令和を生きるアイドルたちが、昭和の
大傑作に捨て身の挑戦!!『仁義なき
戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』
AKB48グループ集結・ビジュアル公開

11月の博多座にAKB48グループ総集結―
―抗え、生き残れ、女たち!

2019年11月9日より博多座で上演される「AKB48グループ特別公演」。第一部のお芝居『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』に出演のメンバーたちが、それぞれの役衣裳に身を包んだメインビジュアルが公開された。

同作は、飯干晃一著「仁義なき戦い」(角川文庫刊)を原案に、東映の実録路線映画の金字塔、「仁義なき戦い」(1973 年公開 監督:深作欣二/脚本:笠原和夫)を舞台化するもの。日本映画史に燦然と輝く昭和の大傑作とも言える作品に、令和の時代を生きる AKB48 グループのアイドルたちが体当たりで挑む。

主役の広能昌三(ひろのうしょうぞう)役を W キャストでつとめるのは横山由依(AKB48)と、岡田奈々(AKB48/STU48)。クールな表情で日本刀を握り、サラシ姿を披露した横山は「男役をやらせていただくのは初めてなので、普段の自分とは違う髪型や衣裳に気持ちが高ぶりました!舞台はまさに、“自分自身”との“仁義なき戦い”の場。

一人一人がお芝居や自分自身としっかり戦って、『仁義なき戦い』の世界を皆さんにお届けしたい」と気合い十分。鋭い眼光で銃を握り、スーツ姿で次々にポーズを決めた岡田奈々(AKB48/STU48)は、「演じることや舞台が好きなので、今作への出演が決まった時は素直に嬉しかったです!こういった格好をさせていただくのも初めてで、当然ながら銃をもったのも初めて(笑)。まだ不安な部分もありますが、稽古を重ねながら成長していき、たくさんの方に観ていただきたいです」と語った。

また、地元・博多座での開催となる田中美久(HKT48)はモミアゲが印象的な槙原政吉役。「私たちアイドルが『仁義なき戦い』に挑戦させていただけるというのは、最初は驚いたけれど、とても光栄なこと。HKT48 にとっては地元の博多座なので、良い姿を見てもらえるように精一杯頑張ります!」と笑顔を見せた。

白間美瑠(NMB48)が坂井鉄也役(W キャスト)、本間日陽(NGT48)が矢野修司役(W キャスト)、瀧野由美子(STU48)が若杉寛役(W キャスト)でメインビジュアルに登場している。今年12月には、AKB48専用劇場のオープンから14周年の節目を迎えるAKB48グループ。記念すべき 15 年目突入を前に、体当たりの挑戦が始まる!

第二部も異色のショータイム!!『あん
みつ姫プロデュース レヴュー48』!

また今公演の第二部では、福岡で 35 年の歴史を持つエンターテインメント集団「劇団 あんみつ姫」が AKB48 グループのショーをプロデュースする、『あんみつ姫プロデュース レヴュー48』が上演。

福岡市天神「親不孝通り」に専用劇場を持ち、ショー・ダンス・コントを織り交ぜながら性別の枠を超えるエンターテインメントで人々を魅了し続けてきた「劇団 あんみつ姫」は、AKB48創設時にスタッフが何度も通い、AKB48 劇場の誕生のきっかけになったことでも知られている。原点回帰であり前代未聞のコラボレーションにも注目が集まっている。

キャストコメント

横山由依(AKB48)

男役をやらせていただくのは初めてなので、普段の自分とは違う髪型や衣裳に気持ちが高ぶりました!個人的には今年の 5 月にも『武田鉄矢・コロッケ 特別公演』で博多座に出させていただいたので、1年の中で2回も博多座の舞台に立てる事が嬉しいですし、AKB48 グループのメンバーと一緒に舞台を作りあげるという事が楽しみな気持ちでいっぱいです。

舞台はまさに“自分自身”との“仁義なき戦い”の場だと思うので、未熟な私たちですが、一人一人がお芝居や自分自身としっかり戦って、『仁義なき戦い』の世界、そして 48 グループのパワーを皆さんにお届けしたいです。
横山由依(AKB48)

横山由依(AKB48)

岡田奈々(AKB48/STU48)

演じることや舞台が好きなので、今作への出演が決まった時は素直に嬉しかったです!こういった格好をさせていただくのも初めてで、当然ながら銃をもったのも初めて(笑)リアルで驚きました。まだ不安な部分もありますが、稽古を重ねながら成長していき、たくさんの方に観ていただきたいです。48グループはひとりひとりのパワーがすごく強いと思うので、今回はそれをひとつにして、今までにない大作にしていきたいと思います!
岡田奈々(AKB48/STU48)

岡田奈々(AKB48/STU48)

白間美瑠(NMB48)

出演が決定したときは正直驚きもありましたが、舞台で本格的な演技に挑戦するのは初めてなので、すごく楽しみな気持ちでいっぱいです!

