「通り恋」MV

「通り恋」MV

indigo la End、
新アルバムより「通り恋」MV公開。
初のLINE LIVEも決定

indigo la Endが、メジャー5枚目となるフルアルバム『濡れゆく私小説』より「通り恋」の先行配信を開始し、MVを公開した。

この楽曲は、indigo la Endの真骨頂とも言える、切なさに溢れるバラード曲。ドラムの佐藤栄太郎、ベースの後鳥亮介がスローテンポなリズムを支え、そこに優しく寄り添うように長田カーティスのギターの音色が重なり、川谷絵音の歌声が歌詞と共に切なさを醸成させる。誰もが過去の恋に想いを馳せ、胸が苦しくなるような、そんな感情に自然となってしまう珠玉の楽曲だ。

また、先行配信開始に伴い公開されたミュージックビデオは、川谷が感情の赴くままに、ワンカットにて歌唱を行なった映像となっている。映像の構成はシンプルでありながら、川谷が言葉を紡ぐ様子に目を惹かれ、気づいた頃には「通り恋」の世界観に浸ってしまうMVに。

さらに、アルバムのリリースを記念して、indigo la End初となるLINE LIVE特別番組『私小説は奇なり』の配信も決定。こちらはアルバム発売日である10月9日(水)の20:00より配信が行なわれる。

番組内ではメンバー全員でアルバムについて語るだけではなく、視聴者からの質問にも答えるコーナーが用意されているとのこと。アルバムとあわせて、ぜひこちらの番組もチェックしてほしい。

「通り恋」MV

『『濡れゆく私小説』リリース記念
LINE LIVE「私小説は奇なり」』

10月9日(水)20:00〜
■視聴予約リンク
https://live.line.me/channels/56910/upcoming/12211736
アルバム『濡れゆく私小説』2019年10月9日発売
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • WPZL-31658/¥4,000+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. 花傘
    • 2. 心の実
    • 3. はにかんでしまった夏
    • 4. 小粋なバイバイ
    • 5. 通り恋
    • 6. ほころびごっこ
    • 7. ラッパーの涙
    • 8. 砂に紛れて
    • 9. 秋雨の降り方がいじらしい
    • 10. Midnight indigo love story
    • 11. 結び様
    • ■DVD(初回限定盤のみ)
    • 全国ワンマンツアー『街路樹にて』東京追加単独公演『abuku』
    • at 日比谷野外大音楽堂
    • 1. 夜明けの街でサヨナラを
    • 2. ハートの大きさ
    • 3. はにかんでしまった夏
    • 4. 彼女の相談
    • 5. 花をひとつかみ
    • 6. 見せかけのラブソング
    • 7. スウェル
    • 8. 名もなきハッピーエンド
    • 9. 想いきり
    • 10. 幸せな街路樹.
    • 11. 心ふたつ
    • 12. 夏夜のマジック
    • 13. 幸せが溢れたら
    • 【通常盤】(CD)
    • WPCL-13103/¥3,000+税
「通り恋」MV
アルバム『濡れゆく私小説』【初回限定盤】
アルバム『濡れゆく私小説』【通常盤】
indigo la End

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着