クワイエット・ライオットのフランキ
ー・バネリ、ステージ4の膵臓がんを
公表

クワイエット・ライオットのドラマー、フランキー・バネリが、ステージ4の膵臓がんを患い、今年春から治療を受けていたことを明かした。
バネリは月曜日(10月21日)、アメリカのロック・ジャーナリスト、Mitch LafonのFacebookを通じ、声明を出した。

「俺にいま何が起きているのか、残念なことに、なぜ今年、公演に参加できなかったのか、友人やファンたちに知って欲しい。4月17日以降、俺はステージ4の膵臓がんと闘っている。最初の予後はとても恐ろしいものだった。かなりの闘いだった。でも、ありがたいことに、数度の化学療法と他の治療のあと、俺は快方に向かっている。これからの道のりは簡単なものではないだろうが、癌はやっかいな奴を相手にしているわけで、俺は闘い続けるつもりだ」

38年間で初めて公演に参加できなかったのは遺憾だが、「いまは元気で強くなりつつある。10月26日にWhiskey A Go Goで開かれるクワイエット・ライオットの公演および2020年のツアーでプレイするつもりだ。そこで、みんなに会えることを願っている。公演に来ることでクワイエット・ライオットを支援してくれている全てのファンに感謝する。それを継続し、俺のことも祈ってくれるよう願う」
バネリは1982年にクワイエット・ライオットに加入後、現在まで在籍し続ける唯一のメンバー。公演に参加しなかったのは初めてのことで、心配されていた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着