【速レポ】<中津川ソーラー>ものん
くるへの盛大なるスタンディングオベ
ーション

雨予報を見事に覆し、晴天の広がる<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>2日目。太陽のひと、佐藤タイジの神通力たるや恐るべし。そんな絶好のコンディションのなか、REALIZE STAGEにものんくるが初出演! 天候に合わせるように「SUNNYSIDE」からライブをスタートさせると、底抜けに明るいコードへ乗せて、心地よいメロディのシャワーを浴びせる。
メンバーの吉田沙良(Vo)、角田隆太(B)に加え、小川翔(G)、宮川純(Key)、伊吹文裕(Dr)、Kuro(Cho)というハイブリッドな編成。アレンジが洗練されているし、ボーカルエフェクトも多用するけれど、彼女たちがオシャレなジャズポップスにとどまらないのは、やはり吉田の歌によるところが大きい。胆力があるのだ。だからズドンと胸に響く瞬間もあり、どんどん気分をアゲさせられる。
RELOADING CITY」へ移ると、打ち込みのリズムに合わせてハンドクラップが湧く。続いてポルノグラフィティ「アポロ」のカバーへ。作曲者本間昭光をして「リハモもリズム再構築もめっちゃクールで俺には絶対出来ない世界観」とツイートした、現代R&B風アンサンブルが素晴らしい。が、何よりも歌のタイム感、後ろへモタれるようなぶっといグルーヴが新鮮だ。
「めっちゃ気持ちよく晴れましたね!朝一で(佐藤)タイジさんを見たんですけど、この人の力だなと思ったよ。真っ赤な太陽みたいな人だよね。じゃあどんどん行くよ!」という吉田のMCを経て、「空想飛行」をドロップ。ブレイクビーツ的リズムとゴスペルライクなキーボードがなんとも楽しい。曲が終わると再び吉田が語り出す。「昨日、いろんなアーティストを観たんですけど…人間がすごい好きになったっていうか。太陽ってめっちゃ遠いじゃん? その力を借りて、人間は何をしてるかっていうと、音楽をしてるんですよ。山奥に集まってさ、歌って踊って楽しんでるわけ。なんて、なんていい生き物なんだと、このフェスに来て思いました。こんなフェスが当たり前になっていくといいな」。
そしてその結果、セットリストを変更して急遽演りたくなったという「こんなに幸運な日をあと何度迎えられるだろう」へ。ギターを手に取る角田隆太の、フィンガーピッキングによるあたたかなアルペジオとともに、このフェスへ、目の前の観客へ、そしてこの素晴らしい1日へやさしい祈りを贈った。
シメは「朝だし声を出して、一緒に歌ってくれますか?」と「ここにしかないって言って ~ HOT CV」。コール&レスポンスも演奏陣のソロ回しも全部盛りの超熱演。数あるアクトにおいて、本当にオーディエンスとつながって、身にも心にもその音楽を響かせるということは一筋縄ではいかない。まして新参ならなおさらだ。しかしライブが終わった瞬間、会場に鳴り響いたのは、盛大なるスタンディングオベーションだった。
取材・文◎秋摩竜太郎
撮影◎高橋良平

【ものんくる セットリスト】

1.SUNNYSIDE
2.RELOADING CITY
3.アポロ
4.空想飛行
5.こんなに幸運な日をあと何度迎えられるだろう
6.ここにしかないって言って ~ HOT CV


■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ

■関連リンク

◆BARKS内<中津川ソーラー 2019>速報特設ページ
◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルサイト
◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルTwitter
◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルFacebook
◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルYouTubeチャンネル
◆ものんくる オフィシャルサイト
◆佐藤タイジプロジェクト オフィシャルFacebook
◆佐藤タイジプロジェクト オフィシャルTwitter
■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>

9月28日(土) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ
9月29日(日) 岐阜県 中津川公園内特設ステージ

■関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着