【インタビュー】台湾出身のTeresa、
日本CDデビュー「いろいろなTeresaを
見てほしいです」

台湾出身の歌手・女優であるTeresaが、10月23日にミニアルバムをリリースし日本でCDデビューする。すでに今作から先行して、一青窈「ハナミズキ」のカバー楽曲および、オリジナル楽曲「ホシゾラニ・キミヲオモフ」、そして一青窈が作詞を手掛け、RADIO FISHのヒット曲「PERFECT HUMAN」を手がけたJUVENILEが作編曲を担当した「ざくろ」を配信リリースしており、リスナーの心にスッと入り込む透明感溢れる歌声をここ日本にも届けた。だがTeresaの魅力は、その美声のみにあらず、中華圏では「SHISEIDO」のPR大使やドラマ主演を果たしている。中華圏SNS等では「10頭身Teresa」と称せられるほど抜群なスタイルの持ち主でもあり、音楽・芝居・ファッションモデル、と多彩な魅力に溢れたアーティストである。

今回BARKSは、そんな彼女に初インタビューを行うことができた。日本語・北京語・英語・台湾語・客家語と5言語を使うマルチリンガルでもある彼女は、まったく通訳を介さずに、流暢な日本語でキラキラ輝く笑顔を浮かべながら取材に応じてくれた。

  ◆  ◆  ◆

■ 初めて聴いた日本の曲は宇多田ヒカルさんの「First Love」

── “澄んだエンジェルボイス”が魅力のTeresaさん。小さいころから、歌うことが好きだったり、得意だったりしたのでしょうか。

Teresa:私が子どものころ、お母さんが音楽を流しながら掃除をしていたんですが、そのときによくJ-POPを聴いていました。宇多田ヒカルさんの「First Love」は、私が初めて聴いた日本の曲です。歌が上手だったお母さんの影響もあって、小さなころから私も歌手になりたい!と思っていました。

── その後、いろいろな音楽を聴くようにもなったのでしょうか?

Teresa:そうです。C-POP(中華圏のポップス)では、最近はHIP HOPが流行っていますが、J-POPと同じようにすごく多彩です。それに今は、ネットの時代ですよね。台湾ではいろいろな情報や文化、音楽を、他の国から受け容れているので、好きな音楽は人それぞれ。私は最近、携帯中毒です(笑)。

── (笑)アーティストとして刺激も受けますか?

Teresa:はい。日本語の曲も英語の曲も、色々な音楽をたくさん聴いています。

── 最近、好きな日本の曲はありますか?

Teresa:私はバンドサウンドが好きなので、最近のお気に入りはRADWIMPSです。台湾でこれから公開(※取材時点)される映画『天気の子』もすごく楽しみだし、いつか野田洋次郎さんと共演したいという夢も持っています。

── こちらとしても楽しみな夢です。Teresaさんは、今年2月には一青窈さんの「ハナミズキ」のカバー楽曲を配信リリースされましたが、先ほどのお話からすると「ハナミズキ」も元々ご存知だったのでしょうか?

Teresa:知っていました。「ハナミズキ」も、お母さんが聴いていたので。そんな曲を日本でリリースできることになったので、本当にうれしかったです。

── Teresaさんの声が生きる、新たな「ハナミズキ」になっているなと感じますが、歌う上では難しさもあったのでしょうか。

Teresa:日本語は私の母国語ではないですし、日本で生活しているわけではないですから、確かに日本語の歌詞の理解には時間がかかります。わからない言葉があったら、まず自分で携帯で調べて、それでもわからないときには日本語がわかるスタッフさんに聞いたりもして。あとイメージとしては、中国語の発音は声を響かせる位置が少し低くて首のあたりなんですが、日本語はその位置がおでこのあたりで高い、という違いもあるんです。

── その上で、感情を込めて歌うわけですから難しさもあると思いますが、Teresaさんの歌声には想いがこもっていて、とても胸に響きます。

Teresa:よかったー。“気持ち”は一番大事にしたところなので、とてもうれしいです!

