バイオリニスト松田理奈が出演 ゲー
ム音楽をフルオーケストラで演奏する
コンサート『Symphonic Memories -
music from SQUARE ENIX』開催

2019 年 12 月 14 日(土)にスクウェア・エニックスのゲーム音楽をフルオーケストラで演奏するコンサート『Symphonic Memories - music from SQUARE ENIX』が、カルッツかわさきにおいて日本初開催される。2014 年 5 月 4 日に開催されたコンサート『Final Symphony Tokyo - music from FINAL FANTASY VI, VII and X』を手掛けたトーマス・ベッカーがプロデュースする。
ゲームのデジタル音源をそのまま生の楽器で再現するのではなく、それぞれのゲームタイトル選りすぐりの楽曲で構成された 4 楽章からなる壮大な交響曲で、アレンジメントにストーリー性を持たせることによりゲームを遊んでいた頃の「Memories」が鮮明に蘇る。今回の日本公演を記念して、昨年 20 周年を迎えた「Xenogears」とスクウェア・エニックスの新たな RPG として発売された「OCTOPATH TRAVELER」楽曲に新規アレンジメントを施し世界初公開で届けられる。
またOCTOPATH TRAVELER Violin Concertoのソリストと構成楽曲が一部確定した。バイオリニスト松田理奈を迎え、“OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ”、“踊子プリムロゼのテーマ”、“剣士オルベリクのテーマ” 、“フロストランド地方”、“ボスバトル2”からなるアレンジで演奏される予定だ。
バイオリン:松田 理奈
松田理奈
2001 年第 10 回日本モーツァルト音楽コンクール第1位。2002 年にはトッパンホールで「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004 年、第 73 回日本音楽コンクール第1位、2007 年にはサラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。 これまで国内の主要オーケストラに加え、ハンガリー国立フィル、ヤナーチェク・フィル、スーク室内オーケストラ、ベトナム響など数々の楽団や著名指揮者と共演。2006 年ビクターより『ドルチェ・リナ』、 2008 年に『カルメン』、2010 年には『ラヴェル・ライブ』をリリース。イザイの無伴奏 ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、「レコード芸術」特選盤に選出された。2018 年 5 月にはブラームス とフランクのソナタを収録した 5 枚目のアルバムをリリース。
ディレクター・エグゼグティブプロデューサー:トーマス・ベッカー
メレグノン・スタジオの設立者であり代表。2003 年、日本国外では初めてとなるゲーム音楽コンサートをプロデュースし、ドイツ、ライプチヒで行われた公演のチケットは完売。2008 年以降、WDR ラジオ管 弦楽団を起用し Symphonic Fantasies を含む 6 回のアニュアルコンサートをプロデュース。2013 年にはロンドン交響楽団にとって初めてのゲーム音楽演奏となる Final Symphony London 公演をプロデュースしている。Abbey Road Studios にてロンドン交響楽団と Final Symphony のアルバムをプロデュースした。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着