Ejji Smith / Train クラシカルなブ
ルース、サイケを現代的に再構築。温
故知新を地で行くトロント拠点のSSW
に注目を!

カナダ、トロントを拠点に活動するSSW、Ejji Smithが、10月3日(木)にニュー・シングル 『Train』(https://smarturl.it/EjjiSmithTrain) をリリースしました。彼はギターリストでありながら、サックス奏者、プロデューサー、コンポーザーという肩書も持つマルチ・アーティスト。まだあまり知名度は高くないようですが、サウンドを聴いたら虜になること間違いなしです。
全体的に80年代ソウルからの影響を感じさせる、ヴィンテージ質感がたまらない1曲。スローなリズムと、レイドバック気味のギター、メロウなピアノ、スウィートな彼の歌声で紡ぎ出すセンチメンタルなメロディはまさに絶品。そして極めつけは、なんといってもコーラスの合間に入るギター・ソロ。ブルージーで骨抜きにされてしまいそうなほどエロティックで最高です。

クラシカルなブルース、サイケデリック・ロック的要素と、Steve Lacyを想起させる近代的な、DTM的質感を残したホームメイドなソウル・ミュージック。その温故知新のスタイルと、高いオリジナリティは、今後Tom Mischのように世界的に脚光を浴びる日も遠くないのでは、と感じさせます。

また、今年8月にリリースされたシングル「Highway」のMVも合わせてチェックを。楽曲名通りハイウェイをクラシック・カーで走り抜けていくシンプルなMVですが、粒の粗いレトロな映像がとてもいい雰囲気を醸し出しています。ラストのソウルフルでヘヴィーなギター・ソロも必聴です。
【リリース情報】

Ejji Smith『Train』

Release Date:2019.10.03 (Thur.)
Tracklist:
1. Train

■Ejji Smith: Twitter(https://twitter.com/ejjismith) / Instagram(https://www.instagram.com/ejjismith/) / SoundCloud(https://soundcloud.com/ejjismith)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着