◆インタビュー(2)へ
■ 不安やプレッシャーもあるけど、すごくワクワクしています

── 続いて8月に配信リリースされた「ホシゾラニ・キミヲオモフ」は、安室奈美恵さんの「HERO」など多くの名曲を生んできたサウンドプロデューサー・今井了介さんが手がけたナンバーで、日本語と中国語が織り交ぜられたTeresaさんならではの曲ですね。


▲先行配信「ホシゾラニ・キミヲオモフ」ジャケット

Teresa:日本語の部分と中国語の部分を別々にレコーディングしたんですけど、さっき言ったように声を響かせる場所が違うから、1曲の中に2つポジションがあるというのは、私にとってチャレンジでした。自分のなかでは、リズムと歌詞を大切にしました。

── だからでしょうね、日本語での歌唱も中国語での歌唱も、Teresaさんの歌声がとても耳に心地よいです。

Teresa:それはよかったです。うれしい! 日本語がわからない人、中国語がわからない人にも、ちゃんと気持ちが伝わるように歌いました。

── “君”への想い、“君”に会えないもどかしさも伝わってくる「ホシゾラニ・キミヲオモフ」の歌詞ですが、Teresaさんも共感しながら歌えたのでしょうか。

Teresa:誰でもそういう経験はあるだろうな、と思う歌詞だし……私自身の過去の経験を思い出しながら、想像もして。曲全体の雰囲気も好きなので、共感しながら歌えました。

── 中でも、好きなフレーズはありますか?

Teresa:“真夜中一人で座るソファーの広さに 心沈み込む I feel so lonely”です。真夜中の静かな時間に、私もよくひとりでソファーに座って、自分の心と会話するようにしているので。

── そういう時間、大事ですよね。そして10月23日にはミニアルバムで日本でのCDデビューを飾るTeresaさんですが、日本でも活動していくにあたって、どんな期待感を持っているのでしょうか。

Teresa:不安やプレッシャーもあるんですけど、日本のみなさんにも私の歌を聴いてもらえるようになるので、すごくワクワクしています。たくさん愛してもらえたらうれしいし、早く聴いてほしいですね。


▲Debut mini ALBUM『Hybrid』ジャケット

── ちなみに、Teresaさんはこれまでに何回くらい日本に来たことがあるんですか?

Teresa:回数は、数え切れないです。私、日本でのデビューが決まる前から、日本によく旅行に来ているんです。初めて来たのは…5年前くらい。そのときは東京に来ました。

── その後、何回も訪れてくれているのは、日本のどんなところを好きになってもらえたのでしょうか?

Teresa:私は日本のアニメが大好きなので……。

── 「ホシゾラニ・キミヲオモフ」のミュージックビデオは秋葉原で撮影されていましたけど、アニメ好きならテンションも高まったのではないですか?
Teresa:はい、秋葉原には仕事で行ったことがあったんですが、ミュージックビデオの撮影でとっても高まりました(笑)。それに日本は、食べ物がなんでも美味しいです。私が特に好きなのは、お寿司!台湾でも食べることができるけど、やっぱり日本で食べるお寿司は全然違って、新鮮で、いつも感激します。日本は本当に魅力的な国で、何度来ても楽しいです。

── よく行くのはどこですか?

Teresa:福岡です。福岡も食べ物が美味しくて、8月にもひとりで行きました。

── ひとり旅ですか!

Teresa:そうです。私はひとりの時間を大事にしたいから。よくひとりで旅行したり、カフェに行ったりします。

── Teresaさんはアクティヴなんですね。7月には、代々木公園で開催された<台湾フェスタ2019>で日本で初めてライブパフォーマンスをされましたが、いかがでしたか?

Teresa:緊張のあまりに、具合が悪くなりかけました(苦笑)。でも、ステージに立った時の達成感は忘れられません。泣きそうになるくらい感動しました。とてもいい経験です。でも、自分にはまだまだ足りないところがありますから、ライヴもできる歌手になるために、これからもっとキャリアを積んでいきたいと思います。
▲<台湾フェスタ2019>ライブ写真(photo by kaochi/suzuki)

──「ハナミズキ」「ホシゾラニ・キミヲオモフ」の2曲で、もっとTeresaさんの歌声を聴いてみたいという想いが強まっているだけに、デビューミニアルバムが本当に楽しみなのですが、どんな作品になりそうでしょうか。

Teresa:実は今回も1曲録音しに来たんですけど、その曲はHIP HOPみたいな感じです。ほかにも、R&B、ロック、ポップスなど、さまざまな曲調と表情が詰まった作品になると思います。歌手としても女優としても、やっぱり演技は大事です。歌を歌うときも曲によって違う顔で歌うのがとても楽しいし、いろいろなTeresaを見てほしいです。

◆インタビュー(3)へ
■ 人に甘えるのは苦手です…。

── 歌手、女優、モデルとしても活躍され、日本語・北京語・英語・台湾語・客家語と5言語を使いこなすマルチリンガルだというTeresaさん。今回のインタビューも通訳を入れずにお話してくださっていて、日本人でも合格が難しいとされている「日本語検定2級」を取得されたともお聞きしていますが、その行動力やパワーの源は?

