AKB48チーム8高橋彩香、カフェイベン
ト『さやりんベーカリーvol.2』「今
日の一番の調味料は愛情です! 」

2019年10月15日(火)、AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARAで、チーム8高橋彩香(長野県代表)のソロイベントが開催された。

イベントタイトルは「さやりんベーカリーvol.2」。その名の通り、高橋彩香がAKB48カフェでファンのお客様にパンと手料理を振る舞った。

高橋は登場すると「今回2回目です。前回はクリームパンを作りましたが、今回はキーマカレーとナンを作りたいと思います!」と伝えると会場のファンからも大きな拍手が起きた。

「ナンはこねるところから作ると2時間くらいかかってしまうので、最初に作っておきました。これからナンを焼きます。キーマカレーを作っていきますので、お楽しみに!」と語ると、会場からも「はーーい!」の大きな返事。
「今回2回目です。前回はクリームパンを作りましたが、今回はキーマカレーとナンを作りたいと思います!」

「今回2回目です。前回はクリームパンを作りましたが、今回はキーマカレーとナンを作りたいと思います!」

「お楽しみに!」と語る高橋彩香

「お楽しみに!」と語る高橋彩香

「緊張して手が震えて来た!」

高橋はキーマカレーを作りながら、会場のファンとトーク。「玉ねぎとニンジンのみじん切りをしますが、私はみじん切りの経験が少ないので、めっちゃ下手でも許してください!(笑)」と言うと、会場からも「大丈夫だよ!」の声援。

「私は、パン作りに全力を捧げていますので、料理は・・・・麻璃亜ちゃん(チーム8群馬県代表の清水麻璃亜:調理師免許保有で料理の腕前は48グループでも有数)みたいにはできませんので。大目に見てくださいね(笑)」と語った。

「私、このイベントのためにYouTube見て、みじん切りの勉強したんですよ。ただ見たけど、できないね(笑)やだ!緊張して手が震えて来た!」と笑顔で語ると会場も大爆笑。
みじん切りに奮闘する高橋彩香

みじん切りに奮闘する高橋彩香

みじん切りに奮闘する高橋彩香

みじん切りに奮闘する高橋彩香

「家でキーマカレーの練習をしました」

「あ!SHOWROOM開始するの、忘れてた!」と思い出して、SHOWROOMでの配信を開始。「SHOWROOMのことを忘れてました!ごめんなさい!」とSHOWROOM前のファンに語ると、会場のファンから「何、作るの?」と優しくツッコミが入ると、高橋はSHOWROOMで視聴しているファンのためにイベントの主旨を解説。

高橋は「私、包丁で手を切ったことがないんですよ。家でみじん切りする時は、機械で作っちゃいますからね。人生で3回目くらいです。でも家にいる時は、料理はちゃんと作っていますよ。このくらいでいいかな?」とみじん切りにした玉ねぎを見せると、会場からも「よくできました!」の声援と拍手が起きた。

「このイベントのために、家でキーマカレーの練習をしたんです。その時にはちゃんとニンジンのみじん切りはできましたよ!」と語ると、会場のファンから「さすが!」の声援が起きた。

玉ねぎとニンジンのみじん切りが終わると、会場から再び大きな拍手が起きた。
SHOWROOMのファンに挨拶する高橋彩香

SHOWROOMのファンに挨拶する高橋彩香

SHOWROOMのファンにもキーマカレー作りの解説をする高橋彩香

SHOWROOMのファンにもキーマカレー作りの解説をする高橋彩香

キーマカレー作りに奮闘する高橋彩香

キーマカレー作りに奮闘する高橋彩香

「料理は気合ですね!」

大きなフライパンと鍋にびっくりする高橋。

「40人分って多いね!家族の4人分しか作ったことないからね。10倍か・・こんな給食みたいな鍋で作ったことないですよ(笑)」と驚きの表情を見せながらもキーマカレー作りに奮闘。

「麻璃亜ちゃんは毎回、こんな料理を作っていたんだ!凄いな!次からはパンの付け合わせで料理を作る時には、麻璃亜ちゃんを呼びます!」と語っていた。40人分のキーマカレーの量に「料理は気合ですね!」とも笑顔でコメント。

「今日のメインはナンだから、皆さんは"ナンが美味しかった!"とSNSに投稿してください!でも、ここで作っているのはキーマカレーですよね(笑)」と呼びかけると、会場からも大きな笑い声が起きた。


「順調にできたら面白くないですからね!私らしいですね(笑)」と語り、ファンからの「甘口ですか?辛口ですか?」の質問に「中辛です!我が家のカレーが中辛なので!」と回答。「前回のクリームパンよりも良いですね!」とも振り返っていた。
キーマカレー作りに奮闘する高橋彩香

キーマカレー作りに奮闘する高橋彩香

「いただきます!」の掛け声をする高橋彩香

「いただきます!」の掛け声をする高橋彩香

「いただきます!」の掛け声をする高橋彩香

「いただきます!」の掛け声をする高橋彩香

「カフェメニューになります!」

キーマカレーが完成すると、会場からも大きな拍手が起きた。高橋が作ったキーマカレーと、焼き立てのナンは会場のファン40人全員に高橋から直接手渡しで配られた。「今日は給食スタイル!みんな取りに来て!」と高橋が呼びかけると、ファンが一列に並んでキーマカレーとナンを貰っていた。

