツバサ・クロニクル』より坂本真綾「風待ちジェット」を爽やかに歌ったあとは、『七つの大罪』よりFLOW✕GRANRODEO「7 -seven-」をTRUEとMachicoがロッキンにプレイ。それぞれ『週刊少年マガジン』アニメの名曲たちをまたフレッシュな形でカバーしてみせた。
「ANIMAX MUSIX KOBE」Day1もいよいよ最後のアーティスト。トリを務めたのはKOTOKO。まずは彼女が歌うアニメソングのなかでも高い人気を誇る「ハヤテのごとく!」を軽快にパフォーマンス。今年でメジャーデビュー15周年を迎え、これまで数々のアニメミュージックを歌ってきた彼女だが、いまだにその歌声の輝きは衰えることなく、むしろより艶が増しているような印象。続いてはそんな彼女の歴史を辿るようなメドレーへと突入。名曲「Re-sublimity」から「Special Life!」へと繋いだあとは、「Light My Fire」「→unfinished→」とアグレッシブに繋いでいく。そして最後には爽快感あふれる「being」を披露し、KOTOKOのアニバーサリー、そして初の神戸での開催となった「ANIMAX MUSIX」のステージを盛大に締めくくった。
最後はこの日の出演アーティストが勢揃いし、ふたたび『週刊少年マガジン』とのコラボへ。「スクールランブル」より堀江由衣 with UNSCANDAL「スクランブル」を全員で歌い、観客もタオルやペンライト、腕を歌詞のとおりグルグル回しながら、実にハッピーな雰囲気で初日を終えた。
取材・文:澄川龍一

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着