【ライブレポート】スピラ・スピカ、
笑顔と泣き笑いが混じるハッピーな空

3人組ポップロックバンド、スピラ・スピカが、10月22日(火・祝)に渋谷O-WESTで即日SOLD OUTとなったワンマンライブを開催した。

◆ライブ写真

この日は今月より配信がスタートしたアニメ「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」のオープニングテーマ「リライズ」を収録したシングル「Re:RISE -e.p.-」の発売前日となっており、実質リリース記念ともなるワンマンライブになった。会場は、開演前からスピラ・スピカがライブで表現する“ハッピー”の空気を存分に楽しもうというファンの気持ちが熱気となって充満。登場SEが流れ始めると大きな手拍子が巻き起こり、1曲目に爽やかで弾けるような青春ポップ「恋はミラクル」を披露するとファンの大きな歓声で会場が揺れる。
続く「想い描いたら」と「素敵な日曜日」では月曜から日曜までの1週間を楽しめるように、というメッセージがファンの心をじんわりとあたためた。そこからはボーカル幹葉の掛け声でコール&レスポンスが巻き起こる「ちょっと待って」や、一緒にダンスを踊る「ハピパピ」、今回はシャボン玉銃を取り出して敵を撃ち倒すアクションを見せた「インベーダーゲーム」等、曲が進むにつれてどんどん一体感は強まっていった。
MCでは「しゃべりすぎたら誰か止めて」と幹葉が話し出すと、誰にも止める間を与えないほどおしゃべりが止まらず、会場から笑いを誘う場面も。その後は、「みんなからのおめでとうとおかえりが嬉しい!」とデビュー曲以来のガンダムビルドシリーズの主題歌となった新曲の「リライズ」や、ピアノと歌が優しく絡みあうバラード曲「君に伝えたいことがあるんだ」を高らかに歌い上げた。終盤では「イヤヨイヤヨモスキノウチ!」を演奏し、幹葉の地元である徳島の阿波おどりをモチーフとした“イヤスキ!ダンス”で会場中が踊る阿呆になる場面もあった。
ファンからの「待って、ちょっとまって」のコールで登場したアンコールでは、ニューシングルに含まれるカバー曲「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」でファンとメンバーが大合唱。最後は幹葉が、「皆が辛い時苦しい時は私たちが手をひくけん、もっともっとワクワクすることを一緒に見つけに行こう。一緒に走っていこう」とデビュー曲「スタートダッシュ」で締めくくり、笑顔と泣き笑いの混じったハッピーな空間が広がっていた。
なおスピラ・スピカは、この先もリリースイベントや、冬のツアー<スピラ・スピカ One-Man Tour 2019-2020『スピスピに出会ってくれてサンキューツアー』>を控えている。

photography:浜野 カズシ

■5th Single「Re:RISE -e.p.-」(リライズイーピー)
2019年10月23日(水)発売
通常盤(CD):VVCL-1537 / 1,200円+税

【収録内容】
M1.リライズ
アニメーション『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』 オープニングテーマ
M2.STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜 
TVアニメ『機動戦士Vガンダム』 オープニングテーマ
カバー曲(オリジナルアーティスト:川添智久
M3.ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜 
劇場版『機動戦士ガンダムF91』 主題歌
カバー曲(オリジナルアーティスト:森口博子
M4.リライズ -TV ver.-

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着