高橋から「取りに来る人は、大きな声で"美味しそう!"とか言ってくださいね!」と呼びかけると、多くのファンがそれに応えて「おいしそう!」とSHOWROOMのファンにも聞こえるように大きな声で叫ぶと、高橋も笑顔で「嬉しい!!」と答えていた。一人一人のファンに丁寧にキーマカレーとナンを配布していた。「小学校、中学校で給食当番頑張って来たから、手際いい!」とカレー配布に自画自賛するシーンも見られた。

「今日のカレーの一番の調味料は愛情です!」と高橋がさらりと言うと、会場からも「おぉ!!!」という声援と大きな拍手が起きた。

高橋の「いただきます!」で高橋とファンがいっせいにカレーを食べ始めた。「美味しい!」と多くのファンが大きな声で高橋のカレーを評価していた。高橋から「本日作ったキーマカレーとナンはカフェメニューになります!」と報告。「今日、カフェイベントに来られなかった皆さんもカフェに来て、食べてください!」とSHOWROOMのファンに呼びかけていた。会場から「おかわり!」の声が上がると、高橋は「ない!カフェのメニューになったら、おかわりできるから!何日越しのおかわりだろうね(笑)」と答えていた。
自身が作ったナンを食べながらファンと談笑する高橋彩香

自身が作ったナンを食べながらファンと談笑する高橋彩香

自身が作ったキーマカレーを食べながらファンと談笑する高橋彩香

自身が作ったキーマカレーを食べながらファンと談笑する高橋彩香

「ナンが個人的に好きなので!みんなに
も食べてもらいたくてナンにしました」

続けて、高橋は会場のファンからの質問に回答。「パン作りで気をつけていることはありますか?」という質問に、高橋は「めっちゃ、手を綺麗に洗うことです。今日も何回も洗いました」と回答。「あとはレシピを忠実に守ることです。粉や水の量をちょっとでも間違えると失敗するので・・」と語ると、会場のファンから「でも、キーマカレーは目分量!」との突っ込み。高橋は笑顔で「そう!キーマカレーは大丈夫!だって、みんなが何でもおいしいって言ってくれるから。実際に美味しかったでしょ!?でも、パンは間違えると膨らまなかったりしますのでね!」と返していた。

「パン以外に、そば作りとははどうですか?」との質問に、高橋は「おじいちゃんがそば打ち職人なので、小さいころは作っていましたが、もう10年くらいやっていませんね。また機会があれば。考えておきます。今日、観て頂いた通り、料理はね・・(笑)」と回答。

「次のイベントは麻璃亜ちゃんとの料理イベントを実現させましょう」という質問に、高橋は「誘えば、来てくれると思います」と語ると会場からも拍手。

「麻璃亜ちゃんとのイベントでは、何を作りますか?」という似た質問に、高橋は「食事に合うパンは、フランスパンなどですよね。シンプルなパンほど難しいので、パン作りの腕を磨いておきたいと思います!」と回答。

「今回、このパンを決めた理由は?」という質問に、高橋は「ナンが個人的に好きなので!みんなにも食べてもらいたくてナンにしました」と回答。
質問に回答する高橋彩香

質問に回答する高橋彩香

質問に回答する高橋彩香

質問に回答する高橋彩香

「秋なのでかぼちゃのパイを作りたいで
すね」

「パン作り以外で、これからチャレンジしたいことは?」の質問に、高橋は「これは難しい質問ですね。YouTube見ることしかすることがなかったんで、パン作りができるようになって、ようやく特技ができました。次にチャレンジしたいことは思い浮かばないな・・・この前、思ったのはけん玉をやってみたいなと思いました。全くできないんですが(笑)」と語っていた。

「作ってみたいパンはありますか?」の質問には「チョココロネを作りたいです。あとはパンではないですが、秋なのでかぼちゃのパイを作りたいですね」と回答。

「いつ頃からパン作りするようになったの?」という質問に、「去年の冬休みに暇だったので、YouTubeを見て、パンって簡単に作れるんだと思って、それからはほぼ毎日パンを焼いていますね」と語っていた。

「他に質問がある人は755で質問してください!」とも呼びかけていた。
質問に回答する高橋彩香

質問に回答する高橋彩香

「最後までさやりんらしいね(笑)」

最後に高橋は「カフェイベント、3回目があったら是非また応募してください!」と呼びかけていた。「カレー作りで体力持っていかれました。綺麗に完食して頂いて、今日はありがとうございました!」と感謝。

「ごちそうさまをして終わりにしましょう!」と語り、ファンと一緒に「ごちそうさまでした!」でファンにお別れ。

これで終わりかと思いきや、ファンとの写真撮影をしていなかったことを思い出して、慌てて戻って来た高橋。会場のファンも笑いながら迎えて、ファンと一緒に写真撮影を実施。

高橋は写真撮影を終えると「本当にごめんね!今日はめちゃめちゃ綺麗に終わったと思ったのに・・・やっぱりぐだリましたね(笑)。。最後まで、さやりんらしいね(笑)皆さん、ありがとうございました!」と、これで本当にファンとお別れをした。
「ごちそうさまでした!」の挨拶をする高橋彩香

「ごちそうさまでした!」の挨拶をする高橋彩香

ファンにお別れの挨拶をして手を振る高橋彩香

ファンにお別れの挨拶をして手を振る高橋彩香

アーティスト

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着