Teresa:客家語(中国語の方言)はお芝居の撮影のために勉強しました。日本語や英語に関しては、私は旅行が好きなので、その土地の言葉を使えるようになりたいなと自然と思いました。日本語がわからないとき、日本のみなさんは本当にやさしく教えてくれるし、本当に感謝しているので、もっと頑張って練習しよう!と思うんです。


▲先行配信「ざくろ」ジャケット

── どんなに忙しくても、やるべきことややりたいことがたくさんあっても、Teresaさんは時間の使い方が上手なのでしょうね。

Teresa:どうでしょう。私は睡眠時間が長くて、いつもだいたい10時間くらい寝るんですね(笑)。朝起きてからは日本語のニュースを観たり新聞を読んだりして1時間くらい勉強して、午後はまた日本語の読み書きをして、そのあとはジムで1時間トレーニングをして、歌とダンスの練習を1時間半ずつくらいします。

── それぞれ短時間でも、ものすごく集中力があるはず。

Teresa:確かに、長すぎると集中できないと思います。

── いろいろなことにチャレンジするのは大変だと感じるときはないのですか?

Teresa:やっぱりつらいとき、ストレスが溜まることもありますけど、そういうときは気分転換をします。忙しくて大好きな旅行になかなか行けないときは、台北のホテルに泊まって旅行気分を味わったりとか……友だちがやっているカフェに行って、ラテアートを作ったりとか。

── Teresaさんが、ラテアートを作るんですか?

Teresa:はい。芸能界に入る前、私、カフェで働いていました。今、見せますね(と言って自分の携帯に保存してある画像を見せてくれると、巧みなラテアート画像がたくさん)。

── こんな素敵な技術とセンスまで持っているとは……驚き!

スタッフ:さっき話に出たジムにしても、ただのトレーニングではなく、懸垂バーを使った腹筋をしていますから。

── えっ! Teresaさん、逆にできないことってありますか!?

Teresa:いえいえ、できないことはたくさんあります(笑)。

スタッフ:一番できないのは、人に甘えることですね。

Teresa:確かに、人に甘えるのは苦手です…。

── 気を遣ってしまうのですか。

Teresa:そうなんです。どこまで人に甘えていいのか、どうコミュニケーションしていくべきなのか、今は勉強しているところです(苦笑)。

── あとはやっぱり、Teresaさんの美しさとスタイルの秘訣も気になります。ジムで身体を鍛えるほかに、なにか特別なことをしているのでしょうか。

Teresa:実は私は太りやすいので、炭水化物はなるべく摂らないで鶏の胸肉やササミを食べたりとか、食べ物には気を遣っていて。食べすぎたら、運動します。ボクシングは、全身運動なのでおすすめです。あと、お水をたくさん飲みます。甘いものは普段食べないですけど、疲れが溜まったときにはチョコレートを食べます。特に好きなのは抹茶味。そういう息抜きも、たまには大事だと思います。

── いろいろ参考にしたいと思います!さて、これから日本でも活動されていくTeresaさん、今後の夢や目標を教えてください。

Teresa:歌手としては、生バンドを引き連れてライヴツアーをしたいです。そして、機会があれば女優としても日本で仕事をさせていただきたいですね。歌手としてはもちろん、女優としても、Teresaのいろいろな顔を日本のみなさんにも知ってもらえるように頑張ります!

取材・文◎杉江優花

  ◆  ◆  ◆

■Debut mini ALBUM『Hybrid』

2019年10月23日(水)発売
価格:2,000円+TAX

収録楽曲
1. ホシゾラニ・キミヲオモフ
2. Calling
3. Bitter Sweet Session
4. ざくろ(テレビ大阪 ドラマ『抱かれたい12人の女たち』エンディングテーマ)
5. Promising myself
6. Sympathy
7. ハナミズキ

特典情報
Teresa『Hybrid』店頭購入者特典
「オリジナルポストカード」
※対象店舗など詳細は日本コロムビアHPにてご確認ください。
※特典は先着となり、無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
※特典の有無など詳細は、各店舗へ直接お問い合わせください。

■先行配信第1弾楽曲 「ホシゾラニ・キミヲオモフ」

配信・ストリーミング https://nippon-columbia.lnk.to/5PKeF
「ホシゾラニ・キミヲオモフ Japanese ver.」 (株式会社ベルコ「ホテルロイヤルクラシック大阪難波」CMソング)https://nippon-columbia.lnk.to/1OFD4
SHORT MUSIC VIDEO https://www.youtube.com/watch?v=e_VUTzweTME

■先行配信第2弾楽曲 「ざくろ」

配信・ストリーミング https://nippon-columbia.lnk.to/J9nj9
MUSIC VIDEO https://www.youtube.com/watch?v=vB6xdXrzZsM

■Teresa Official Interview Movie

https://www.youtube.com/watch?v=s92n1KWKD-I

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着