撮影では重いコートをきて、サングラスもつけてみたり…いつもとは全く違う自分に出会っているような新鮮な気持ちでした。『仁義なき戦い』というタイトルの通り、この舞台も“戦い”。誰よりも注目してもらえるように、精一杯頑張って、強い私、新しい私を見せていけたらなと思います。
白間美瑠(NMB48)

白間美瑠(NMB48)

斉藤真木子(SKE48)

『仁義なき戦い』は父が観ていた作品なので知ってはいたのですが、まさか自分が演じることになるとは!すぐ父に報告したらとても喜んでくれました(笑)

博多座という名誉ある舞台に立たせていただけることに、今までにない緊張感を感じていますが、並大抵のレベルでは納得してもらえないと思うので、決死の覚悟で挑みたいと思います。

この作品が 48 グループの歴史に大きく刻まれるものになるように、正々堂々、本気の戦いをお見せできるよう頑張って取り組んでいきます!

田中美久(HKT48)

私たちアイドルが『仁義なき戦い』に挑戦させていただけるというのは、とても光栄なことだと思います。舞台での演技は初めてで、不安だったのですが、撮影では初めて男装をし、もみあげもつけてもらい、役になりきることができました。

もみあげもしっくりきている気がします(笑)。HKT48 にとっては、地元である博多座での公演なので、皆様に良い姿を見てもらえるように精一杯頑張ります!
田中美久(HKT48)

田中美久(HKT48)

本間日陽(NGT48)

博多座という歴史ある舞台で、名作『仁義なき戦い』に挑戦させていただけることにワクワクしています。

演技に挑戦してみたいと思っていたこともあり、またとない機会をいただけてとても嬉しいです。

今回の公演は、国内の 48 グループメンバーが集まって作り上げる公演なので、新しいものがお届けできると思います。自分としても新鮮なスーツ姿に身を包んで、博多座でお待ちしています!
本間日陽(NGT48)

本間日陽(NGT48)

瀧野由美子(STU48)

こういった衣裳を着させていただくのも初めてで、衣裳に負けないように!という気持ちで撮影に臨みました。

『仁義なき戦い』といえば、あのテーマソングと共に誰もが知っている大作…そんな作品に出演させていただくことが、とても嬉しいです。

そして役名をいただき、舞台で演技をするのは今回が初めてなのでとても緊張していますが、一生懸命頑張りたいと思います!
瀧野由美子(STU48)

瀧野由美子(STU48)

公演情報

【第一部】仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~
脚本:上條大輔/演出:奥秀太郎
原案:飯干晃一「仁義なき戦い」(角川文庫刊)
原作:1973年「仁義なき戦い」(東映) 監督:深作欣二/脚本:笠原和夫

【第二部】あんみつ姫プロデュース レヴュー48
公演日程:2019年11月9日(土)~24日(日)
※11月9日(土)~14日(木)【キャスト A】/11月16日(土)~24日(日)【キャスト B】

出演:<AKB48> 岡田奈々(AKB48/STU48)/小栗有以/込山榛香/谷口めぐ/福岡聖菜/向井地美音/武藤十夢/横山由依

SKE48>斉藤真木子/須田亜香里/高柳明音/谷 真理佳/古畑奈和

<NMB48>東 由樹/加藤夕夏/川上千尋/白間美瑠/村瀬紗英/山本彩加/吉田朱里

<HKT48>秋吉優花/上野 遥/熊沢世莉奈/栗原紗英/神志那結衣/堺 萌香/坂口理子/武田智加/田島芽瑠/田中美久/豊永阿紀/松岡菜摘/松岡はな/水上凜巳花/村重杏奈/山下エミリー

<NGT48>荻野由佳/清司麗菜/中村歩加/西潟茉莉奈/西村菜那子/本間日陽

<STU48>石田千穂/今村美月/岩田陽菜/沖 侑果/瀧野由美子

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着