輪廻転生を描き出したユーモア溢れるドレスコーズ「人間ビデオ」

輪廻転生を描き出したユーモア溢れるドレスコーズ「人間ビデオ」

輪廻転生を描き出したユーモア溢れる
ドレスコーズ「人間ビデオ」

TOP画像引用元 (Amazon)
▲ドレスコーズ「人間ビデオ」-検閲済版-
戦いと登場人物の心情
サイレンが鳴り響くイントロとけたたましい擬態語の並びから始まる歌詞が戦いの始まりを示すかのようなインパクトがある。
現世で命の尽きた者たちがGANTZの世界に集い、見たこともない敵に翻弄されながらも戦っていくことが表現されている。
人間ビデオ 歌詞 「ドレスコーズ」
https://utaten.com/lyric/sa16080313
映画の内容に従順に沿った曲の冒頭の裏には、現世で生きている人の生きることに対する疑問と人との関わりへの悩みが描かれているのだ。
人は生きていく中で自分以外の人との関わり合いは避けられない。
自分も含め、目に見える人の姿は表面的なものであって、人には他人も知らない・知られたくない裏の姿も存在する。
こういった根本的な人間の性質もあり、自分と自分が本当に信頼のおける人以外、心からは信じられないといった心情が読み取れるのだ。
このことは登場人物の心情ともシンクロしていて、一緒に戦う仲間と言えども最初は赤の他人。
お互い疑心暗鬼から始まるが、共に険しい戦いを乗り越えていく中で、信頼や絆が芽生え徐々に心を許していくようになる。

▲画像引用元 (Amazon)
何度も自分として生まれ変わる再生の物語
映画の中では、登場人物が現世とGANTZの世界を何度も行き来する様が描かれている。
GANTZの世界で死を迎えると現世に戻ることもできず、本当に命は終わる。
人間ビデオ 歌詞 「ドレスコーズ」
https://utaten.com/lyric/sa16080313
生まれ変わったら今の自分にはなりたくない思いと、今の自分として生き抜く覚悟がこの歌詞に交錯して表現されている。
幸せな結末を望んでも、誰しもがそんな終わりを迎えられるかといったらそうではない。
もし今の人生の終わりが自分が望んでいるものであれば、生まれ変わった人生がどんなものであろうと最期は前の人生の結末と同じであるようにと願わずにはいられないのだ。
「人間ビデオ」が示すものとは
朝起きて、学校や仕事に行き、帰って夜眠りにつく。
そんな代わり映えのしない毎日を退屈に感じる人も少なくないだろう。でも本当は、普通の毎日や平凡であることこそが一番幸せなことなのだ。
人生はビデオのように「ここまで巻き戻してやり直したい」「楽しかったらこの時でストップしたい」「つらい事は早送りして早く終わらせたい」など自分の意思で都合よくはできない。
映画のようにGANTZの世界に行って戦いを潜り抜けていくことは刺激的ではあるが、安穏な日々を送ることは不可能だ。刺激を求めることは、多少なりともリスクもある。
「人間ビデオ」には、巻き戻しがきかないたった一度きりの人生だから、退屈に感じる毎日でも今を大切に生きていってほしいというメッセージが隠れている。

TEXT 蓮実 あこ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着