奥田民生、周防正行監督×成田凌主演
の映画『カツベン!』エンディング曲
を担当 大正時代の流行歌「東京節」
をアレンジ

12月13日公開の映画『カツベン!』のエンディング曲を奥田民生が担当することがわかった。
『カツベン!』は、『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』などで知られる周防正行監督の最新作。映画が「活動写真」と呼ばれていた大正時代を舞台に、サイレントでモノクロの作品たちに、楽士の奏でる音楽とともに言葉をのせる“カツベン”こと活動弁士の物語を描く。主演の成田凌が活動弁士になることを夢見る青年・染谷俊太郎を演じるほか、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、竹中直人、渡辺えり、小日向文世らが出演している。
今回、エンディング曲を担当する奥田は、大正7年に発表され、「ジョージア行進曲」のメロディに歌詞をつけた流行歌「東京節」をアレンジ。脚本の片島章三氏が『カツベン!』用に書きかえた「カツベン節」の歌詞には、日本映画黎明期のスター・尾上松乃助や、『怪盗ジゴマ』、『椿姫』、『雄呂血』、『不如婦』といった歴代の名作が登場。さらに、活動弁士・駒田好洋が口癖のように言っていた「頗る非常」という説明や、生駒雷遊の「ああ、春や春、春南方のローマンス」でも知られる名調子もちりばめられている。
奥田と周防監督のコメントは以下のとおり。
奥田民生
「カツベン!」を観て、作品から昔の人の体力と気力のすごさを感じました。「東京節」というものが子供の頃よりさらに前の流行り歌みたいなことは、ほのかに覚えています。当時というのは今より自由な気がします。
子供の頃、大人たちが歌っていた感じというか、ムードを思い出してやりました。自分が昭和の生まれなので、この歌がもっていた心は分かると思います。
周防正行(監督)
「東京節」という、大正時代の流行歌がもつ楽しい雰囲気と時代感を活かして、この映画の音楽を作れないか。いつも僕の映画の音楽を担当していくれている音楽監督の周防義和さんのアイディアからエンディング曲はスタートしました。それならあの東京節を、この映画にふさわしい詩にしようということで、今度は脚本家の片島さんに作詞をお願いして見事「カツベン節」が完成したんです。
もととなった東京節がもつ時代感を現代にも通じる味わいに変える、そういう歌手は誰かを考えたときに僕の好きな奥田民生さんが頭に浮かびました。奥田さんとお仕事するのは初めてでしたが、楽曲の狙い、映画の狙いを見事に表現してくれて、この楽曲が持つ楽しさを活かし味わい深いものにしてくれました。現代に蘇る不思議な味わいを持つ歌となった「カツベン節」のおかげで、映画のクライマックスシーンをイメージすることができました。
『カツベン!』は2019年12月13日(金)から全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着